https://www.sirolog.com

日記

【電通ワニ】100日後に死ぬワニがゲスの極み案件で大炎上!

投稿日:

炎上騒ぎまでが折込済みなのか?

100日後に死ぬワニが、先日無事フィナーレを迎え、

それぞれがラストの考察をして盛り上がりを見せる中、

飛び込んできた書籍化・映画化・PVなどで一転大炎上。

 

電通が絡んでいる事もそうだが、ステマであったことや、

すぐさま各種メディア展開・追悼ショップなど、

ワニが完全に金のためのコンテンツと化して、感動も余韻も何もないという地獄と化したわけです。

 

自分も特に話題にはしなかったものの、毎日読んでた人間なので、

少なからず衝撃は受けましたが・・・まぁ全てにおいて納得は出来るかなと。

 

目の前に札束積まれりゃ断る理由はないでしょ?

きくちゆうき先生が、めちゃくちゃ金に余裕がある売れっ子なのかどうかは、

正直存じ上げないわけですけど、今の世の中、漫画や絵描きで食っていける人なんて

ホント稀だと思います。

 

世の中めちゃくちゃ溢れてますからね。

そんな中、大きな金が動くビジネスを持ちかけられたら、

そりゃ二つ返事でOKするのが普通だと思うんだよね。

 

世の中、プライドとか趣味で飯が食えるほど甘くはないんですよね。

だからきくち先生が金に走ったのは、まぁ理解出来る気がする。

ただ、もう少し平和にステップを刻めなかったのかな?とは思うけどね。

 

まぁ・・・諸々の展開の公開のタイミングについては、

きくち先生の意向ではなく、電通側が押し通した気がするけどね。

 

だって、こんな畳み掛けるような展開、アホでも炎上するって判りますよね?

きくち先生って亡くなられた友人がキッカケで今回の100日後に死ぬワニを書いたんじゃないの?

だとすれば、その大切な人を失ったときの喪失感とか、誰よりも理解できると思うんだがなぁ。

 

もしかして、その悲しみを少しでも和らげるつもりで、このような展開にGOを出したのかなぁ?

 

ワニ君は安らかに旅立ってない気がしてならない

個人的に思うことだけど、ワニくんは安らかに旅立ってはいないと思う。

こんな笑顔で天使みたいになれるわけねぇだろって思うんだがなー。

 

まぁ・・・ワニ君はヒヨコのために命をかけられるほどの聖人・・・

もとい聖ワニだからわからんけどさ。

 

だって考えてみてよ。

ずっと思い続けてきた女性と、ようやく付き合うことになって、

まさに幸せの絶頂期じゃん?

 

そんな折の突然の死・・・

死後の世界があり、自分のいない世界を俯瞰して見る事が出来る前提として、

果たしてどんな気持ちなんだろうと考えたらさ。

 

普通に笑顔なんて作れなくない?

自分だったら憎むけどね。自分を殺した奴。

天国から地獄・・・まさに絶望というものを経験したことがないと理解しがたいのかもしれんけど。

 

彼女とのこれから、大切な友人、プロゲーマーの夢、雲ぶとんのぬくもり・・・

未練をこれだけ残してたら成仏できない気がするけどね。

悪霊となったワニ君の怨念化、ホラー展開で第二章もイケる気がするほどだね。


 


話自体は完成度が非常に高い

正直、いきものがかりのPVやら、その後の展開までなく20日を終わっていたら、

まさに神作品として一切の傷もなく終われていたと思う。

それだけラストまでちゃんと描けていた作品ですからね。

 

だからこそ、この電通騒ぎやら追悼ショップやらで炎上してミソがついたのは

本当に悲しいことですな(´・ω・`)

 

電通から、どのタイミングで話がかかったのか・・・

途中からなのか、それともはじめからなのか。

 

まだ、そこまで認知度や人気がない段階で声がかかっていたとするなら、

確かになびいちゃうかもだよなぁ。

 

でも、ある程度人気出てて、その段階で声がかかったとするならば、

断るのも一つだったかもしれませんね。

 

このまま個人の製作としてエンディングを迎えた後、

クラウドファンディングで資金を募り書籍化・・・という手段もなくはないだろうからね。

まぁただ、これは不確定要素も多いし、目の前に大金積まれりゃ断れないか。

 

電通はやはりゲスの極みか

100日後に死ぬワニの諸々の展開発表が、全て電通の独断だとすれば、

やはり目先の金の事しか頭にないと言われても仕方がないだろうね。

高橋まつりさんの一件から、何も学んでいないというか・・・

 

所詮彼らは1に金、2に金、34がなくて5に金なんでしょう。

ファンの感情とか製作者の意図とか、そんなものどうでもいいのかもしれない。

売れればそれでいいと。

 

なんだったら炎上も想定内なのかもしれない。

それを計算に入れても売れると判断してのGOなのか。

やり方が非常にスマートではないけど、電通らしいといえばらしい気もする。

 

確かに今のタイミングを逃した結果、どう転ぶかは判らないし、

話題性があるうちにPRかけるのは、まぁわからんではない。

 

ただ、”死”がテーマであり、作中の主人公が

タイトル通り死んでエンディングを迎えた中でのたたみ掛けは、

やはり感情がおいつかないし、ユーザー視点で言えば愚作でしかないよね。

 

騒ぎ立てれば立てるほど、奴らの思う壺・・・かもしれないし、

程ほどにしたほうがいいかもだよ。


 

オススメ記事

-日記

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.