https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 195話 「めまぐるしく」無残弱体化で禰豆子人間に戻る!?

更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ感想 195話 「めまぐるしく」

鬼滅の刃 195話 ネタバレ感想!

2020年2月22日(土)発売の週刊少年ジャンプ13号掲載!

 

復活した伊黒との連携で無残をさらに追い詰めていく炭治郎!

老化の進行に伴う弱体化により、かつて縁壱により刻まれた古傷が晒され、

徐々に余裕がなくなっていく無惨だが、これが逆に災いをもたらす事にならないか不安でしかない・・・!!

 

■前回 第194話「灼熱の傷」はこちら

鬼滅の刃 ネタバレ感想 194話 「灼熱の傷」禰豆子吸収無惨完全体フラグ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 194話 「灼熱の傷」 鬼滅の刃 194話 ネタバレ感想! 2020年2月10日(月)発売の週刊少年ジャンプ11号掲載!   無惨の老化現象により弱体化が著しい中、 それでもギ ...

続きを見る

 

195話のネタバレ前半

古傷が浮き出たことで、傷を刻んだ縁壱のことを否応なしに思い返す無惨。

無惨が初めて縁壱と対峙した時の縁壱の印象としては”弱者”だった。

覇気も無く、闘気も無く、憎しみもなければ殺意もない。

 

このような男が、まさか自分の頸を刎ね、斬り刻むなど・・・

ましてや、その傷が何百年もの間、自身の細胞を灼き続けるなど、

誰が想像できたか。

 

例え神や仏でも予想できなかっただろうと無惨は思った。

無惨にとって縁壱という存在は、出鱈目な御伽噺といっても過言ではないほどに、

常軌を逸した存在だったようだ。

 

自身を差し置いて、本物の化け物と言わしめた男・・・

それが継国縁壱という男・・・!!

過去現在ひっくるめて最強の剣士・・・!!

 

そんな苦い思い出に浸っている中も、炭治郎の猛攻は続く。

縁壱が残してくれた道標の出現・・・!!

それは無惨が確実に弱ってきている証明・・・!!

 

みんなで紡いだ1秒1秒の積み重ねで、ここまで無惨を追い詰めることができた!!

炭治郎は改めて決意する!!無惨を必ず倒すと!!

 

(絶対倒すから!俺、最期までちゃんとやるから!)

無惨の内臓は常に目まぐるしく移動している。

故に、透明な世界に入らなければ、例え日の呼吸の12の型を繋いだとて倒せはしない。

そんな絶望の中での傷の出現。

 

無惨の古傷は細胞レベルで灼かれており、無惨の内臓移動と共に傷も移動していることが判った。

それすなわち、その傷を目印に斬れば、十二の脳と心臓を潰すことが可能ということだ。

 

深い集中力で酸欠になり、現状は入る事ができない透き通る世界。

それなくして無惨の急所を知る事ができたのは柱たちにとっては、まさに光明と言えるだろう。

 

とはいえだ。

傷の道標を正確に十二箇所斬っていくには、今の炭治郎は消耗しすぎている。

誰かの助力なしでは、いくら弱体化した無惨が相手とはいえ厳しいだろう。

 

炭治郎は伊黒をあてにするが、現状彼の両目がふさがっている中で、

戦力としては、ハッキリ言って心もとないだろう。

そこで思いついたのが愈史郎の札だ。

 

あれを額に張ることで視覚を共有できる!

伊之助がたくさん持ってきていたのを拾えれば、伊黒も十分戦力になれる!!


 


195話のネタバレ後半

「夜明ケマデ四十分!!」

 

うるせぇぞカラス!!

炭治郎たちにとっては、そのカウントもありがたいのかもしれないが、

リミットを無惨に伝えることにもなるからな・・・

 

ドンッ!!

 

「!!」

 

言わんこっちゃ無い!

無惨が全力で逃げ出したじゃねぇかwwwww

 

「逃げた!!逃げた!伊黒さん!無惨が逃げた!!」

「!?(逃亡・・・!!)」

 

いやぁ・・・逃げるだろうなとは思ったが、まさか残り40分も残した時点で逃げるとはな・・・

さすが無惨様・・・臆病でらっしゃる・・・!!

 

無惨は誇りもなく、生きることだけに固執した生命体。

故に命に危険が及べば、最優先の行動をとるのは当然か。

 

しっかし、これ・・・裏を返せば今の無惨はすでに全力であり、

怒りの感情をもって全力で暴れて見せても炭治郎と伊黒を殺しきれないということなのか。

結局、無惨は特別な術も使えず、身体能力にものを言わせた戦い方が全てってことか。

 

尋常ならざる再生能力と身体能力・・・

まぁ確かにこの二つがあれば他に特別な術は必要ないか。

全力疾走で逃げる無惨を追う炭治郎!

逃げに転じた無惨の速いことw

どんどん遠ざかっていくww

 

(そんな・・・そんな!!

 負けるのか?こんな負け方あんまりだ!

 みんなの命が無駄になってしまう・・・!!)

 

無惨が逃げる中、道端に散らばった隊員たちの亡骸を蹴散らしていく無惨。

これを見た炭治郎は怒りに震える!!

そして、その怒りを隊員たちの刃に乗せて放った!!

 

なんと炭治郎、隊員たちの刀を無惨めがけて投げまくった!!

 

背後から迫り来る刀に気づいた無惨は、その刀を逐一叩き落としている。

 

拾っては投げ、拾っては投げ・・・!

追いつけない以上、確かに効果的かもしれないが・・・二人の距離が縮まることはないだろうな。

 

(しつこい虫共!払っても払っても纏わり付く!

 今は斬撃よりも体深くに刀が貫通する方が危険だ)

 

そうなのねん。

 

と、その時だった!!

 

ドギャッ!!

 

上空から伊黒が無惨の頸元を貫いた!!

炭治郎の投擲も無駄ではなかったようだな!

 

伊黒の刀で喉を突かれた無惨の動きが止まる!

その僅かな時間で炭治郎も追いつき、伊黒と共に追撃を放つ!

 

「伊黒さんこれを受け取ってください!!

 鏑丸と視覚を共有して・・・!!」

 

炭治郎が愈史郎の札を手渡そうとするが、それを黙って見過ごす無惨ではない!

何本もの撓る刃が二人をなぎ払う!!

 

「ゲホッ!!」

「ぐっ・・・ッ!!」

 

吐血する炭治郎!!

腹を貫かれ地に伏せる伊黒!!

 

せっかくの札も手から離れ、宙を舞っていく!

 

「伊黒さん!大股三歩右へ飛んで!!」

「!!」

 

炭治郎の指示通りに飛ぶ伊黒!

すかさず無惨の妨害が入るも、それを何とか防ぐ炭治郎!

 

(炭治郎が投げたものがどこかわからない!小さすぎる・・・!!)

 

「鏑丸頼むーーーーっ!!」

 

なんと蛇の鏑丸が札をキャッチ!!

 

(逃がさない!!)

 

無惨の腕ごと、地面に刀を突き立てる炭治郎!!

 

「炭治郎、感謝する」

 

伊黒&鏑丸・・・視覚共有!!

 

「!!」

 

しかし今度は炭治郎がピンチに!!

無惨の刃が四方から炭治郎に迫る!!

 

と、これを伊黒が助ける!!

ちゃんと視覚が機能したようだな!

 

(見え方は人間と異なるが、視覚は開かれた。

 格段に戦いやすい!!)

 

「挟め!!常に挟むよう立ち回れ!!

 絶対にここから逃がすな!!二人ならできる!!」

「はい!!」

 

(しつこい!いつまでもいつまでも!

 どけ!私の道を塞ぐな!)

 

「ハァ!ハァッ!!ハァッ!」

 

(息切れ・・・!!体力の限界が近づいている。

 この私の肉体に・・・!!)

 

勝てるかもしれない!!

 

という僅かな希望を一瞬で奪うがごとく、禰豆子登場・・・

すでに戦場すぐ近くまでやってきたようだが・・・

これはまずいですよ・・・無惨のピンチに禰豆子・・・

 

しかも、片目が人間の目になってるやん!!

無惨弱体化に伴う変化であれば、無惨を倒せば元に戻れるのかもだが・・・

 

こりゃ完全に無惨が禰豆子を殺すか吸収するパターンのやつやろ!!

でも無惨が完全体になったら、もう誰も無惨倒せなくなるよなぁ?

 

鬼滅の刃 195話/感想 

いやはや・・・いい戦いになってきてるけど・・・

このままじゃ終わらないのが鬼滅の刃でしょ・・・

嫌な予感しかしないやん(´・ω・`)

 

次回に続く・・・!!

 

鬼滅の刃 196話はどうなる?

ふらっと戦場に禰豆子登場で、無惨が禰豆子を羽交い絞め・・・

までの展開はなんとなく予想できるね。

そっから禰豆子をどうするのかは無惨次第だけど・・・

 

短絡的に食ったりしてね・・・

丸呑みならまだ救いはあるかもだけど、体の一部を噛み千切って、

それで禰豆子絶命&無惨完全体とか最悪だからな・・・

 

勘弁してよね!


 

鬼滅の刃/関連記事

◇前回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 194話 「灼熱の傷」禰豆子吸収無惨完全体フラグ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 194話 「灼熱の傷」 鬼滅の刃 194話 ネタバレ感想! 2020年2月10日(月)発売の週刊少年ジャンプ11号掲載!   無惨の老化現象により弱体化が著しい中、 それでもギ ...

続きを見る

 

◇次回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 196話 「私は」禰豆子人間へ…同時に鬼の力も無くなる

鬼滅の刃 ネタバレ感想 196話 「私は」 鬼滅の刃 196話 ネタバレ感想! 2020年3月2日(月)発売の週刊少年ジャンプ14号掲載!   追い詰められ、逃げに転じた無惨だが、それも失敗に終わり・ ...

続きを見る

 

◇まとめ

鬼滅の刃ネタバレ

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.