https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 193話 「困難の扉が開き始める」悲報!全柱クソ雑魚認定されてしまう!

更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ感想 193話 「困難の扉が開き始める」

鬼滅の刃 193話 ネタバレ感想!

2020年2月10日(月)発売の週刊少年ジャンプ11号掲載!

 

炭治郎は幻の十三目の型の真相まで辿り着いた。

しかし、日の呼吸の十二の型を全て繋ぐことが容易く出来るとは思えない!

技の完成まで炭治郎は持つのか!?

 

■前回 第192話「巡る縁」はこちら

鬼滅の刃 ネタバレ感想 192話 「巡る縁」鬼滅の刃は烈火の炎だった!?

鬼滅の刃 ネタバレ感想 192話 「巡る縁」 鬼滅の刃 192話 ネタバレ感想! 2020年2月3日(月)発売の週刊少年ジャンプ10号掲載!   ついに復活を遂げた炭治郎・・・!! 生死を彷徨う中で見 ...

続きを見る

 

193話のネタバレ前半

無惨曰く、死の淵を垣間見た生物は、より強靭になるそうだ。

死を回避する為に、通常生きて行く上で不必要な感覚や力の扉が開かれるために、

それは起こる。

 

幾度となく鬼狩りとの戦いを経ての実感・・・!

確かにそれは存在している。

 

この扉を開ける者と、そうでない者とで、生死が別れる。

今まさに対峙している炭治郎は前者・・・!

扉を開き、今までにない力を発揮している。

 

その象徴として赫刀が挙げられる。

柱をはじめ、炭治郎も単独で刀を赫く染めた。

しかし、無惨に言わせれば『遠く及ばない』ようだ。

 

かつて戦った縁壱と比べると、児戯に等しいレベル・・・!!

縁壱の赫刀の斬撃は、こんなモノではなかったという。

だが、そんな事は炭治郎には関係ない!

今やれる事を全力でやり通すのみ!!

 

日暈の龍・頭舞い!!

火車!!

 

ここまで6つの型を繋げる事に成功した炭治郎!

しかし現状体内を動き回る脳や心臓を捉えるには至っていない。

それどころか、無惨の攻撃に押され、胴まで刃が届いていないのが現状である。

 

これでは型をつなげたとて意味はない。

 

すでに炭治郎の肉体は悲鳴をあげていた。

速過ぎる攻撃に対応するために、感覚的には肺を直接殴られ、

四肢を千切られるような激痛に襲われている。

 

(心臓が破裂する・・・!!)

 

夜明けまで一時間・・・一時間もあるのだ。

この途方もない時間を一瞬考えた炭治郎は集中力が切れる。

 

「!!」

 

途端に疲労が足にきてバランスを崩す。

何とか立て直すことには成功したが、一瞬の気の緩みが死を招くことを改めて実感。

先の事を考えるな・・・今、この瞬間の一秒以外考えては駄目だ!

 

集中力が途切れれば、剣も手足も鈍る!!

一秒・・・たった一秒に集中し、それを夜明けまで積み上げる!!


 


193話のネタバレ後半

幻日虹!!

灼骨炎陽!!

 

足掻く炭治郎!

しかし、技の精度はすでに落ち始めていた。

 

無惨は事あるごとに炭治郎と縁壱を比較し、『この程度か』と、

ある種、安心材料に使っている節もある。

 

技の精度が落ちれば無惨の攻撃を捌き切れない!

炭治郎は少しずつ手傷を負い始めた。

致命傷ではないにしろ、圧すどころか圧され始めている。

 

「?」

 

そんな中、無惨は違和感を覚える。

 

炭治郎は動けば動くほどに精彩をかき鈍くなる。

人間なのだから当然動くほどに疲労がたまり足枷になる。

 

そんな疲弊しきった手負いの炭治郎を、

何故、自分は仕留め切れていないのだ?

 

ここで初めて自身も遅くなっている事に気付いた無惨。

そうでなければ一対一でこれほどまでの時間を費やすはずがないと。

二度も止めを刺し損ねることはないと。

原因には心当たりがあった。

取り込んだ珠世の仕業に違いない。

 

無惨は自身の体内で細胞レベルで生存している珠世に吐かせるべく、

珠世の細胞に語りかける。

 

(お前は何をした?)

 

自身に使ったのは人間返りの薬ではなかったのか?そう問いかける。

 

消えかかっている珠世の細胞は、素直に人間に戻す薬を使ったと吐いた。

しかし、使った薬は他にもある事を示唆した上で・・・

 

「言わない。無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだ?」

 

と笑って見せた。

瞬間、珠世の頭を握りつぶす無惨。

 

吐かぬならばそれでいい。

細胞に残る記憶を読むだけだ。

 

珠世の生前の記憶・・・

しのぶが珠世に協力し、薬を調合していたようだな・・・

 

複数の薬を掛け合わせることもしのぶの提案だったようだ。

分解される前提で、一つ目は人間に戻す薬・・・

そして、それが効かなかった場合に、残った薬がより強力に作用するように工夫した。

 

二つ目の薬は老化の薬・・・!!

珠世の作ったものは1分で50年無惨を老いさせることが出来るようだ。

 

無惨の攻撃が遅くなったのは老化によるもの!!

無惨がいうには老化の進行を食い止める為に自身の力を注いだ弊害として力が削がれていたそうだが・・・

 

にしても、『柱含め、この程度の鬼狩り』って発言を見る限り、

やっぱ縁壱と比較すれば、クソ雑魚どもなんだろうなぁw

 

問題は珠世の老化薬。

恐らく5時間ほど前に薬を使われたと考え、効き始めるまでの時間を差し引いても、

3時間以上は作用していると考えるべきか。

 

1分で50年、60分で3000年・・・3時間で・・・

9000年も老いてるだと!?

 

(もっと早く気づくべきだった。

 頭髪の色が戻らないこと)

 

無惨がハゲれば、もっと早く気づけてただろうに。

顔もよくてハゲないとか反則だろ!

 

「カアアッ!!夜明ケマデ五十九分!!」

 

悲報!ここまでわずか1分!

ドラゴンボールかな^q^?

 

日の呼吸

飛輪陽炎!!

輝輝恩光!!

碧羅の天!!

火車!!

 

畳み掛ける炭治郎!!

動揺してる無惨にはよく効くな!

 

烈日紅鏡!!

炎舞!!

 

「ちょこまかと跳ね回るな!!」

 

苛立ってるww

 

幻日虹!!

残像だ!!

 

円舞!!

斜陽転身!!

灼骨炎陽!!

日暈の龍・頭舞い!!

陽華突!!

 

流れるような12連撃!!

初めて十二の型が繋がった!!

 

(もっと速く!もっと正確に!!

 繰り返せ!この十二の巡りを!!

 夜明けまで!!)

 

鬼滅の刃 193話/感想

まさかの老いとな!

しかし、9000年老けても白髪になる程度でシワ一つないとか・・・

あと、自身の力で老いを食い止める云々の計算はそこに含まれてなかったけど、

実質は4500年とかに軽減されてるのかしらね?

 

それとも、老いは食い止めきれず、老いによる力の低下なんだけど、

それを認めたくがないための強がりの可能性も十分あるかw

 

次回に続く・・・!!

 

鬼滅の刃 194話はどうなる?

しかし無惨の老いはあれど、炭治郎もどんどん疲弊していくわけで・・・

このままこう着状態が続くならまだいいけど、炭治郎の疲弊が上回れば、

かなりヤバイ状況になりそうだがなぁ。

 

つーか、無残・・・もしやすでに全力でこのザマなのか(´・ω・`)


 

鬼滅の刃/関連記事

◇前回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 192話 「巡る縁」鬼滅の刃は烈火の炎だった!?

鬼滅の刃 ネタバレ感想 192話 「巡る縁」 鬼滅の刃 192話 ネタバレ感想! 2020年2月3日(月)発売の週刊少年ジャンプ10号掲載!   ついに復活を遂げた炭治郎・・・!! 生死を彷徨う中で見 ...

続きを見る

 

◇次回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 194話 「灼熱の傷」禰豆子吸収無惨完全体フラグ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 194話 「灼熱の傷」 鬼滅の刃 194話 ネタバレ感想! 2020年2月10日(月)発売の週刊少年ジャンプ11号掲載!   無惨の老化現象により弱体化が著しい中、 それでもギ ...

続きを見る

 

◇まとめ

鬼滅の刃ネタバレ

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.