https://www.sirolog.com

アクタージュネタバレ

アクタージュ ネタバレ感想 97話 「届け」

投稿日:

アクタージュ ネタバレ感想 97話 「届け」

アクタージュ 97話 ネタバレ感想!

2020年1月20日(月)発売の週刊少年ジャンプ8号掲載!

 

怒りの感情に支配された今の夜凪が、芝居を終演に導くため、

孫悟空一派を許すことが出来るのか!?

山野上花子への怒りの感情で走り出した芝居・・・

 

そもそも、どう終わらせるつもりだったんだ・・・

芝居中に夜凪が許す事を想定していたのか?

 

■前回 第96話「限界」はこちら

アクタージュ ネタバレ感想 96話 「限界」

アクタージュ ネタバレ感想 96話 「限界」 アクタージュ 96話 ネタバレ感想! 2020年1月4日(土)発売の週刊少年ジャンプ6+7号掲載!   羅刹女のラスト…憎き孫悟空一派を前に羅刹女は彼らを ...

続きを見る

 

97話前半のネタバレ

夜凪たちの舞台を見ていた星アリサは、夜凪の一瞬の芝居の乱れを見逃さなかった。

そして後悔した・・・夜凪を黒山墨字から外したのは間違いだったと。

 

ここまで”たが”が外れた芝居を夜凪にさせた山野上花子・・・

一体何をしたのか相当気になっている様子。

 

そして気になるのは、この狂気の芝居を、明日以降も本当に続けられるのか?

その疑問を読みとった天知は勝手に語り始めた。

 

「視聴者投票のための配信映像は編集などの都合上、初日のものが使われる予定です。

 つまり、今日の芝居さえ優れていれば明日以降の出来は勝敗に関係ない」

 

山野上花子も、これを承知の上で仕掛けてきたというわけか。

花子のやり方はまさに一発勝負・・・なるほど、初日以外の出来は初めから捨てていたわけか。

しかし、問題は夜凪がこの状況で許しの芝居を出来るかどうかだ。

ここまで燃え上がった怒りの感情・・・山野上花子にぶつけぬまま収められるものなのか?

 

舞台上の面々も、どうすべきか考えているようだ。

しかし、当然ながら悠長に考えている時間はない。

舞台はリアルタイムで進行するのだからな。

 

孫悟空役の王賀美陸が一歩前に出て、戦いを辞めようと羅刹女を説得する。

 

しかし、夜凪の視線の先は、目の前の孫悟空ではなく、その奥の舞台袖にいる山野上花子に釘付けになっていた。

これでは王賀美陸の言葉は届かない・・・!!

 

すると、夜凪の視線を遮るように八戒役の武光が飛び出し、先ほどの王賀美陸のように

舞台を思い切り踏みつける見栄を切る!

 

「!」

「オイラはまだ負けてねぇぞ!かかって来い羅刹女!!」

 

夜凪がハッとしたように視線を悟空たちの方に向けた。

 

「黙ってろ猪八戒!!(上出来だ武光!)」

 

最後の説得チャンス・・・!!


 


97話後半のネタバレ

「さあ羅刹女

(もう台本に台詞はない。頼む・・・演じてくれ)」

 

夜凪の両肩に手を添え、説得を続ける孫悟空。

するとどうだ、夜凪の眼から、先ほどまでの怒りの感情が消え、

まるで我に返ったかのような表情を浮かべている。

 

さっきまで曇っていた仲間達の顔も、客席の観客達も、ハッキリと認識できる。

 

(ああそうか。

 これは私一人の舞台じゃない。

 皆、私を待っている。

 

 私が炎を鎮めるのを。

 私があいつを許すことを。

 

 皆、繋ぎ止めようとしてくれている)

 

すると夜凪は一歩、また一歩と、目の前の悟空をかわし、客席方向に向かって歩み出した。

 

(夜凪・・・?)

すると芭蕉扇を高く掲げる羅刹女。

 

「分かったわ」

 

一瞬、上手くいったと舞台上の面々は思った。

しかし、次の瞬間すぐに違和感へと変わる。

 

その違和感は舞台上にいる面々だけでなく、それを画面越しに見ていた阿良也や、

千世子たちにもすぐに感じ取ることが出来た。

 

それほどに顕著な違和感。

 

「夜凪・・・あいつ、完全に芝居が解けているね」

 

自分と役との境目を限りなくゼロにするのが夜凪の芝居の真骨頂。

ソレが今、全く機能していない・・・

 

芝居を捨て、ただ台本に従う人形のように淡々とこなすつもりなのか。

 

「ふざけんな!!・・・ふざけんな・・・ふざけんなよ。

 完璧なあなたに勝たなきゃ意味がないんだよ・・・!」

 

憤る千世子の気持ちも解るが・・・すでに夜凪も限界だろう。

 

(演じられないなら・・・例え嘘だとしても・・・そこに心がなくとも)

 

夜凪はこのまま芝居を捨て、舞台に幕を下ろすのか!?

 

アクタージュ 97話/感想

夜凪の心情を考えれば、もはや仕方ないとは思う。

やりきれない怒りの感情を抱えながら、そう易々と許すなんて言葉を出すことなど、

やはりどう考えても難しいだろう。

 

しかし、この勝負に女優生命をかけてきた千世子にとっては、

決して納得できる終わり方ではないだろうな。

 

果たして夜凪はどう舞台を締め括るのか・・・

 

次回に続く・・・!!

 

アクタージュ 98話はどうなる?

結末は夜凪の気持ち一つとはいえ・・・例え失敗に終わったとしても、

誰も夜凪を責められないだろうな・・・

山野上花子も十分傷ついているにしても、それを夜凪にぶつけるのはやはり違う気がするしなぁ・・・

 

勝つ為にやったのかも怪しいモノだが・・・

例え勝ったとしても後味悪すぎだろこれ・・・


 

アクタージュ/関連記事

◇前回

アクタージュ ネタバレ感想 96話 「限界」

アクタージュ ネタバレ感想 96話 「限界」 アクタージュ 96話 ネタバレ感想! 2020年1月4日(土)発売の週刊少年ジャンプ6+7号掲載!   羅刹女のラスト…憎き孫悟空一派を前に羅刹女は彼らを ...

続きを見る

 

◇次回

 

◇まとめ

アクタージュネタバレ

オススメ記事

-アクタージュネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.