https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 91話 「渋谷事変⑨」

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 91話 「渋谷事変⑨」

呪術廻戦 91話 ネタバレ感想!

2020年1月20日(月)発売の週刊少年ジャンプ8号掲載!

 

五条悟が封印の危機にある中、虎杖の耳に突如現れたミニメカ丸!

一体コレは・・・!?メカ丸は死んだはずでは・・・!?

メカ丸の出現は何を意味するのか?

 

そして・・・最強・五条悟は助かるのか!?

 

■前回 第90話「渋谷事変⑧」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 90話 「渋谷事変⑧」

呪術廻戦 ネタバレ感想 90話 「渋谷事変⑧」 呪術廻戦 90話 ネタバレ感想! 2020年1月4日(土)発売の週刊少年ジャンプ6+7号掲載!   最強・五条悟がついに封印される!? 夏油の思惑通り、 ...

続きを見る

 

91話前半のネタバレ

突如現れたミニメカ丸が虎杖に告げた事実・・・

 

『五条悟が封印されタ』

 

ミニメカ丸が現れたのが本当に封印後なのか、

もうすでに決定的という意味での言葉なのかは定かではないが、

現時点で確かに五条悟は獄門疆の餌食になっている。

 

・・・・・

・・・

 

「おやすみ五条悟。新しい世界でまた会おう」

「僕はな。オマエはそろそろ起きろよ。

 いつまでいい様にされてんだ、傑」

 

瞬間、夏油の右手が夏油の首を絞めるように勝手に動いた!!

 

「!!・・・あっはっは!凄いな初めてだよこんなの」

「夏油~」

 

そこに現れた真人。

かつて真人は魂は肉体の先にあると言っていたが、

今まさに肉体が勝手に動き、夏油自身が己の首を絞めていることからも、

肉体は魂であり、魂は肉体だと証明して見せた。

 

しかし、それでも真人はそこに一貫性を求めはせず、

あくまでも術式による世界の違いを説いた。

 

確かにそういう解釈もあるなと夏油は真人を否定することはなかった。

 

「おーい、やるならさっさとしてくれ。

 ムサ苦しい上、眺めも悪い」

 

「こちらとしてはもう少し眺めていたいが、そうだね。

 何かあっても嫌だし・・・閉門・・・!」

 

今度こそ五条は獄門疆に封印された。

ルービックキューブサイズの正方形の箱・・・

五条悟はその中に封印されてしまった。

 

定員は1名だが、封印した人間が自死しない限り解けることも無い最強の封印術。

こうなった以上、獄門疆を奪還し、封印を解く以外ないわけだ。


 


91話後半のネタバレ

「あの五条悟だよ?何を根拠にそれを信じればいい?」

 

冥冥の疑問も当然だろうな。

それほどまでに五条悟という存在は絶対的な強さを持っている。

 

ミニメカ丸もそれを証明する根拠は何もないが、強いて言うのであれば、

自分がこの場にいる事が、封印された証明だという。

 

ミニメカ丸は、メカ丸が生前に残した保険。

やはり本人は真人の戦闘で死んでいるようだ。

 

このミニメカ丸は高度な術式故に、発動条件も五条悟の封印後に限定せざるを得なかったそうだ。

 

不発のリスク低減のために事前にこのミニメカ丸を忍ばせたのも三箇所のみ。

その一つが虎杖だったわけだ。

何しろ、高専内で最も内通者の可能性が低いからね。

 

この状況下を鑑みて、冥冥もシロ判定。

その根拠としては、索敵に長けた冥冥が暗躍せずに明治神宮前に派遣されている点。

虎杖はいわずもがな数ヶ月前まで呪術界とは繋がりもなかった故。

 

「いやいや。体よく協力を拒むためかもよ。

 それにすぐ渋谷に向かおうとした虎杖君を今の今まで止めていたのは私だ」

「では何故、アンタを始末するための呪詛師がここに向かっていル?」

 

メカ丸がそういうや否や振り返る虎杖。

 

「1・・・2・・・2人かな。虎杖君。

 コイツらと君がさっき戦った呪霊どっちが強い?」

「・・・多分、さっきのバッタより強い」

 

虎杖が先ほど戦ったバッタも、少なく見積もっても準1級以上の呪霊・・・

それ以上の実力の個体がもう2体やってきている状況か。

 

「呪詛師は無視して先に進もう。

 まずは五条君の安否確認だ」

「駄目ダ!!」

 

メカ丸が止めたのは、すでに渋谷の状況は変わっているため。

現在渋谷には4枚の帳が降りているという。

 

A 五条悟を中心に、一般人を閉じ込める帳

B Aの帳を囲うように五条悟を閉じ込める帳

C Bの帳を囲うように術師を入れない帳

A さらにCの帳を囲うように一般人を閉じ込める帳

 

この4つの帳が降りている。

一番外側のAの帳は突破できても、Cの帳で引っかかるわけか。

 

すでに待機していた術師たちは帳の中・・・

帳の内側では携帯は使えないようだ。

 

「それだけじゃないみたいだ。

 帳外にいるハズの補助監督とも繋がらない」

「頼む。俺の指示に従ってくレ。

 俺のこの保険もすぐ消えてしまウ。頼ム」

「冥さん」

 

「分かった、言ってごらん」

 

虎杖には明治神宮前に戻り、地上から渋谷に向かい、五条封印を術師全体に伝達を指示。

 

冥冥には虎杖が抜け出る隙を作ってもらう。

そして呪詛師撃退後は、この線路の維持・・・相手の出方次第で臨機応変に対応を任された。

 

「五条悟が消えれば呪術界も人間社会もひっくり返る。

 済まないが命懸けで頼ム」

 

今でこそ、そう願うメカ丸だが、少し前までなら、それでもよしと考えていたようだからな・・・自身を最低だと思うメカ丸。

 

ちなみに憂憂は冥冥のサポートに回るようだ。

 

「皆、来たよ」

 

「冥冥だな」

 

ブルドックのような呪霊を飼ってる呪詛師・・・!!

 

「好きに動いていいよ。合わせるから」

「押忍!!」

 

・・・・・

・・・

 

一方、夏油サイド・・・

ようやく全員お目覚めといったところか。

 

「さて今後の・・・

 ・・・?」

 

夏油が今後の計画について語ろうとした矢先、

夏油の手の内にある獄門疆がカタカタと動き始めたではないか。

 

「・・・?どうした?」

 

次の瞬間!!

 

獄門疆が途轍もない重さで地面に落下!!

夏油は思わず獄門疆を手放した!

 

地面に落ちた獄門疆は地面を割って、若干めり込んでいる。

あのまま持ち続けていれば、確実に掌ごと押し潰されていただろうな。

 

「なっ・・・ッ!!なんて奴!!」

 

獄門疆の中の五条悟・・・余裕か!

四方を躯に囲まれ、居心地は最悪みたいだけど、物理的な時間が流れていないから、

老いることもないようだな。

 

「まずったよなぁ。色々とヤバイよなぁ。

 ・・・ま、なんとかなるか。

 期待してるよ。皆」

 

呪術廻戦 91話/感想

どこまでも不敵な五条・・・!

時間稼ぎは出来そうだし、こっから反撃開始って感じだな!

しっかし、外にいる虎杖組が一番到着が遅くなりそうですな。

 

他の面々が心配やなぁ。

 

次回に続く・・・!!

 

呪術廻戦 92話はどうなる?

冥冥、憂憂コンビの実力が垣間見える回になりそうやな!!


 

呪術廻戦/関連記事

◇前回

呪術廻戦 ネタバレ感想 90話 「渋谷事変⑧」

呪術廻戦 ネタバレ感想 90話 「渋谷事変⑧」 呪術廻戦 90話 ネタバレ感想! 2020年1月4日(土)発売の週刊少年ジャンプ6+7号掲載!   最強・五条悟がついに封印される!? 夏油の思惑通り、 ...

続きを見る

 

◇次回

呪術廻戦 ネタバレ感想 92話 「渋谷事変⑩」

呪術廻戦 ネタバレ感想 92話 「渋谷事変⑩」 呪術廻戦 92話 ネタバレ感想! 2020年1月27日(月)発売の週刊少年ジャンプ9号掲載!   ミニメカ丸の指示に従い、五条悟救出作戦が開始された! ...

続きを見る

 

◇まとめ

呪術廻戦ネタバレ

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.