https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 189話 「心強い仲間」伊黒覚醒!!

更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ感想 189話 「心強い仲間」

鬼滅の刃 189話 ネタバレ感想!

2020年1月4日(土)発売の週刊少年ジャンプ6+7号掲載!

 

伊黒たち柱が命をかけ無惨に挑む中・・・

無惨の城の残骸から一筋の光明が放たれる!

それは珠世の猫・・・!

 

この小さな命に託された希望の光は、柱を救う手立てになるのか!?

 

■前回 第188話「悲痛な恋情」はこちら

鬼滅の刃 ネタバレ感想 188話 「悲痛な恋情」明かされる伊黒の壮絶な過去!

 

189話のネタバレ前半

無惨と絶え間なく戦闘を続ける柱たち。

その戦い方にも工夫が見られるようになっていた。

 

伊黒は無惨の腕を切断直後、切り離された腕を蹴り上げ、切断面を離す事により、

即時再生を阻んでいる。

 

とはいえ、それで稼げる時間は瞬き程度のもの。

無惨にしてみれば無駄な足掻きかもしれないが、柱たちにとっては攻撃・防御においても必要な時間なのだろう。

 

無惨の武器は、しなる刃のような伸縮自在の腕。

禍々しきその腕には、口があり・・・その口が吸息するたびに体を吸い寄せられる。

広範囲にわたる斬撃に加え、吸息による吸い込みで体が引き寄せられる。

 

攻撃を避ける為の大振りな動作が、体力を何倍も消耗してしまう。

常に全速力で動き回り、夜明けを待つ・・・

 

常時ならいざ知らず、一瞬の気の緩みが死と直結する無惨との戦闘・・・

すでに手負いの柱たちには荷が勝ちすぎている。

正直、この圧倒的実力差では勝ち目は薄いだろう。

気づけば冨岡義勇の握力もすでに限界に来ていた。

無惨の腕に刀を弾き飛ばされ、絶体絶命の義勇!!

 

それを救ったのは仲間達だった。

 

「ボケッとすんじゃァねぇ!!ブチ殺すぞォォ!!」

 

と、助けに入らなかった不死川実弥が檄を飛ばす。

義勇は再び刀を手にとり、戦闘を再開。

 

(まだやれる!!しっかりしろ!!最期まで・・・

 水柱として恥じぬ戦いを!!)


 


189話のネタバレ後半

無惨は涼しい顔で戦闘を続けながら、予想以上の粘りを計算外としつつも、

それも、あとわずかだろうと推測。

夜明けまでは残り1時間14分・・・

 

到底そこまでもちはしない。

つまり勝ち確定。

 

その事は薄々柱たちも感じ始めていた。

夜明けまでもたないと・・・。

 

それでも、ここで戦いを止められるはずも無く。

散っていった仲間達のためにも、最期まで戦い続ける・・・!!

 

そんな最中、空気が変わる。

 

「!?」

 

無惨の頭上に一匹の猫が現れたのだ。

流石の無惨も、これには一瞬驚いた表情を見せる。

珠世の猫は背負った箱から、何やら筒を発射!!

これが見事に柱の4人に突き刺さる!!

 

柱たちも想定外の襲撃に、驚いているようだ。

役目を果たした猫は、無惨の手によりバラバラにされてしまう。

 

猫にも容赦ないとか、どんだけ心が狭いんだ!鬼舞辻無惨ッ!!

 

珠世猫のおかげで、無惨の血に犯されていた柱たちが回復ッ!

脈の狂いや体の激痛が格段に治まりを見せた。

 

一時的な回復だろうとの推測だが、一時的であれ、この回復は大きいだろうな。

 

「またあの女・・・珠世の差し金か。

 私の細胞破壊を止める血清のようなものまで・・・」

 

メチャクチャ苛立ち始める無惨w

 

「無駄な足掻きをするな!!

 潔く死ね亡者共!!」

 

んー・・・

無惨という男がわからんな。

これだけ煩わしい状態・・・普通ならば全力を出して殺しにかかるよなぁ?

 

まさか今のこの無惨・・・すでに全力なのか・・・?

 

と思いきや、次の瞬間にはさらにギアをあげる無惨。

恐らくこの全力を回復前にたたき込んでいたら早々に片はついていただろうに。

 

作品の盛り上がりを見せる以上、すぐに殺さない流れなのは致し方ないんだろうけど。

なんともはや・・・それだけやれるなら、もっと最初からやれよ!って言いたくもなるわな。

 

そんな中、死に急ぐ男・伊黒小芭内が決死の覚悟を決める。

 

(俺が誰よりも戦果を上げていない。

 もっと有効な攻撃を与えることができれば・・・

 命の危機に瀕した時、生き物は爆発的な力を発揮する。

 

 箸よりも重い物を持ったことがないような非力な手でも、

 簪一本で座敷牢の分厚い格子を破ることができると俺は知ってる。

 

 そして時透・・・お前は死ぬ間際、白刀を赫くし、

 刀の色に関わらず刃を赫くすることができるのだと証明した。

 鴉の報告から推察するなら、あの瞬間時透ができたことは強く刀を握り締めるのみ。

 

 強い衝撃を受け、刀の温度が上がったのではないだろうか。

 刃を赫く染めるのは、死の淵に己を追い詰めてこそ発揮される)

 

(万力の握力!!)

 

伊黒の刀が赫く染まる・・・!!

死は避けられぬか・・・

 

鬼滅の刃 189話/感想

なんとか伊黒には生き延びて欲しかったけど、この様子じゃ甘露寺との再会も叶わぬか・・・

なんともはや・・・わかっちゃいたけど辛いなー。

 

次回に続く・・・!!

 

鬼滅の刃 190話はどうなる?

伊黒覚醒により、無惨に一矢報いるも、倒すには至らないだろう。

なんとか時間を稼いでいる間に炭治郎と甘露寺の復活・・・

そして、修羅場に向かうと、目の前で伊黒が死ぬ・・・みたいな展開になりそうで嫌だな。

 


 

鬼滅の刃/関連記事

◇前回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 188話 「悲痛な恋情」明かされる伊黒の壮絶な過去!

 

◇次回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 190話 「ぞくぞくと」カナヲ伊之助善逸参戦!!

鬼滅の刃 ネタバレ感想 190話 「ぞくぞくと」 鬼滅の刃 190話 ネタバレ感想! 2020年1月20日(月)発売の週刊少年ジャンプ8号掲載!   伊黒が強靭な握力をもってして刀を赤く染める・・・! ...

続きを見る

 

◇まとめ

鬼滅の刃ネタバレ

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.