https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 188話 「悲痛な恋情」明かされる伊黒の壮絶な過去!

更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ感想 188話 「悲痛な恋情」

鬼滅の刃 188話 ネタバレ感想!

2019年12月23日(月)発売の週刊少年ジャンプ4+5号掲載!

 

炭治郎が生死を彷徨う中、現世では無惨の攻撃が更に激しくなっていた。

途中より加わった、柱最強の悲鳴嶼行冥ですら、無惨の猛攻に対し防戦一方。

他の柱に至っては、攻撃を回避すら出来ず息も絶え絶えだ。

 

そんな中、決死の思いで挑む伊黒の過去が明かされる・・・!!

 

■前回 第187話「無垢なる人」はこちら

鬼滅の刃 ネタバレ感想 187話 「無垢なる人」無惨はフレイザードだった!?

 

188話のネタバレ前半

現状、最も死に近いのは甘露寺かもしれない。

すでに無惨の攻撃を何撃も浴び、無惨の血の混入は免れない状態。

 

当然戦える状態ではなく、無惨の攻撃を目視で捉えることすらままならず、

勘頼りの回避により一命をとりとめている状況だ。

 

そんな彼女は、何とか死ぬ前に皆の役に立とうと思考を巡らせるが、

出てきた答えは『捨て身』のみ。

 

全力で突っ込み、同士討ち覚悟で一撃を浴びせる。

無惨の尋常ならざる回復力を考えれば、命を賭けて放つ一撃としてはあまりに無謀すぎる。

 

甘露寺も思い直し、間合いを詰めて羽交い絞めの策を考えるのだが、

その瞬間、甘露寺は体が無惨に引き寄せられる感覚に陥った。

 

実際、無惨の攻撃の間合いの外にいたにも拘らず、斬撃を受けてしまった。

つまり、確実に無惨に引き寄せられたことになる。

 

まだ解明できていない無惨の能力・・・あるいは技が存在している・・・!!

甘露寺の負傷を目の当たりにした伊黒が、いち早く彼女を救出し、戦場から離れる。

そして、他の隊員に彼女を愈史郎の元へ連れて行くように命じる。

 

完全にヒーラー扱いの愈史郎・・・ッッ!

 

「待って、私まだ戦える。

 今度は足を引っ張らないようにするから」

 

確かにみんなの足を引っ張ってるかもしれないが・・・

今のは足を引っ張ったのではなく、引っ張られたのだけどね・・・

甘露寺さんこの状況でギャグはマズイですよ!

 

「もういい。十分やった」

「駄目よ。全然役に立ってない!このままじゃ死ねない!」

 

「後は頼む」

「はい」

 

甘露寺を隊員に託すと、伊黒は再び戦場に向かった。

 

「待って!!私も行く!!伊黒さん!!

 伊黒さん嫌だ!死なないで!!

 もう誰にも死んでほしくないよォ!!」

 

涙を流し、叫ぶ甘露寺だが・・・伊黒が止まるはずもなく・・・


 


188話のネタバレ後半

鬼のいない世界で甘露寺と出会い、普通に恋ができていればどれほどよかったか・・・

そんな事が一瞬頭を過ぎるも、すぐに『無理』だと己に言い聞かせた伊黒。

 

まず一度死んでから、汚い血が流れる肉体ごと取り替えなければ、

君の傍らにいることすら憚られる。

 

伊黒がそこまで嫌悪する自身の血。

 

今明かされる、伊黒の過去・・・

 

伊黒の血族は、人を殺め、強奪した金品で私服を肥すような・・・

そんな一族だったようだ。

 

その家では、なぜか女ばかりが生まれ、

男である伊黒小芭内が生まれたのは、実に370年ぶりだという。

 

そんな異端の存在伊黒は、生まれた時から座敷牢に入れられたそうだ。

そこでは、ある種の拷問のような暮らしを強いられていた。

 

殴る蹴るなどの行為ではないが、母や姉妹、叔母たちは不気味なほど親切に接し、

伊黒に大量の食事をよこしたそうだ。

換気もままならぬ牢の中・・・充満する脂の匂いに吐き気を催す。

 

そして、座敷牢の地獄はこれで終わらない。

夜になれば、何か巨大なものが這い回る不気味な音が牢に響いた。

さらには視線も感じていたようだ。

 

粘りつくような・・・・普通ではない視線・・・。

伊黒は毎夜恐怖した。

全身から汗が噴出し、音と視線が消えるまで、身動き一つとれない恐怖・・・

 

そんな日々からある日突然解放されることとなる。

伊黒12歳・・・座敷牢から出された。

煌びやかで豪華な部屋に通されると、そこには下肢が蛇のような女の鬼がいた。

この鬼を一目みた瞬間、あの音と視線の正体を察した伊黒。

 

「小さいねぇ。小さいねぇ。

 やっぱりもう少し大きくしてからにしようかねぇ」

 

その後、伊黒はこの家の生業について知る所となる。

蛇鬼が人を殺し、金品を奪い生計を立てる。

その代価として、この家の女たちは、自ら生んだ子を生贄として蛇女に捧げた。

 

蛇女は赤ん坊が大好物だったようだ。

 

伊黒が生まれた時、男であること、さらには珍しい目をしていたこともあり、

蛇女は伊黒を気に入り、成長し食える量を増やすまで生かされることになった。

 

そして、十二歳を迎え、いよいよというわけだ。

しかし、蛇女の望む大きさではなかったため、伊黒はもうしばらく生かされることに。

 

だがここで、蛇女は自身の裂けた口と揃える為に、

伊黒の口を切り裂かせ、その際に溢れた血を盃に溜めて飲んだそうだ。

 

その後、座敷牢に戻された伊黒は、逃げる事だけを考え、

盗んだ簪で、木の格子を削り続けた。

気づかれはしないかと、日々怯え、神経をすり減らした・・・

 

そんな伊黒を慰めていたのが、迷い込んだ蛇の鏑丸だったようだ。

鏑丸だけが、この世で唯一信頼できる生き物だった。

 

程なくして伊黒は逃げ出すことに成功する。

途中、蛇女に追いつかれ、頃される事を覚悟したが、当時の炎柱によって救われた。

 

炎柱は生き残った従姉妹を引き合わせてくれたが、

その再会は決して喜ばしいことではなかった。

 

従姉妹は伊黒を見るや否や殴りかかり、罵声を浴びせた。

 

「あんたのせいよ!!あんたが逃げたせいでみんな殺されたのよ!!

 五十人死んだわ!あんたが殺したのよ!

 生贄のくせに!!大人しく喰われてりゃ良かったのに!!」

 

従姉妹の発した罵詈雑言には、当然ながら正当性など微塵もありはしない。

しかし、伊黒の心は嫌というほど抉られた。

 

逃げれば親族がどうなるか考えなかったわけではなかった。

だがそれでも・・・どうしても生きたかったのだ。

 

屑の一族に生まれた自身もまた、屑だ・・・伊黒はそう思った。

背負う業が深すぎて、普通の人生は歩めなかった。

そんな伊黒が鬼狩りになるのはある意味では必然だったのかもしれない。

 

目の前には丁度、炎柱がいたしな・・・

 

鬼狩りとして成長した伊黒の、

やり場のない思いは、全て鬼に向けた。

 

ひたすら鬼を恨み、憎み・・・そして斬り続けた。

そうして誰かのために命を懸けると、自分が何か少しだけ”いいもの”になれた気がした。

 

だが、いつまで経っても恨みがましい目をした五十人の腐った手が、

どこにも行けないよう伊黒の体を掴んで爪を立ててくる。

 

伊黒の願いは一つ。

 

無惨を倒して死にたい・・・

どうかそれで俺の汚い血が浄化されるよう願う。

 

鬼のいない平和な世界で、もう一度人間に生まれ変われたら・・・

今度は必ず君に好きだと伝える。

 

鬼滅の刃 188話/感想

切なすぎるだろ!どいつもこいつも。・゚・(ノД`)・゚・。

伊黒さん・・・あんたも壮絶な過去があったんやなぁ。

蛇と仲良しの影の薄い人やなかったんやなぁ。

 

死なないで欲しいけど、アカンやろうなぁ・・・

 

次回に続く・・・!!

 

鬼滅の刃 189話はどうなる?

さて、いよいよ我等がヒーラー愈史郎の出番か。

もはやこの現状を打破できるのは、炭治郎復活からの覚醒しかないやろ!

今の禰豆子が無惨相手にどれほど戦えるのか・・・

 

というか二人を遭わせちゃ駄目でしょ!

遭っちゃうんだろうけど!

あわわ・・・禰豆子の死が炭治郎覚醒のトリガーとか絶対辞めて欲しいけど・・・やりそうで怖い・・・


 

鬼滅の刃/関連記事

◇前回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 187話 「無垢なる人」無惨はフレイザードだった!?

 

◇次回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 189話 「心強い仲間」伊黒覚醒!!

 

◇まとめ

鬼滅の刃ネタバレ

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.