https://www.sirolog.com

アクタージュネタバレ

アクタージュ ネタバレ感想 94話 「炎」夜凪の父親クズすぎてワロタ

更新日:

アクタージュ ネタバレ感想 94話 「炎」

アクタージュ 94話 ネタバレ感想!

2019年12月16日(月)発売の週刊少年ジャンプ3号掲載!

 

今明かされる山野上花子の過去・・・

学生時代、そして・・・夜凪の父との出会いも明らかに。

花子もある意味では被害者だった・・・!?

 

■前回 第93話「大きな流れ」はこちら

アクタージュ ネタバレ感想 93話 「大きな流れ」

 

94話前半のネタバレ

高校時代の山野上花子は、一人で絵を描く日々だった。

しかし、自身の納得できるものは全く描く事が出来ず、書いては消しの日々・・・

そんな彼女を周りの人間は馬鹿にしていた。

 

ただ一人・・・彼女に興味を持ったのか、彼女の絵に惹かれたのか

一人の男子生徒がたびたび彼女に声をかけた。

 

花子が描きたかった記憶の中のコロボックル。

しかし、それが思い通りに描けずに苛立つ日々。

 

そんな中で男子が描いたコロボックル。

その絵を花子が欲しいと言うと、花子の絵と交換ならいいという。

 

しかし、これがいけなかった・・・

 

花子は自身で納得の行く絵が描けずに描いては消しの繰り返し・・・

床に散らばる無数の失敗作・・・その中で狂ったように描き続ける彼女に

異様な恐怖を覚えるのは仕方のない事なのかもしれない。

 

男子生徒は、もう交換はいいと、ドン引きして去っていった。

一人きりの美術室・・・ふと外を窓から覗くと、恋人や友達とはしゃぐ生徒達の姿があった。

 

その時花子はやっと確信したという。

自分は一生、一人で絵を描き続けるしかないのだと・・・

時は流れ・・・美大に進んだ花子。

すでに世間から評価を受けているようだが、描いては燃やしの繰り返しは

未だに続いているようだ。

 

そんな花子の前に姿を現したのが、小説家であった夜凪の父親だった。

 

「君は絵を燃やすことが好きなの?」

「まさか。燃やさないで済む絵を描きたいと思っています。

 ずっと昔から」

 

「なら初めから燃えている絵を描けばいいよ」

 

この一言が花子にとっては衝撃的だったようだ。


 


94話後半のネタバレ

「そうだ。僕のために一枚描いてくれないかな。

 燃えている絵を」

 

この出会いから、花子が絵を燃やすことは無くなったという。

絵を燃やすのではなく、燃えた絵を描く事で彼女は描きたい絵が描けたということなのか。

 

山や木々、人や街が燃える絵を描き、それを夜凪の父親が喜んでくれる。

花子がもとより目指していた絵ではなかったが、

子どものように喜ぶ夜凪の父の事が可愛くて可愛くて仕方なかったようだ。

 

初めて絵に心を救われたような気がした花子。

それから1年が経とうとしていた頃・・・事件は起こる。

 

夜凪の父親のために描いた絵と共に夜凪の父親は花子の前から姿を消したのである。

それから少し経って、夜凪の父親が画家の女を描いた小説を発表したことを知る。

 

つまるところ自分の小説のために、彼女を弄んだということなのだろう。

 

やはり自分は一人なのだと思い知った花子。

描かないと・・・描いて忘れないと・・・

花子にはもうそれしか残されていなかった。

 

しかし・・・

 

「ああ・・・どうして」

 

花子はすっかり怒りに呪われてしまった。

描けば描く程燃え盛る現実への怒り・・・もう戻れない。

 

・・・・・

・・・

 

「私は私の作品が好きではありません。

 創る以外の人生を知らないから創り続けているだけです。

 それが芝居?創作に他人を巻き込めと言うんですか。

 ありえません。お引き取り下さい」

 

それが天知からオファーを受けた時の、花子の最初の回答だった。

 

「そうですか。

 修羅のように燃える絵と彫刻・・・

 世の不条理への怒りに満ちた小説。

 

 私にはあなたが自らの怒りから逃れたいように見える。

 本当に描きたい絵があるのではないですか。

 それが一人では描けないというなら、誰かと共に描けばいい。

 

 芝居はうってつけらしいですよ。

 そういうのに」

 

主演が夜凪景だという事は、その話に了承したあとだったようだ。

 

それから花子は、いつ降りても構わない心持でこの舞台に臨んだ。

しかし、夜凪と出会い興味が沸いた。

 

それは彼女があの男の娘だからではなく、

芝居のためであれば迷わず何色にでも染まろうとする、その純粋で美しい姿に惹かれたのだという。

 

「彼女を知れば知る程妬ましく・・・彼女のようになれない自分に私は

 ・・・ああ、腹が立つ腹が立つと・・・。

 

 誤解しないで下さい。嫉妬から彼女にあんな真似をしたのではありません。

 ただ、あの時思い至ってしまったんです。

 

 彼女なら例え私のように怒りの炎に呪われようとも

 その先の景色を見せてくれるかも知れないと。

 

 羅刹女を演じるということは、私を演じるということだから」

 

花子には描けなかった景色を、もう一度羅刹女の手によって・・・

 

「例え何を犠牲にしても、もう一度」

 

白石は思った。

もう後悔しても遅いが、なんという演出家の下についてしまったのか・・・と。

 

まさに狂気・・・!!

 

アクタージュ 94話/感想

花子も花子で深く傷ついていたとはいえ、夜凪には関係ないからなぁ。

自分が描けなかった絵を羅刹女に描かせる為に、あそこまで追い込むって正気じゃないよなぁ・・・

 

次回に続く・・・!!

 

アクタージュ 95話はどうなる?

そろそろ舞台はクライマックスじゃないのかね。

どうやって終わらせるつもりなのか・・・

この狂気の舞台を・・・夜凪は怒りの炎を鎮められるのか!?


 

アクタージュ/関連記事

◇前回

アクタージュ ネタバレ感想 93話 「大きな流れ」

 

◇次回

アクタージュ ネタバレ感想 95話 「アイデンティティ」

 

◇まとめ

アクタージュネタバレ

オススメ記事

-アクタージュネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.