https://www.sirolog.com

チェンソーマンネタバレ

チェンソーマン ネタバレ感想 50話 「シャークネード」

更新日:

チェンソーマン ネタバレ感想 50話 「シャークネード」

チェンソーマン 50話 ネタバレ感想!

2019年12月9日(月)発売の週刊少年ジャンプ2号掲載!

 

台風の悪魔とタッグを組んだレゼ相手に、サメに乗って戦おうとするデンジ。

完全にシャークネードwww

しかし勝ち目はほぼゼロの中、デンジはどう戦うつもりなのか!?

 

■前回 第49話「サメハリケーン」はこちら

チェンソーマン ネタバレ感想 49話 「サメハリケーン」シャークネードやんけ

 

50話前半のネタバレ

台風の悪魔とタッグを組んで襲い掛かってくるレゼを相手に、

デンジはサメ君を乗り回して戦いに挑む。

 

普通に考えると、吹っ飛ばされて近づけないんじゃないかと思うんだが・・・

しかし、これが中々どうして・・・暴風にも負けず、レゼを捉えつつ爆撃をかわしている。

 

どうやら暴風はレゼにとってはあまり効果的に働いていないようだぞ!?

 

デンジはレゼに接近し、脚を斬りおとす事に成功するも、すぐさま台風が血を吐いて

これを浴びたレゼは回復。

なんともはや・・・台風いてもいなくても同じな気がする。

 

でも、逆に考えてサメチェンソーが、思いのほかスピードや機動力が高く、

台風により、それを少しでも抑えてるとすれば役には立ってるのか?

 

台風いなきゃサメチェンソーで結構いい勝負してたんかなぁ?

デンジたちはともかく、地上では暴風に体を飛ばされそうになっているアキたちの姿が!

 

吹き飛ばされる天使の悪魔を掴むアキ・・・

手を放せと叫ぶ天使だがアキの決断は・・・!?

 

「死ぬなら死んでいい!今日が死期だったんだ!

 大丈夫・・・!死ぬ覚悟はずっとできている」

 

天使の悪魔の覚悟を聞いてなお、手を放さなかったアキだったが、

無情にもアキの手からすり抜けていく天使のシャツ・・・

 

助ける気があっても、助けられない時はある・・・

吹き飛ばされる中、死を悟る天使・・・

脳裏に浮かんだ少女は、かつて愛した人なのだろうか?


 


50話後半のネタバレ

パシッ!

 

「おおおおおおお!!」

「なぁっ・・・!」

 

アキは天使の手を掴み、自分の元に引き寄せた。

 

「何っ・・・なっ!なんで僕の手を触った!?

 死にたいのか!?」

 

天使に触れた者は寿命を吸われてしまう・・・

アキはそれを承知の上で触れた。

 

「死にたいワケねえだろ!!

 今のでどれくらい寿命減った!?」

「・・・2ヵ月くらい」

 

「・・・死にたいならどっか遠くで死んでくれ・・・

 目の前で死なれるのだけは・・・もう御免だ・・・」

 

電柱を背に、暴風から身を守る二人。

 

一方、デンジは台風を切り刻んでいた。

図体がデカい分、刻み放題ってわけだ。

 

本来ならば接近を許さない能力だろうに。

サメ君、馬としては優秀すぎやろ。

 

デンジが台風を倒した事で暴風は止んだ。

しかし、気づけばレゼの姿がない。

 

「レゼはどこだ!?」

「あ!?チェンソー様!!」

 

サメ君はレゼが真上にいることに気づいたが、ソレを伝えるよりも早く、

レゼの強烈な蹴りが二人を直撃!!

 

サメの照り焼き一丁あがり!

 

サメ君の忠誠心ときたら・・・デンジを飲み込んで、爆撃から守った(((( ;゚д゚)))

 

「ふぬ!いってぇ~・・・!

 助かったぜビーム・・・」

「きゃ・・・き・・・」

 

「デンジく~ん、そろそろあきらめない?」

「ん~やだ」

 

結局タイマン!

これじゃ結果かわらんちゃうんかい!

 

デンジがバカじゃないならチェンソー応用しろよ!!

 

チェンソーマン 50話/感想

サメ君がひたすら有能ということが証明された回でしたね。

さて、デンジ爆撃をかいくぐり、レゼを切り刻むことができるのか!?

 

次回に続く・・・!!

 

チェンソーマン 51話はどうなる?

まぁ話の流れ上、デンジが負けるとは思えないけど・・・

どう戦うつもりなんだろうね。

レゼちゃん良いキャラだったのにここで終わりか。


 

チェンソーマン/関連記事

◇前回

チェンソーマン ネタバレ感想 49話 「サメハリケーン」シャークネードやんけ

 

◇次回

チェンソーマン ネタバレ感想 51話 「ダークダイビング」

 

◇まとめ

チェンソーマンネタバレ

オススメ記事

-チェンソーマンネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.