https://www.sirolog.com

アクタージュネタバレ

アクタージュ ネタバレ感想 93話 「大きな流れ」

更新日:

アクタージュ ネタバレ感想 93話 「大きな流れ」

アクタージュ 93話 ネタバレ感想!

2019年12月9日(月)発売の週刊少年ジャンプ2号掲載!

 

いつしか夜凪から遠ざかっていた武光。

舞台上で夜凪と対面し、それに気づき、新たな気持ちで再び舞台に立つ武光!

今度こそ夜凪と向き合い対等な芝居が出来るのか!?

 

■前回 第92話「我武者羅」はこちら

アクタージュ ネタバレ感想 92話 「我武者羅」武光覚醒なるか

 

93話前半のネタバレ

武光が壁を越えようとする中、市子もまた一皮向けようと足掻いていた。

7歳から15歳までいちごちゃんのキャラで売り出していた市子。

 

この移り変わりの激しい芸能界の中、ずっと順風満帆なはずもなく・・・

9歳の頃に不意に仕事が激減した。

それは2歳年下の新人に仕事を奪われたためだった。

 

市子は新人に負けまいと躍起になった。

しかし、10歳になった市子は、仕事を奪われた後輩が、またさらに後輩に仕事を奪われている事を知り、この業界の仕組みについて理解したようだ。

 

努力や才能ではどうにもならない大きな流れが存在し、

自分たちはその中にいるのだと。

その流れの中で、いかに上手く流されるのかを考えるしかない。

 

しかし、そんな中・・・

大きな流れを自ら生み出す本物を知る事になる。

王賀美陸という天才・・・!!

 

現実を目の当たりにした市子は、解りやすく腐ったようだが、

それに反してドラマの仕事は次々と決まり、15歳の時には賞までとる結果に。

しかし、どこか達観していた彼女にとっては”大きな流れ”が私に回ってきただけと、

それほどの感動もなかったようだ。

「やい羅刹女!!先生を守りながらってのがいけなかった!!」

「これで終わりよ!!」

「お前たちはもう良い。飽きた。猿はどこだ」

 

夜凪の気迫溢れる演技を前に、飲まれそうになる市子。

 

(本当は私だって気づいていた)

 

『俺は・・・どうすればいいですか』

『何言ってるの!?どうするも何も良い出だしじゃない!』

 

あの時は武光に対し、そう答えたが・・・

あの言葉は自身に言い聞かせるための言葉だったのか・・・

 

(ああ、この子が今回の”大きな流れ”だと。

 今回も上手く乗り過ごそうと・・・)

 

『私たちは遅かれ早かれそういう日に出会います』

 

(私はあの時、出会って目を逸らし今日まで来た。

 でも、武光君・・・君は今日出会い、目を逸らさなかった)


 


93話後半のネタバレ

武光は本気で夜凪に斬りかかる。

夜凪は武光が本気でかかってくることに気づき、自身も本気で打ち込み返す。

今の今まで眼中に入っていなかった武光の存在を、ようやく認識した瞬間だった。

 

武光は乗り越えられたようだな。

 

『私、まだ伸びますよ』

 

(口では言ってみても、心の根っこのところで諦めていた。

 芸名を捨てたのはあの頃の私ごと捨てるためだったのに)

 

「うわああああああ!!」

「!」

 

市子の気迫の演技に夜凪の目の色が変わる。

 

(もう大丈夫。

 私に同情される程あなたは弱くなかった。

 あなたに同情できる程、私は強くなかった。

 

 私は全部舐めていた。

 もう何も舐めない。

 だから・・・)

 

(舐めんなよ新人!!)

 

夜凪の力は自身の魅せ方だけではない。

共演者を本気にさせてしまう部分・・・誰しも出来るものではない。

 

夜凪の演技を前にして、折れる者も多いだろうが、それを乗り越えたものは、

本気を引き出し、自身の潜在的なパフォーマンスを格段に押し上げる。

それが自信にもなり、役者としてのステップアップに繋がる。

 

皆が本気になり、ぶつかり合う芝居は魅力的で、観客を興奮させる。

孫悟空も舞台に降り立ち、盛り上がりは最高潮!

 

怒りに満ちていた夜凪も、高揚している・・・

しかし、彼女の根底にあるのは、やはり湧き上がる怒りだ。

その怒りの炎を消すことは出来るのだろうか?

 

羅刹女の物語は、死闘の末に全てを許し、自ら火焔山の炎を鎮める流れだ。

”許し”とも”諦念”とも取れる感情の変化が求められる中で、狂気に身を委ねた芝居をしてきた夜凪が、ちゃんと物語を終わらせる事ができるのか?

 

『随分楽しそうだけど大丈夫?

 気づいてるよね?私たちにはできないよ。

 炎を消すなんて。あいつらを許すなんて』

 

心の中の夜凪が語りかける・・・

夜凪はどうするのか・・・

 

「そろそろ教えてくれませんか」

 

舞台袖の白石が花子に問う。

 

「最後、羅刹女は自ら炎を鎮める・・・

 まるで自らの怒りの炎を鎮めるように。

 今の彼女には難しい芝居です。

 

 あなたはそれだけのことをした。

 こうなると分かっていて、なぜ夜凪さんにあんな真似をしたんですか」

 

花子の答えとは!?

 

アクタージュ 93話/感想

壁を乗り越えた若手達。

しかし、最大の壁は夜凪にもあった・・・

どうしようもない怒りをどう鎮め、舞台を終わらせるのか・・・

 

果たしてどう乗り越えるつもりなのか・・・

 

次回に続く・・・!!

 

アクタージュ 94話はどうなる?

花子の思いが語られるんだろうけど・・・

どこまでが本当で、どこに真実があるのか・・・

何故ここまで夜凪を追い込んだのか・・・

 

それはエゴか?舞台成功のためなのか?

果たして花子の答えとは・・・


 

アクタージュ/関連記事

◇前回

アクタージュ ネタバレ感想 92話 「我武者羅」武光覚醒なるか

 

◇次回

アクタージュ ネタバレ感想 94話 「炎」夜凪の父親クズすぎてワロタ

 

◇まとめ

アクタージュネタバレ

オススメ記事

-アクタージュネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.