バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

弱虫ペダル ネタバレ感想 570話 雉弓射の伝説のレース

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 570話 「伝説のレース」

弱虫ペダル 570話 ネタバレ感想・考察!

2019年12月5日(木)発売の週刊少年チャンピオン1号掲載です。

 

鈴音の口から語られる中3の伝説のレース!

10連覇のかかった吉丸雷音の前に突如現れた無名の男。

この雉弓射の登場から吉丸の人生は大きく狂い出すことに・・・

 

■前回 弱虫ペダル 569話 「焦りと笑み」はこちら

弱虫ペダル ネタバレ感想 569話 「焦りと笑み」

 

570話のネタバレ前半

周囲の選手たちは、素人感丸出しの弓射を見て、警戒どころか、完全に舐め腐っていた。

レース前、誰一人としてこの男が優勝することになるなど夢にも思っていなかったのは言うまでもない。

 

誰しもが当時のライトニングトップ・・・吉丸雷音の優勝は揺るぎないと思っていた。

そんな中、レースはスタート・・・!

 

タイヤも山がつぶれ、軍手にTシャツ短パン、スキーゴーグルという

見た目に関しては、かなり悪目立ちしていた弓射は最後尾からのスタートに。

 

初っ端からトバす弓射に、並ばれた選手たちは警告をする。

最初からそんなにトバすと後半バテると。

 

しかし、弓射にとっては力を温存した状態でコレなのだろう。

所詮一般人とはキャリアが違う。

 

弓射はアドバイスに感謝しながら斜面を駆け上る!

一気に置いていかれる選手達・・・ここでようやくこの男の実力に気づき始める。

先に進むと、『急坂』と呼ばれるエリアに到達。

先に到達していた他の選手は、この坂にかなりの苦戦を強いられているようだが、

弓射はこの坂も涼しい顔でクリアしていく。

 

「さっき言ってた『急坂』ってまだ先?この先かな?」

(ここだよ!!)

 

弓射にとって、こんな坂は『急坂』に値しなかった。

すりへったタイヤでグングン登っていく!

 

そんな弓射は走りながら風でばたつくTシャツを気にする余裕っぷり・・・!


 


570話のネタバレ後半

弓射はいつも一人で走っていたため、他人と走る『レース』をはじめて経験する。

先に進むごとに選手達を追い抜いていくわけだが、これが彼にとって今まで味わった事のない感覚で、楽しかったようだ。

 

他の選手たちは急坂で楽しむ余裕すらない中、一人笑顔で走っていく弓射。

マシンスペックで上回る口だけの選手たちをごぼう抜き・・・

性格の悪い人間なら、さっき笑ったことに対して侮蔑の言葉があってもいい気もするが、弓射は性格も良さそうなので、当然そんなことは言わないようだ。

 

「思いきり全身使って自転車ふり回して走れる!!

 おもしろいね!レースって!!」

 

そんな中、前方に苦戦する選手あり。

 

「くっ!このコースは木の根や石がはりだしてる。

 引っかかったら落車かスリップだ・・・

 こいつをよけながら走るのが大変なんだ!!」

 

そこにやってくる弓射。

 

(レースの『コース』って違う。

 いつも走ってる山の中は道じゃないから枯葉や枝で地面が見えない。

 目の前の道の状態がわかるのって、すっげー走りやすい!!)

 

もはや育ってきた環境の違いか。

 

弓射は普段から、レースコースよりも難関な道で走っている。

それが当たり前だった。

故に予想しないアクシデントも多く、ソレに対する瞬間的な体の反応も鍛えられているのだろう。

 

そんな弓射にとって、危険が丸見えのこのコースは、緩すぎるだろうな。

 

弓射はヨンヨン言いながらドンドン抜いていく。

そしてついに2位まで登りつめ、残りは1位の吉丸雷音を抜くだけに・・・!!

 

・・・・・

・・・

 

ゴール前ではファイナルラップに突入する雷音を心待ちにする鈴音の姿があった。

すると現れたのは・・・

 

雷音と、もう一人・・・雉弓射の姿が・・・!!

最終周回を前に、追いついたようだな。

 

当初は周回遅れと思われたが、雷音の真剣な表情から、

彼が2位であることはすぐに理解できた。

 

そして、すぐに2位から1位へ・・・

 

「最後の1人抜いたヨン♪」

「誰だてめぇわ!!」

 

そのまま最終周回へ突入・・・

 

この予想だにせぬ展開に人々は静まり返り、実況も動揺するばかりだった。

そしてそのまま・・・弓射は3分以上の差をつけて1番にゴールゲートをくぐった。

 

これが弓射にとって伝説の始まり。

雷音にとっては屈辱の日々の始まりだった。

 

弱虫ペダル 570話/感想

やはり厳しい環境で、ずっと走ってきた弓射にとっては当然の結果か。

モノが違うわ。

雷音も努力をもちろん重ねてきた人間だが、常に厳しい環境で修行できたとは言い難いからな・・・こればっかりは・・・なんともなぁ。

 

次回に続く・・・!!

 

弱虫ペダル 571話はどうなる?

弓射VS雷音の最終局面!

勝ちを確信する雷音と、冷静さを取り戻した弓射のデッドヒート楽しみだ!!


 

弱虫ペダル/関連記事

◇前回

弱虫ペダル ネタバレ感想 569話 「焦りと笑み」

 

◇次回

 

◇まとめ

弱虫ペダルネタバレ感想

弱虫ペダルネタバレ全話感想まとめ

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.