バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

ONE PIECE(ワンピース)

ワンピース ネタバレ感想 964話 「おでんの冒険」

投稿日:

ワンピース ネタバレ感想 964話 「おでんの冒険」

ワンピース 964話 ネタバレ感想!

2019年12月2日(月)発売の週刊少年ジャンプ1号掲載!

 

白ひげに接触したおでんは、白ひげの船に乗せろといきなりの無茶ぶり!

出会い頭に剣を向けるムチャクチャな男を、白ひげは認めるのか!?

そして、おでんの家臣たちはこれを許すのか!?

 

■前回 第963話「侍になる」はこちら

ワンピース ネタバレ感想 963話 「侍になる」おでんと若かりし白ひげ

 

964話前半のネタバレ

おでんは日頃から家臣たちには海へ出て冒険がしたいと打ち明けていたようだが、

当然のように却下されていた。

なんせおでんは次期将軍・・・ワノ国を守るべき立場の人間。

 

その国をほったらかしにして海に出るなど、家臣が許すはずも無い。

しかし、この男の器が一国で収まるはずも無く・・・

外の世界を自身の目で見て、そして冒険したい欲求が消えることはない。

 

それどころか日増しに強くなるばかり。

航海に関しての才能ゼロのおでんにとって、白ひげ海賊団の出現は、またとないチャンスだった。

 

そして、白ひげ海賊団が秘密裏に出航を決めたある日の夜・・・

ついに家臣の目を盗み、おでんは白ひげの海賊船に鎖を巻きつけついてきてしまう。

 

唯一イゾウが最後までおでんを止めたが、結果的に白ひげの船に乗ることに・・・

だが、おでんはというものの、乗船は許されなかった。

3日間鎖を離さず荒海を耐え抜いた時、その時はじめて船に乗せると約束をする。

 

これが白ひげの流儀・・・!!

 

おでんは激流や岩に激突、海獣に襲われながら3日という長い時間を海の中で絶え続けた。

その姿はもはや見る影もないほどにボロボロに・・・

残り、わずか1時間でクリアという最中・・・

とある島に通りがかったことで運命は大きく変わることに。

 

とある島で悪漢に襲われていた美少女剣士・天月トキ・・・時をかける少女・・・!?

彼女の助けを求める声を聞きつけ、おでんは鎖から手を放し、助けに現れたのだ。

 

悪漢たちはおでんの変わり果てた姿を見て海坊主と勘違い。

そのまま去っていった。

 

一方、白ひげの船ではおでんが消えたと大騒ぎに。

 

・・・・

・・・

 

翌日・・・

トキの介抱のおかげでおでん復活!!

回復力も人並み外れている。

 

しかも、あと少しという所で白ひげの船に乗れるところだったのに、

それが失敗したにも拘らず、微塵も後悔していなければ弱音も吐かない。

 

この男の心意気や器のデカさ・・・多くの人間が惹かれてやまないのも無理はないか。

天月トキはワノ国に行きたいとのことだが、これには流石のおでんも露骨に嫌な顔w

 

そうこうしていると、昨日の悪漢たちが襲いかかってきた。

これに対しても微塵も動揺せず、相手の6本腕に興奮するおでん。

そこにタイミングよく現れた白ひげにより、悪漢たちは一蹴。


 


964話後半のネタバレ

どうやら白ひげに認められ、乗船を許可されたようだ。

ここまでがんばって来たおでんを白ひげ海賊団も総出で歓迎。

早くも仲間の絆が生まれていた。

 

さらに船には密航したイヌアラシとネコマムシの姿も・・・

トキも共に白ひげの船に乗ることに・・・

 

その後、おでんは未知の世界を仲間達と共に冒険し見聞を広めていく。

白ひげ海賊団に入った新入りのムチャクチャなワノ国の侍の話は、とんでもない大物の耳にも入ることに。

 

「閉ざされた国から”侍”が出て来たか!!会ってみてェもんだ!!!」

 

大海賊ゴールド・ロジャー・・・その人である!!

 

ワンピース 964話/感想

おでんの魅力が凄過ぎてやばいな!

おでんを主人公に漫画が出来るくらいの器よな!

 

次回に続く・・・!!

 

ワンピース 965話はどうなる?

まだまだ過去編が続きそうだけど、不思議と飽きないのはおでんの魅力なんだろうなぁ。


 

ワンピース/関連記事

◇前回

ワンピース ネタバレ感想 963話 「侍になる」おでんと若かりし白ひげ

 

◇次回

 

◇まとめ

ONE PIECE(ワンピース)ネタバレ

オススメ記事

-ONE PIECE(ワンピース)

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.