https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 184話 「戦線離脱」炭治郎死亡!!鬼化で復活か

更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ感想 184話 「戦線離脱」

鬼滅の刃 184話 ネタバレ感想!

2019年11月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ52号掲載!

 

愈史郎の力によって、無惨や柱たちは地上へ投げ出された。

無惨が力で殺せない以上、陽に晒す以外にないと考えてのことだが、

タイミングというものがある・・・

 

ハッキリ言って今このタイミングで無惨を地上に出したのは完全に悪手であるといわざるを得ない。

 

鬼滅隊の中に隠し戦力でもない限り、生き残った柱の全戦力を投じたとて、

勝てる云々以前に、無惨をその場に留めて置くことも難しいだろうに。

 

■前回 第183話「鬩ぎ合い」はこちら

鬼滅の刃 ネタバレ感想 183話 「鬩ぎ合い」無惨ブチギレ!!

 

184話のネタバレ前半

外に出たのはいいが、場所は市街地!

隠れる場所、陽から逃げる場所はいくらでもある・・・

無惨にとっては幸運この上ない。

 

逆に柱たちにとっては最悪極まりない。

なんせ立地もそうだが、夜明けまで1時間半もあるのだ。

 

あのブチギレ無惨を相手に1時間半も戦い続ける?

絶対に不可能やろ!

仮に追い詰めたとして、無惨が全力で逃げるなり隠れるなりしたら、

もう打つ手ないやろ・・・

 

瓦礫から姿を現した無惨は、相当頭に来ている。

甘露寺蜜璃と伊黒小芭内、冨岡義勇の三名は、無惨の攻撃をかいくぐり、

何とか少しでも肉体を切り刻み、弱体化を狙うが・・・

無惨の肉体の再生速度は常軌を逸しており、斬った側から回復するため、

まるで斬れていないかのような錯覚に囚われるほどである。

100のダメージを与えると同時に9999回復するようなもの。

 

こんなラスボス相手に勝てる道理がない。

まぁ、ぶっちゃけ勝たなくてもいいのだ。

1時間半、無惨をその場に留めておけさえすれば勝ち確。

 

しかし、果たして本当に1時間半も無惨を引き止められるのか?

悲鳴嶼行冥や不死川実弥が加勢したとて、本当に状況がひっくり返るとは思えないのだが・・・


 


184話のネタバレ後半

斬ったそばから回復する無惨。

想定外の事態に、間合いを踏み込みすぎた柱たち。

絶体絶命!!

 

すると、他の鬼殺隊の剣士たちが、身を呈して柱を攻撃から庇ったではないか。

 

柱を守る肉の壁・・・

死を恐れず盾になろうとする剣士たち。

 

「今までどれだけ柱に救われた!!

 柱がいなけりゃとっくの昔に死んでたんだ!

 臆するな戦えーーーっ!!」

 

すげぇ覚悟だが・・・稼げる時間なんて1分にも満たないだろうに。

 

「駄目ーーー!!みんなやめて!!」

 

甘露寺の叫びも虚しく、剣士たちは切り刻まれていく。

すでに手負いの炭治郎も、皆に続こうと駆け出すものの・・・

突然視界が歪み、転倒・・・吐血し、苦しみ出した。

 

「即死できた者は幸運だ。

 即死ができなくとも私に傷をつけられた者は終わる。

 あれを見るがいい」

 

『!!』

おうふ・・・

炭治郎の斬られた顔が、異形に変貌しているではないか。

 

「私は攻撃に私自身の血を混ぜる。

 鬼にはしない。大量の血だ。

 猛毒と同じ細胞を破壊して死に至らしめる」

 

「竈門炭治郎は死んだ」

 

鬼滅の刃 184話/感想

ついに炭治郎が死んでしまった!

まぁ・・・少年漫画で主人公が死んで復活する展開はよくある話だが、

果たして鬼滅の刃という物語において、この死を覆す展開なんてものはあるのだろうか?

 

可能性があるとすれば愈史郎かな。

彼の鬼の力で何とかするのかな。

んで、鬼化した炭治郎が超絶パワーで無惨と渡り合う展開かなー。

 

もしそうだとするなら、若干興ざめではあるけども・・・

少なくとも無惨の血による鬼化は無いと自身で語っているから、

可能性があるとすれば愈史郎よな。 

 

次回に続く・・・!!

 

鬼滅の刃 185話はどうなる?

柱総力戦の開始か。

てか傷一つ負えないって時点で負け確定やろ。

だって上弦の壱でさえ無傷では勝てなかったわけだしな。

こんな絶望的なラスボスって久々やの!


 

鬼滅の刃/関連記事

◇前回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 183話 「鬩ぎ合い」無惨ブチギレ!!

 

◇次回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 185話 「匂いのない世界」禰豆子参戦!!

 

◇まとめ

鬼滅の刃ネタバレ

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.