https://www.sirolog.com

アクタージュネタバレ

アクタージュ ネタバレ感想 91話 「夜凪のために」武光…飲まれる

更新日:

アクタージュ ネタバレ感想 91話 「夜凪のために」

アクタージュ 91話 ネタバレ感想!

2019年11月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ52号掲載!

 

第二幕が始まり、ついに武光と市子が舞台に立つ!

自身にとっても大舞台である以上、失敗は許されない!

果たして武光と市子は稽古と同じパフォーマンスを発揮できるのか!?

 

■前回 第90話「鏡」はこちら

アクタージュ ネタバレ感想 90話 「鏡」白石さんの演技の凄さ!

 

91話前半のネタバレ

ようやく出番を迎えた武光と市子。

夜凪を支える・・・その一心で舞台に上がった武光だったが、厳しい現実を突きつけられる事に。

 

三蔵の言葉に揺れる羅刹女。

そんな中飛び出してきた八戒と悟浄。

 

これにより羅刹女は再び敵意をむき出しにするのだが・・・

威圧的な夜凪を前にして少し飲み込まれ始める武光。

 

武光は、主役である夜凪を引き立てるべく、殺陣でも派手にやられてみせる。

受身も取らず、派手さを優先する献身的な芝居・・・!

 

舞台に上がる前に袖で王賀美陸にアドバイスを受けていた武光。

観客席の少女のリアクションを指針に演技をしているのだが・・・

概ね理想の形にはもっていけている。

 

しかし、どうも違和感があるようだ。

武光はその違和感を気のせいだと自分に言い聞かせるが、

すぐにその違和感の正体に気づいてしまった。

 

(対峙するだけで足がすくむ。

 なぜ今気づいたこのプレッシャーに・・・!

 これが違和感の正体だっ・・・

 

 !・・・違うそうじゃない。

 気づいたやっと・・・

 本当の違和感の正体・・・)


 


90話後半のネタバレ

(夜凪の視線の先に俺がいない。

 初めから蚊帳の外・・・!

 対峙してると思っていたのは俺だけ・・・!!)

 

「そりゃそうなるだろ。

 どこの世界にモブを相手にする役者がいる。

 景の芝居に当てられたか。

 手前からモブに成り下がりやがって」

 

舞台袖から様子を伺う王賀美陸の辛辣な一言。

 

「彼は無意識に他人に気を配り、自分の役割を図るきらいがあります。

 天性のバランサー・・・人の良さが裏目に出ましたね。

 主演のために自分の存在の主張を諦めてしまっている」

 

「俺は俺を前にしてああなる役者をごまんと見てきた。

 自らモブを演じれば一生名無しのまま消えてゆく。

 それが役者だ。

 

(今日初めて体感した。客に無視される屈辱・・・

 あれを受け入れた者から終わっていくんだよ役者ってやつは)」

 

「覚悟しろよ武光。

 お前にとって今日がその日になるぞ」

 

(何がお前を支える・・・何がお前を目立たせる・・・

 俺はいつからお前の隣に立つ事を目標にしてしまったんだ!!)

 

(いつの間に夜凪・・・お前はこんなにも遠くに!!)

 

そこに気づいたのはよし。

問題はココからどう挽回するかだな。

 

アクタージュ 91話/感想

一度飲み込まれてしまった武光は、今日の舞台中の建て直しは厳しいかもしれないな。

本番というプレッシャーの中、自分との戦いまで・・・厳しそうだな。

 

次回に続く・・・!!

 

アクタージュ 92話はどうなる?

王賀美陸さえ夜凪に飲まれそうになってたわけだし、相当なキャリアと才能がなければ、天才の気迫のまえに押し負けるのは、ある意味しょうがない気もするが・・・

何とか巻き返して欲しい物だな。

 

鍵は市子と白石か。


 

アクタージュ/関連記事

◇前回

アクタージュ ネタバレ感想 90話 「鏡」白石さんの演技の凄さ!

 

◇次回

アクタージュ ネタバレ感想 92話 「我武者羅」武光覚醒なるか

 

◇まとめ

アクタージュネタバレ

オススメ記事

-アクタージュネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.