https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

弱虫ペダル ネタバレ感想 568話 「加速する吉丸!!」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 568話 「加速する吉丸!!」

弱虫ペダル 568話 ネタバレ感想・考察!

2019年11月21日発売の週刊少年チャンピオン51号掲載です。

 

吉丸雷音が雉弓射に若干のリードを保ちながら3周回目に突入!

このままリードを保ちつつ最後まで駆け抜けられるのか!?

インターハイ2連覇の皇帝が、ここで終わるとは思えない!

 

油断は大敵だ!!

 

■前回 弱虫ペダル 567話 「つなげた想い」はこちら

弱虫ペダル ネタバレ感想 567話 「つなげた想い」

 

568話のネタバレ前半

勢いに乗る雷音!

僅かなリードとはいえ、チェイサー(追いかける男)が皇帝を従える形になっている。

 

「く!!」

 

弓射は余裕があるのかと思いきや、その表情には余裕はないように見受けられる。

1周目や2周目での追う展開は、まだ体力に余裕があるため、何とかなるのかもしれないが、3周目にもなれば体力や脚力はかなり消耗している。

 

当然焦りもあるのだろう。

 

そんな中、雷音は容赦の無い加速をする。

普段より1枚上のギアを踏み込む。

ギアを上げれば、ペダルは重くなるがその分速く走れる。

 

ここで一気に引き離そうというのか!?

弓射も遅れて反応するが、すでに雷音との差は50mにも引き離されている。

 

(やるね吉丸ちゃん。

 このコース・・・スタート直後から林セクションまでゆるい登りになってる。

 1周目、2周目は難なく走れても、3周目あたりからだんだん”脚にくる”。

 

 けど、”見通しがいいから仕掛けてこない”・・・

 この登りは安全にいって、仕掛けるなら林エリアに入ってからだろう)

 

「って、その読みをひっくり返して”ここ”で来た!

 真正面から闘う姿勢!!それが吉丸ちゃんの弱点!!

 であり、最大の強みだ!!」

 

ジグザグの林エリア・・・雷音と弓射が正面から合わせる!


 


568話のネタバレ後半

「どうした皇帝ヤロウ。差ついてるぜ」

「つけさせてやってるんだ」

 

「とか何とか強がり言って涼しいカオしてるけど、

 内心焦ってんな」

「!」

 

「さっきから・・・

 『ヨン』が言えてねーぜ!!

 

吉丸の指摘で動揺に拍車がかかったか、

なんと林セクション360°ターンで弓射がスリップ!!

あの滑らないに定評のある男がだ。

 

それだけ焦ってるってことか。

 

MTBは個人競技故に、レース中の仲間の助けがない分、

ロードレースよりも自身のメンタル要素がかなり重要のようだ。

 

弓射の焦りは観客たちも感じ取り、そして不安に変わっていった。

皇帝は絶対王者ゆえの称号。

 

負けるはずがないと信じてやまない中での2位・・・

果たしてこのまま皇帝は負けてしまうのか!?

 

そうこうしている間に雷音が4周回目に突入!

このままミスがなければ差は埋まらない気がするが・・・

 

レースは7周で決まるようだが、鈴音はまだ勝利を確信してはいない様子。

まだ状況がひっくり返る可能性は十分にあるってことなのか。

 

「あの雉には皆が口にする”伝説のレース”があるのよ」

「!」

 

鈴音の言う”伝説のレース”とは・・・!?

大逆転劇ってことなのか?

 

・・・・・

・・・

 

「ヨン♪ヨン♪

 ホント吉丸ちゃんは真っすぐ・・・

 『ヨン』が出なくなってるなんて・・・教えなきゃいいのにヨン♪

 

 おかげで冷静に戻れたヨン。

 そういうところがキミの弱点なんだ!!」

 

弓射が再び冷静さを取り戻した!!

レースはまだ分からないぞ・・・!!

 

弱虫ペダル 568話/感想

まぁ・・・インハイ2連覇の男がこの程度なハズはないよな。

果たして弓射はどんな手を使って、この差を埋めにかかるのか。

 

次回に続く・・・!!

 

弱虫ペダル 569話はどうなる?

雷音のミスがないのであれば、単純に弓射自身が今よりも速くなる必要性がある。

ギアを一段階上げていくのか!?

雷音にアクシデントもなくはないだろうからなぁ。

スリップエリアは特にね。


 

弱虫ペダル/関連記事

◇前回

弱虫ペダル ネタバレ感想 567話 「つなげた想い」

 

◇次回

弱虫ペダル ネタバレ感想 569話 「焦りと笑み」

 

◇まとめ

弱虫ペダルネタバレ感想

弱虫ペダルネタバレ全話感想まとめ

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.