https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 183話 「鬩ぎ合い」無惨ブチギレ!!

更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ感想 183話 「鬩ぎ合い」

鬼滅の刃 183話 ネタバレ感想!

2019年11月18日(月)発売の週刊少年ジャンプ51号掲載!

 

愈史郎の活躍もあり、無事に甘露寺蜜璃と伊黒小芭内が炭治郎たちに合流!

少なくとも、即全滅の危機は免れた。

しかし、怒りのあまり愈史郎は城の崩壊を目論む。

 

確かに頸を切断することでは倒せない無惨を倒すには陽の下に晒すほかはない。

今まさに陽が出ているので有効といえよう。

しかし、現状まだ陽が出てないうちでは、かえって逃げられる可能性があるのでは?

 

果たして無惨をその場に留めておくだけの力が柱に残っているのだろうか?

 

■前回 第182話「激怒」はこちら

鬼滅の刃 ネタバレ感想 182話 「激怒」愈史郎ブチギレ!!

 

183話のネタバレ前半

愈史郎は無惨を城の外に出すため、鳴女を操り血鬼術の空間転移を連続で使用。

当然だが、無惨の周りにいる炭治郎たちも同時に移動させられる。

相当な移動圧がかかるようだが、無惨は涼しい顔。

 

だけど、攻撃をしかけてこないのは、実は平静を保つのに精一杯なのか?

 

炭治郎たちは移り変わる部屋に対応するのでやっとと言った感じ。

無惨が攻撃をしてこない理由・・・

それは愈史郎を相手にしていたためのようだ。

 

遠く離れた愈史郎を直接攻撃する事は出来ない。

しかし、操っている鳴女を通して、無惨は愈史郎の細胞を吸収し始めた。

 

鳴女を操る際、自身の指を鳴女の頭に突っ込んで繋がっているため、

回避はできない。

 

愈史郎が指を抜けば吸収は免れても、鳴女の操作は出来なくなる。

 

「あああああああ!!」

「邪魔だ!!消えろ!!」

 

愈史郎と無惨の根競べ!!

そんな中、ようやく伊黒小芭内と冨岡義勇が無惨に対し技を放つ!

当然決定打にはならないが、無惨の集中力を削ぐことにより、

愈史郎に対する攻撃は弱まる。

 

攻撃が弱まれば愈史郎はいっそう、城から無惨を排出しようと行動する。

 

この状況に無惨の選んだ道は・・・

鳴女の滅殺!!

 

無惨自ら鳴女の頭を潰した。

遠距離からでもそんな芸当が出来るか・・・

 

しかし、コントロールを失った血鬼術・・・城の崩壊は免れなくなってしまったようだ。

愈史郎は細胞が完全に死滅するまでの僅かな時間、何とか無惨と残りの隊員を外へ出すべく尽力する。

 

このまま城が崩壊すれば、全員生き埋めになるからな・・・


 


183話のネタバレ後半

ブチギレた無惨の容赦ない”撓る腕”による広範囲の高速攻撃!

比較的元気な柱たちはともかく、炭治郎は攻撃をかわせず負傷を繰り返す!

もう完全に足手まといになっている!

 

ケガはないものの、城の崩壊の状況と無惨の恐怖で

若干パニック状態にある甘露寺蜜璃は、ちょっと戦力になってない状況だ。

それどころかあわや死ぬところを炭治郎によって救われる場面も。

 

(忌々しい餓鬼め!!)

その後、愈史郎の頑張りにより、城の崩壊前に隊員たちは無惨と共に外に投げ出された。

 

果たしてこれが功を奏するのか?

全員で無惨を引きとめられれば鬼殺隊の勝ちだが、

まだ夜明けまでどの位時間があるのかわからないからなぁ・・・

 

無惨の実力が城の中で見せた程度であるならば、何とか耐えられそうな気がしないでもないけど・・・

 

絶対まだ全力じゃないでしょ・・・

 

鬼滅の刃 183話/感想

無惨を追い詰めている感じはあるけど・・・

それが逆にヤバいことになりそうよなぁ。

 

果たして総力戦・・・勝てるのか?

 

次回に続く・・・!!

 

鬼滅の刃 184話はどうなる?

城が崩壊、まずは隊員たちの安否確認・・・そして無惨の現状確認だな。

もしかすっと、このドサクサに紛れて、最初の犠牲者が出るかもしれん・・・

なんかそんな気がするんだがなぁ・・・


 

鬼滅の刃/関連記事

◇前回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 182話 「激怒」愈史郎ブチギレ!!

 

◇次回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 184話 「戦線離脱」炭治郎死亡!!鬼化で復活か

 

◇まとめ

鬼滅の刃ネタバレ

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.