バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

アクタージュネタバレ

アクタージュ ネタバレ感想 90話 「鏡」白石さんの演技の凄さ!

更新日:

アクタージュ ネタバレ感想 90話 「鏡」

アクタージュ 90話 ネタバレ感想!

2019年11月18日(月)発売の週刊少年ジャンプ51号掲載!

 

第一幕は王賀美陸の活躍もあり、何とか無事演じきることが出来た。

そしていよいよ三蔵一行の登場する第二幕が始まる!!

果たして脇を固める武光たちは夜凪に呑まれず力を発揮できるのか!?

 

■前回 第89話「海の中」はこちら

アクタージュ ネタバレ感想 89話 「海の中」

 

90話前半のネタバレ

第二幕のストーリーとしては、悟空にまんまと騙され芭蕉扇を奪われた羅刹女が、

単身三蔵一行に立ち向かうというもの。

 

第一幕の流れから、悟空がむしろ敵役のような雰囲気を出したため、

観客は羅刹女に対し同情の感情が強まっている。

 

そんな羅刹女を相手に芝居をする事になる三蔵役の白石、八戒役の武光、悟浄役の市子。

第二幕で鍵を握るのは三蔵役の白石さんのようだ。

 

夜凪の覚悟は無駄にしないと笑みを浮かべる優男。

一体どんな演技をしかけるのか?

幕が上がり、禍々しい炎に包まれた火焔山の舞台セットが露になる。

羅刹女は観客席側から現れ、舞台へと進む。

 

そこに待ち受けているのが三蔵法師・・・

羅刹女と三蔵の一対一のやり取りが始まる。

 

夜凪の威圧感はそのままに・・・並の役者ならば気圧されそうな中、

白石は全く気圧される事無く演技を続ける。

 

「自分に宿る炎の鎮め方は知らないのですね」

「!・・・盗っ人が説教か!!」

 

微妙に今の夜凪自身の心情ともリンクした台詞か。

怒りの感情も素に近い物が出るな。

 

現に夜凪の迫真の演技に、観客は恐怖を感じている。

並の役者ならば、この迫力に気圧されるが、白石さんは問題なさそうだ。


 


90話後半のネタバレ

「あなたの敵は本当に私ですか」

「!・・・」

 

羅刹女が怒りを露わにすればする程、苦しむのは自分自身・・・

まるで鏡のように羅刹女の怒りを跳ね返しているみたいだった。

 

白石の芝居に対し、阿良也もスゴイと認めるほど。

黒山墨字いわく、白石さんは元々善人役が多かったそうだ。

見た目が善人っぽいという理由でだ。

 

しかし、最近では仁侠映画御用達のヒール俳優だそうだ。

 

「優しい笑みで強面たちを相手にする

 あの異質な恐ろしさは真似できるようなものじゃない。

 

 つまり、あの人は

 

 誰がきいても、その言葉に正しさを感じさせる役者。

 正論ってのは時に暴力より強いもんだ。

 労せず羅刹女を苦しめさせられる唯一の人だよ」

白石さんの積み上げてきた10年の月日。

ちゃんと形になって結果を出している。

 

そんな先輩の芝居を見て武光は思う。

 

(皆、才能と経験を持っている。

 俺はどちらも持っていない。

 だが、役者にはきっともっと大切なものがあるはずだ。

 そうだろ夜凪)

 

「流れは白石さんが作ってくれた。

 出番ですよ武光君」

「はい」

 

(夜凪・・・お前の必死に応えたいと俺は言った。

 だが本当は、今日は俺の日だとそう思っている)

 

アクタージュ 90話/感想

ふぅむ白石さんイイ芝居したな!

武光と市子も後に続ければいいんだが・・・

なんか武光が空回りしそうな雰囲気出してるのが気になる・・・

 

このまま何事もなくいってくれよ!

 

次回に続く・・・!!

 

アクタージュ 90話はどうなる?

武光のこのギラついた感じがキッチリ結果として出ればいいんだろうけど・・・

なんか失敗するんじゃないか?って雰囲気でヤベェ気がしてる(((( ;゚д゚)))


 

アクタージュ/関連記事

◇前回

アクタージュ ネタバレ感想 89話 「海の中」

 

◇次回

アクタージュ ネタバレ感想 91話 「夜凪のために」武光…飲まれる

 

◇まとめ

アクタージュネタバレ

オススメ記事

-アクタージュネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.