バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 182話 「激怒」愈史郎ブチギレ!!

更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ感想 182話 「激怒」

鬼滅の刃 182話 ネタバレ感想!

2019年11月11日(月)発売の週刊少年ジャンプ50号掲載!

 

鬼舞辻無惨のあまりの身勝手さに怒りが頂点に達した炭治郎。

怒りの感情の行き着く先は、とても冷たい感情・・・

炭治郎が生き物に対し、ここまで冷たい感情を露にしたことは初めてだった。

 

■前回 第181話「大災」はこちら

鬼滅の刃 ネタバレ感想 181話 「大災」無惨に炭治郎ブチギレすぎて目が死ぬ

 

182話のネタバレ前半

無惨が頸を斬っても死なない以上、倒す方法は陽の下に引き摺り出すしかない。

そのためには、戦力を集め、夜明けまで戦いぬかねばならない。

 

炭治郎は、少しでも有益な情報を引き出し、それを後続の仲間達に伝える事を肝に命じる。

 

そんな中、戦いの口火は唐突に切られた。

無惨の先制攻撃・・・!!

奴の腕は刃のように研ぎ澄まされ、それでいながら鞭のように撓り、炭治郎たちに襲い掛かる。

 

とてつもなく速い攻撃に、炭治郎も冨岡義勇も苦戦を強いられる。

だが、何とか対処できる範疇ではあるようだ。

 

しかし、これがよくなかった。

炭治郎は、攻撃を感覚頼りでかいくぐり、無惨を斬れる間合いまで踏み込んでしまう。

 

さらに至近距離からの攻撃もかわし、こう思った。

 

(避けられた!!いける!!)

 

しかし、その慢心が最悪の結果をもたらすことに。

 

突如グラつき、その場に倒れる炭治郎。

 

「あ・・・?」

 

一瞬何が起きたのかわからなかったが、すぐに攻撃を食らったのだと理解する。

炭治郎は右目を斬られてしまったのだ。

 

「間合いを詰めるな!!斬り込まなくていい!!

 無惨の力は上弦の非ではない!!」

 

冨岡義勇が炭治郎の身を抱え、何とか間合いから離れようとするが、

そもそも今いる部屋・・・どこにいようが無惨の間合いだろう。

 

遮蔽物もない中、攻撃を避け続けるのも限界はあるだろうな。

 

「時間稼ぎ・・・夜明けまでか?

 光届かぬこの城の中、”柱三人”でそれは可能なのか?」

 

『!?』

 

「縞の羽織りの柱と女の柱はすでに、私の部下が殺したようだぞ?」

 

上弦の肆の視覚を共有する無惨。

その目に映るのは恋柱・甘露寺蜜璃と蛇柱・伊黒小芭内の無惨な死体。

 

無惨の言葉に少なからず動揺を覚える二人。 


 


182話のネタバレ後半

冨岡義勇は炭治郎を投げ飛ばし、無惨の一撃を何とかかわす。

炭治郎も足手まといにならないように必死だ。

 

片目が潰されながらも、嗅覚に頼り状況の打開を試みるが、

無惨の息つかせぬ攻撃の前に、呼吸が続かない。

 

さらに悲劇は続く。

 

無惨の攻撃に集中するばかり、周りが全く見えてなかった炭治郎は、

いつの間にか壁際に追い詰められていた。

壁に衝突し、初めてそれに気づく炭治郎。

 

「炭治郎ーーーーーっ!!」

 

義勇の叫びで気づく。

目の前には無惨の腕が迫っていた。

 

(そんっ・・・な・・・!ああっ!!駄目だ!!)

 

諦めかけたその時だった!!

 

「やめなさいよーーーー!!」

 

無惨の上空から恋柱・甘露寺蜜璃登場!!

決して動揺しなかった無惨が、初めて驚きの表情を見せる。

 

当然と言えば当然・・・!

死んだと思っていた者が生きて現れたのだからな。

 

しかし、甘露寺の奇襲の攻撃も無惨にはダメージ0。

やはり無惨を倒すには陽の下に晒す以外ないようだな。

 

甘露寺蜜璃が生きているという事は、当然この男・伊黒小芭内も生きていた。

炭治郎を抱え、邪魔にならない場所へ移動させる。

 

(何故殺したはずの此奴等が此処にいる?

 どういうことだ鳴女)

 

「何をしている鳴女!!」

 

パワハラ上司の咆哮!!

 

「何をしているかだって?操っているんだよ。この女の視覚を。

 無惨、お前はこの世で最も重い罪を犯した。

 俺から珠世様を奪ったこと後悔して跪け!!」

 

怒りの愈史郎!!

鳴女の頭に両手の指を突っ込み、操作しているようだ。

無惨が見た二人の死体も愈史郎が操って魅せた幻。

 

(城全体が揺れてる・・・いや撓んでる!?)

 

「今からお前を地上へ叩き出してやる!!」

 

アカンて。

 

鬼滅の刃 182話/感想

愈史郎がこのまま無惨を城の外に出すのは悪手だと思う。

方法としては間違っていないが、それは夜明け前ギリギリを狙うべきだろう。

場所にもよるかもだが、逃げられたらどうするんだ・・・

 

次回に続く・・・!!

 

鬼滅の刃 182話はどうなる?

愈史郎が鳴女の力で無惨たちを城の外に出す展開になるのだろうか・・・

無惨としては目の前の柱より、今は愈史郎が脅威になってるわけで、

もしかすると戦線を離脱し、愈史郎を殺しに迎い、柱たちはそれを阻止・・・

という流れになるかもしれないね。


 

鬼滅の刃/関連記事

◇前回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 181話 「大災」無惨に炭治郎ブチギレすぎて目が死ぬ

 

◇次回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 183話 「鬩ぎ合い」無惨ブチギレ!!

 

◇まとめ

鬼滅の刃ネタバレ

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.