バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

ニュース

【国税局】鬼木仁史「お前の人生は潰す」元青汁王子三崎優太脱税事件真相激白!

投稿日:

この日本は腐敗しきっている!元青汁王子・三崎優太が語った鬼木仁史の汚すぎるやり方と森友問題について激白!

1億8000万円の脱税をしたとして逮捕された元青汁王子こと三崎優太氏が、

自身のツイッターやYouTubeで脱税事件の謝罪と、その事件についての知られざる真実等を語っていたので、拡散の意味でも協力したいと思い記事にします。

 

どちらの肩を持つわけでもなくニュートラルな状態で、三崎優太氏の話を聞いていたけど、

まぁ、実際問題ありえる話だと思いました。

 

こちらの動画を元に、少し抜粋しながら書いていこうと思います。

 

私服を肥すための脱税ではないということ

まず三崎優太氏が脱税したとされる『1億8000万円』という大金。

その額だけを見れば、一般的観点からは、相当な金額です。

しかし、彼にとっての1億8000万円は、それほど大きな額ではないという事実があります。

 

現に彼は14億4000万円もの税金を国に治めているわけで、

1億8000万円を脱税する理由がないわけです。

 

では、なぜ1億8000万円を脱税する事になったのか?

動画では、そこのところには触れていませんでしたが、本人のツイッターによれば、

どうやら仕事仲間の『加藤豪』なる人物に騙された結果のようです。

 

広告費の名目で金を加藤豪に振り込み、その際に加藤豪が

『責任をもって納税する』と約束するも、結果納税されておらず、

これが脱税になってしまったようなのだ。

 

加藤豪とは5、6年の付き合いという事もあり、信頼していた部分もあったが、

結果は裏切られてしまったと・・・こういうことです。

 

こんな形であっても、結果として脱税容疑として逮捕される。

法治国家故に、クロと言われればシロでもクロになる。

それが現実なのでしょう。

 

逆に森友学園問題で、問題になった佐川氏は、公文書改竄や、

国会でのウソの答弁など、真っ黒にも関わらず何の罪にも問われない。

こんな不公平で理不尽がまかり通っている事に対し、問題提議をしているのが動画の後半部分です。

 

鬼木仁史のやり方

国税局査察32部門の鬼木仁史という人物に取り調べを受けた三崎優太氏。

三崎優太氏が「納税されていなかったのであれば、すぐ修正して納税する」と、

鬼木仁史に告げると、「修正には応じない」この一点張りだったそうだ。

 

鬼木仁史は三崎氏に対して高圧的な態度で、こう言い放ったという。

 

「今認めなければ、お前の人生は絶対に潰す」

 

「高齢で体調の悪い祖父母のところへ行くぞ」

 

そう脅しにかかったそうだ。

何が何でも氏が私服を肥すために意図的に脱税したと認めさせたかったというのだろうか?

 

そのためには何をしても許されるとでも?

 

1年もの長い期間、彼と、彼の親族は国税局の執拗な取調べを受けて来たようだ。

もちろん、体調の悪い祖父母の下へも何度も国税局の人間が押しかけたようだ。

 

やってることは暴力団や893と何も変わらない。

事実を事実としては認めず、彼らの描くシナリオに応じなければ、

まさに人生を潰す勢いである。

 

実際、無実の罪を認めさせられている人間も沢山いるので、十二分にありえる事だと思う。


 


情報操作もお手の物

「税金を払いたくなかった」などと、真実とはかけはなれた理由をマスコミに伝え、

それが報道される。

そうなれば、それを耳にした国民は彼の印象をガラリと変えるのは言うまでもない。

 

結局のところ、我々はマスコミの報道を信じてしまいがちですからね。

真偽を確かめようもないですし、今回のように本人の口から真実が語られない限り、

マスコミの言葉を鵜呑みにするしかありません。

 

実に汚いやり方だ。

まさに人生を壊そうとしているわけだね。

とにかく国税局は、彼を悪者に仕立て上げたかったようだ。

 

青汁王子の評価はまさに一変。

ネットでも叩かれ、ゴキブリ扱い・・・たまらんでしょうね。

 

とにかく取り調べ等で精神的に追い詰められた1年間・・・

彼はマルタ共和国に移住を決断。

しかし、移住後・・・わずか1ヵ月後に逮捕される形になってしまったようだ。

 

高圧的な取調べ、悪意のある情報操作、取り調べ内容の漏洩・・・

あらゆる手段を講じて三崎優太氏に『凶悪脱税犯としてのレッテル』を貼りたかったようだけど・・・

 

彼は全ての取調べの録音データを持っているそうです。

故に、これだけ強気に動画公開も出来ているのでしょう。

裏付ける証拠があれば、ウソでない証明も出来ますからね・・・

 

ただ、国税局に立ち向かって、彼や彼の周辺が無事で済むのか心配は心配ですよね。

今回の動画で、国民の支持を得たり、国税局の真実も垣間見えたとはいえ、

彼らにとって、それがダメージかどうかというと、そこまで痛くない気もする。

 

森友学園問題

当時の国税局長官だった佐川宣寿が公文書の改竄、国会でのウソの答弁。

許されざる行為をしながらも、何の罪にも問われず、現在も何事もなかったかのように、天下り先で過ごしている。

 

何故不起訴処分になったのか?

 

佐川氏が「価格交渉はしていない」などと、国会で答弁した内容に合わせるため、

事前に部下から報告があり、了承したと関与を認めている。

 

しかし、虚偽公文書作成罪は、

『権限を持つ者が文書の趣旨を大幅に変えることが成立要件とされており、

 契約金額や方法など根幹に変更がないため』不起訴にした。

 

国有地売却価格については、学園がごみによる開校の遅れを理由に

国に損害賠償を求める意向を伝えたので、ごみ処理を巡るトラブルや

賠償請求を避ける意図があったとし、

国に賠償請求できない特約が契約に盛り込まれたことも考えれば、

国に損害を与える目的はなかったと判断した・・・だそうです。

 

一方で、小さな傷口を無理矢理こじ開け、大犯罪者に仕立て上げたかと思えば、

身内の不祥事は大きな傷口でも無理矢理塞いで無かったことにする。

 

これが権力って奴なんでしょう。

弱い者は強い者にねじ伏せられ、シロもクロと言えばクロになり、

クロもシロと言えばシロになる。

 

日本人はよくも悪くも大人しいから、何万、何十万、何百万もの人間が立ち上がり、

暴動に発展する事も無い。

 

国民は選挙にも行かないし、いった所で何も変わらない現実がある。

 

そんな中でも、一石を投じようとしているのが三崎優太氏なのだろう。

脱税問題を意図せず起こしたことにより味わった地獄・・・

その経験を無駄にしないためにも、現実に起こっている事を我々に周知させる試みは、

個人的に応援したいと思いました。

 

まとめ

国民一人一人が、今一度目を向け、おかしい事におかしいと突きつけられる世の中になればいいとは思うが、正直今の世の中、自分が生きていくだけで必死なんだろうね。

心も懐も全然余裕ないから、追求する気力もなかなか出ない気がする。

 

森友学園問題はじめ、政治家の不祥事に怒りを持ったとしても、

自身の生活を優先するのは当然で、そこに全部もってかれちゃってるよね。

 

さらに10月から増税・・・

ますます余裕が無くなっていくと思います。自分も含め。

だから、少しでも生活に余裕がある人は、問題に立ち向かって欲しいですね。

 

自分はこのくらいしか出来ませんが。

三崎優太さんファイト!


 

オススメ記事

-ニュース

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.