https://www.sirolog.com

日記

【悲報】DaiGoブチギレ!正論と言いつつ決めつけ理論で金稼ぎ!それに誰も気づかず大絶賛!

投稿日:

DaiGoは心底メンタリスト。根底にはマスゴミ同様に金稼ぎ。それに気づかない民衆

DaiGoのYouTube放送聞いてみましたけど、何言うんだろうと思ったけど、

所詮は根拠のない感情論・・・

確かにマスコミが行うであろう事は想像に難くないですが、気持ちの上で全ての記者が金稼ぎのためではないだろう。

 

それに実名報道に対して、誰も情報を欲してないって決めつけて語ってたけど、

自分は知りたいよ。

 

そんなに深い付き合いでもないが、顔や名前を知ってる同級生が、

その事件に含まれていたかもしれない、その事実を知らずにずっと過ごすってのも、

悲しいと思わないですか?

 

そんなに近況を知るほどの仲じゃなきゃ悲しんでもいけませんか?

自分は専門学校出なので、同級生の中にもアニメーターやゲームクリエイターの方もいます。

 

そんな彼等が、自分の中では今も元気と思っていても実は亡くなっているかもしれない。

少なくとも今回の実名報道で、自分の知人の名がそこにないことを、

不謹慎ながらに安堵しました。

 

別にマスコミだけの利益ではない。

その決めつけ事態がDaiGoの視野の狭さだと思う。

 

とはいえ、自分も遺族が望まない発表まで知ろうとは思わない。

今回も遺族の大半が実名報道を止めて欲しいという中で報道したことに関しては、

やはり京都府警もマスコミもアウトだとは思う。

 

ただ一方で、個人的に知れたことで知人の安否が確認できた。

それもまた事実なのです。

同じ気持ちの人・・・少なからずいると思う。

 

そういう人の気持ちに気づけない、気づこうとしないで自論をまくしたてるのが彼のやり方なのか。

 

結局金稼ぎかよ


これはシステム上、DaiGo自身にはどうにもできないのかもしれないが、

YouTubeでも投げ銭が多く見受けられた。

それをDaiGo自身が望んでいるのか望んでいないのかは判らないが、

結局、事実としてこの動画で金を稼いでいるわけだ。

 

正論をまくし立て、それに共感する人から絶賛され、金を得る。

結局メンタリストDaiGoでしかないのだなと。

 

多分、これがまったくの金の稼ぎにならない動画配信であれば、

もっと印象は違ったと思うが、結局こいつ正論はいってるけど、その根底にあるのは金稼ぎだなと。

 

人の死を金に変えるクズ共を叩いて金稼ぎしてるDaiGoさん。

金を稼ぐなとはいわんし、別にええねんけど、個人的なDaiGoの見方としては、

何を言おうがメンタリストDaiGoだなと。

 

感情的に見せてるけど、それは民衆のコントロールでしかなく、

結局すべては人気と金に置き換わってしまうんだよなぁ。

 

ホントバカばっかりでDaiGoも稼ぎやすいだろうね。


 


メチャクチャブーメランでわろた

「自分が権力を持ったところを想像するだけで、

 人間は自分勝手な考えを持つようになって、視野がメチャクチャ狭くなるんです。

 視野が狭くなって自分視点でしか物事を考えられない」

 

ってDaiGoは15分頃のところで喋ってるけど、

それまさにお前さんのことやんけw

 

視野がメチャクチャ狭くなってるのにまるで気づいていない。

 

「言っても聞かないです。奴等気づいてないから!」

 


まぁ・・・

とりあえずDaiGoが言ってるマスコミの対応も、今までの事を見ていれば、

確かにそうなるだろうというのは判らないでもない。

 

しかしながら、今回の一件は歴史的に見ても、そうはない事件ですよ。

さすがのマスゴミの皆さんも本当に配慮できると個人的には思ったんだけどね。

 

それでもやっぱり遺族に張り付き、取材し、泣かせるのかな。

そういうのはその記者のモラルの問題であり、マスコミ全体に対してのバッシングもどうかとは思うけどね。

 

結局、DaiGo自身マスコミの取材現場に全て立会い、

全ての記者に対して思いを聞いたわけではないでしょう。

何故全部ひとくくりに叩くのか。

 

そして、そんなDaiGoを絶賛するだけに終わる思考停止した安っぽい民衆。

メンタリストにとって、これほど御しやすい飯の種はないだろうね。

いい加減気づけばいいのに。

 

まとめ

まぁメンタリストとして、やはりDaiGoは偉大ってことだね。

ホントすげぇと思う。

感情出してるって言ってるけど、全部これも計算のうちだでね。

やっぱすげぇね。

そして民衆チョロすぎだろ。


 

オススメ記事

-日記

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.