バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第135話 「相合傘のふしぎ」【漫画感想】

更新日:

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ 第135話 「相合傘のふしぎ」

第135話のあらすじ&感想です!

■前回の第134話 「プール掃除のふしぎ」はこちら

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ 第134話 「プール掃除のふしぎ」

雨の季節あるある

下校時間・・・大祐は土間で困り果てていた。

雨の日だというのに、傘をパクられてしまったようだ。

そこに偶然通りがかった千晶。

 

事情を知り・・・若干の下心からか、

自分の傘に大祐も一緒に入れてやろうかと誘おうとしたその時だった。

 

『あ』

 

丁度傘を持った高浜さんと遭遇・・・

互いに大祐に想いを寄せているだけに、このシチュエーション・・・譲るわけにはいかない!!

 

言い争う千晶と高浜さん・・・

こんな状況でどちらかを選ぶことなど出来る筈もなく・・・

結果・・・

 

(何故そうなる・・・)

 


大祐は、二人の傘の中央に入ることに・・・

 

「ちょっと傘押さないでよ」

「そっちが当てて来てるんだろ!」

 

「なっ!」

「いい加減にしろ!!」

 

両者とも、激しく傘をぶつけ合い、はねのけあっているが・・・

その直下にいる大祐がどうなるか・・・想像に難くない。

 

「・・・俺、傘入れて貰わなくても大丈夫ですよ」

「そういうわけには・・・」

 

「もう濡れてるので」

 

想像以上にビショビショでワロタw

二人の傘のぶつかり合いで、すっかりビタビタになってしまった大祐・・・

 

こうなって尚も二人は言い争いを止めない・・・恋敵以上に犬猿の仲だなぁ。

 

「わかったわ・・・大祐君がこの傘使って」

「え?」

(や・・・やられた・・・!傘を持たせたら必然的に持ち主を入れざるをえない!

 考えたな麗子・・・!)

 

高浜さんの戦略勝ち・・・かに思えたのだが・・・


 


純情可愛い

「何でだよ」

 

千晶の読みとは異なる結果に、思わずツッコミを入れてしまった。

なんと高浜さん・・・大祐の傘に入らず、千晶の傘に入ったのである。

 

「よく考えたら噂になっても困るし・・・」

「じゃあ最初から誘うなよ!」

 

まったくな!

 

「いいんですか?俺が一人で傘使って」

「いいのよ。私が貸したんだから」

 

千晶は自分の傘に入れる許可は出してないと言い出し、またもひと悶着。

自分の傘に戻れと、思わずアシストする形になってしまったのだが・・・

 

「丁度いいところに雨宿りが」

 

と、傘を持たない鈴が大祐の隣に滑り込み。

 

「途中まで入れて貰っていい?」

「俺はいいけど・・・この傘、高浜さんのだよ」

 

「・・・半分借りるね高浜さん(フッ」

 

鈴に笑われてしまう高浜さんw

まぁ千載一遇のチャンスを活かしきれていないのだから笑われても仕方あるまいな。

 

「てか、麗子の家そっちじゃね?」

「あ」

 


高浜さんだけ別方向・・・

ここで傘を返されれば、必然的に大祐・鈴・千晶の三人で相合傘になってしまうではないか。

相変わらず自身の恋心以前に不健全かどうかが気になるドスケベ高浜さん。

 

「とりあえず傘返しますね」

(今、これを受け取ってはダメ・・・私がこの傘を受け取らない理由を何か)

 

「高浜さん!横、車と降りますよ!」

 

バッシャアアアア!!

 

なんと、高浜さん、車が打ち上げた水飛沫から身を呈して大祐たちを守った!?

 

「お前何で・・・」

「最初に言ったはずよ・・・私には生徒を護る義務があると」

 

メガネを外して、決め顔w

カッコイイww

 

「私はこの雨で汚れを落としながら帰るから、傘は明日返してくれればいいわ。

 (決まったわ・・・!)」

 

が、後日高浜さんは風邪を引いたため、欠席・・・傘は返すことができなかったとさ。

目出度し目出度し・・・

 

次回第136話に続く!!


 

■前回

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ 第134話 「プール掃除のふしぎ」

 

■次回

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ 第136話 「短冊のふしぎ」

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

オススメ記事

-あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.