バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ 162話 巡る呪毒!溶ける童磨…最大の好機到来!

投稿日:

鬼滅の刃 ネタバレ展開予想 162話 巡る毒!溶ける童磨…最大の好機到来!

鬼滅の刃 162話 ネタバレ展開予想!

 

伊之助の母と童磨を巡る過去を知った伊之助は怒りに燃え刃を振るうが、

童磨の血鬼術『結晶ノ御子』に苦戦を強いられる・・・!!

 

童磨の成りをした小さな氷の人形・・・

小さいからと侮るなかれ、技の威力は本体と大差ないという反則級の技・・・!!

しかもそれが、5・6体!?

 

同時に襲い掛かってきたら、それこそ全滅は必至・・・!!

しかし、そんな折に童磨の体に異変が・・・!!

 


カナヲだけがこの変調を予期していた・・・!!

恐らくは吸収されたしのぶの毒・・・

こうなる事を予期して予め体に毒を仕込んでいたのか・・・

 

しのぶのあらゆる毒は童磨には通用しなかった。

しかし、この”最期の毒”は話が違うようだ。

効果が表れるまで時間はかかったが、恐らく童磨であろうと死に到る毒・・・!!

 

だが、気になるのは、カナヲが童磨をこの場に留まらせたかった点・・・

それが意味するのは、回復に徹すれば毒も克服できるという意味で、

この場で回復を阻止して倒そうという考えなのか?

 

それとも、カナヲが近くに居なければ発動しない毒だったのか?


 


最大の好機・・・!!

ここまでの童磨の戦いを見て確信できるが、まるで本気を出していないということ。

おそらく童磨がその気になれば、伊之助とカナヲの二人掛りといえど、

簡単に殺すことも出来たのだろう。

 

結晶ノ御子の複数召喚・・・これだけですでに脅威である。

本来、強い技や術であればあるほどに、相応のリスクが存在していると思うのだが・・・

今の所は見えてこない。

 

ともかく、童磨を巡る毒により、血鬼術の維持がままならず、

出した結晶ノ御子が使い物にならなくなれば勝機が見えてくる・・・!!

 

今の弱体化した童磨ならば、今の伊之助とカナヲでも首が斬れるはずだ・・・!!

放っておいて毒で殺すという考えはどちらにもないだろう。

 


確実なのは、やはり首を絶つこと!!

これまであらゆる毒に耐えてきた童磨・・・しのぶの最期の毒でも仕留めきれる保証はない・・・!!

 

結晶ノ御子が出ていた時は本体に近づくことも出来なかったが、

この毒で結晶ノ御子が消える・・・もしくは弱体化することで本体に辿り着ける!!

あとはその首を断つだけだ・・・!!

 

これは伊之助、カナヲだけでなく、しのぶとの三人による共闘とも言えるだろう。

しのぶの呪いのような猛毒・・・!!

人間を舐めるな・・・!!

 

まとめ

童磨を追い詰めることで今までなかった感情を呼び起こし、

さらに手がつけられない鬼にならない事を祈るばかり・・・

腐っても上弦の弐だからな・・・果たしてこれで終わるのか・・・

 

まだもう一波乱ありそうだなぁ。


 

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.