https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ REVENGE TOKYO No.4「シコルスキー」

更新日:

バキ REVENGE TOKYOネタバレ感想 No.4「シコルスキー」

バキに登場した最凶死刑囚のその後を描く『REVENGE TOKYO』

第4回はシコルスキーエピソード!!

 

■前回 No.3「ドイル」はこちら

【ネタバレ】バキ REVENGE TOKYO No.3「ドイル」

バキ REVENGE TOKYOネタバレ感想 No.3「ドイル」 バキに登場した最凶死刑囚のその後を描く『REVENGE TOKYO』 第3回はドイルエピソード!!   ■前回 No.2「スペック」は ...

続きを見る

 

シコルスキーの今

現在、シコルスキーは海外の孤島刑務所にブチこまれているようだ。

地下闘技場で、散々ジャックとガイアに打ちのめされ、敗北を認めた。

そんなシコルスだが、元より死刑囚・・・死刑執行をどう待っているのだろうか?

 

最凶死刑囚が一人・シコルスキー・・・

異常なまでの『ピンチ力』を持つ男・・・

 

ピンチ力とは”挟む力”・・・

刑務所の見回る看守がうっかり落とした硬貨がシコルスの独房に転がった。

 

それが戻ってきた時、どんな形をしていたか解るだろうか?

硬貨を曲げる・・・それだけでも異常なことだが、シコルスに到っては・・・

ニッケル硬貨が紙くずのように丸められていた。

これがシコルスの異常なまでのピンチ力の成せる技か・・・

 

そんなシコルスキーが、独房の中でとる異常行動。

”張り付き”である。

 

何もない平面の壁に・・・シコルスキーは張り付いていた。

トカゲなどが垂直の壁を這うように・・・

シコルスキーもまた、張り付いていたのだ。

 

目には見えない、わずかな壁の凹凸・・・それを脅威のピンチ力で掴み・・・

壁に張り付いている・・・

 

眠っているのか、起きているのかも解らない表情で、朝まで張り付いているそうだ。


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.