バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

仮面ライダージオウネタバレ感想

【ネタバレ】仮面ライダージオウ 第37話「2006:ネクスト・レベル・カブト」【ドラマ感想】

更新日:

仮面ライダージオウ ネタバレ 第37話「2006:ネクスト・レベル・カブト」

第37話のあらすじ&感想になります!

 

仮面ライダーギンガの脅威は去り、ウォズは新たな力を手に入れた。

そしてジオウもまた、キバの力を手に入れた。

残るウォッチは3つ・・・!!そして次はカブトの力が・・・!!

 

■前回はこちら

仮面ライダージオウ ネタバレ 第36話「2019:ハツコイ、ファイナリー!」

37話あらすじ前編

最近、隕石落下事故が多発している日本・・・

仮面ライダーギンガとの関係性が何かあるのだろうか?

 

だが問題は隕石落下だけでなく、隕石が運んできた人間に擬態する『ワーム』という地球外生命体・・・

 

かつて仮面ライダーカブトが戦ったとされるその生物が再び隕石と共に現れ始めた。

ソウゴたちは人々を襲うワームを倒すべく戦場に向かう!! 

 

ソウゴとツクヨミ、ゲイツとウォズの二手に別れて現場に向かう中、

ツクヨミがアナザーライダーの事を気にし始めた。

 

今まではアナザーライダーの出現と共に、オリジナルライダーは力を失っていたが、

ブレイドもアギトも、ライダーの力を失ってはいなかった。

ウォズが言うには、今までのアナザーライダーとは違うという話だったが・・・

 

ツクヨミは何か引っかかっている様子だ。

何かを見落としている気がする・・・と。

 

ウォズとゲイツが隕石跡地に向かうと、ワームが出現。

やはり隕石がワームを運んできているようだ。

ゲイツとウォズは変身し、これと戦う。

 

・・・・・

・・・

 

一方、ソウゴたちも別の隕石跡地へ到着。

そこにはワームの姿はないように思えたのだが、実はすでに人間に擬態していた!

近くの作業員や野次馬がワームの姿に!

 

一気に囲まれてしまったソウゴを助けてくれたのは謎の仮面ライダー!!

 

一体この仮面ライダーは何者なのか!?

ソウゴもジオウに変身し、共闘する。

 

ワームは、それほどの強さはないものの、成虫に進化すると、高速で動くことが可能になるようだ。

そこそこ強くなるみたいだな。

 

とはいえ、疾風とシノビの速さには太刀打ちできなかったようだがな。

問題はジオウと謎のライダーが、あの速さに対応できるかだが・・・!

 

そんな折、ワームの成虫よりも厄介そうな謎の仮面ライダーがもう一体出現!

謎の仮面ライダーは、それを”影山”と呼んでいたが・・・

 

圧倒的な速さのライダーを前に、謎の仮面ライダーもフォームチェンジ!!

互角の速さで闘いはじめた!!

 

その激しい戦いでビルは破壊され、瓦礫の下敷きになりそうな人たちが!

思わず時間を止めて助けに入るツクヨミだったが、突如昔の記憶がフラッシュバックする。

 

力が強まるごとに、記憶も蘇るか・・・

そんなツクヨミを見守るスウォルツ氏。

完全に覚醒する日も近いか・・・

 


そんな折に突如現れた汚い櫻井翔・・・門矢士・・・!!

 

この男もツクヨミの覚醒を気にしている一人か・・・

ツクヨミとスウォルツ氏の関係は兄妹とかなのか!?

 

一方、ジオウは未来視で高速移動のパターンを先読みし、

3打目の隙をついて反撃!!

動きが止まったところで、謎の仮面ライダーがトドメを刺そうと攻撃を放つ!!

 

しかし、突如割り込んできたアナザーカブトによって攻撃は阻止されてしまった。

 

「加賀美・・・おまえはいいよなぁ」

 

そう言い残しアナザーカブトは影山と撤退。

 

謎の仮面ライダーの正体は『仮面ライダーガタック』・・・加賀美新。

さっきのアナザーカブトは恐らく矢車想という人物らしい。

 

元々は加賀美と同じ組織『ゼクト』のメンバーだったそうだ。

ゼクトとはワームから人類を守る組織だそうだ。

 

そして、加賀美が戦っていた影山瞬という男。

『仮面ライダーパンチホッパー』というらしい・・・

 

影山と矢車はコンビらしく、地獄兄弟の異名を持つそうだ。

本当の兄弟ではないらしいが・・・

 

加賀美は影山を追っているそうだ。

あれはワームが擬態した姿だというのだ。

その根拠は・・・すでに影山は死亡している・・・ということらしい。

 

加賀美はこれからも影山を追うそうだ。

何か解れば連絡してほしい・・・と。

 

そんな加賀美だが、おかしなことを口走っていたな。

1999年に渋谷に隕石が落ち、壊滅状態に陥ったと。

いつのまにあんなに復興したんだと訪ねられたソウゴ。

 

しかし、生まれる前の事なので解らないと答えた。

うーん、どういうことだってばよ。


 


37話あらすじ後編

ツクヨミが力を使ったこと・・・

自身の力が強まっていること・・・

そして、記憶がフラッシュバックしたことを告げた。

 

父と母・・・そして、謎の男の存在・・・

恐らくアレはスウォルツ氏なのでは・・・?

 

そんな中、またも突然現れた門矢士。

 

「その秘密・・・その目で確かめてみるつもりはあるか?」

 

門矢士いわく、だいぶ時空が歪んでいるそうだ。

その時空の歪みと、ツクヨミが関係しているというのか?

 

ツクヨミは門矢士の言葉に乗り、自身の秘密を探りに何処かへ消えた。

一方のソウゴとウォズは、地獄兄弟を探していた。

 

すると、向こうのほうからやってきてくれたようだ。

 

地獄兄弟の弟・影山瞬・・・。

正体はワームだが、影山の記憶はそのまま残っているようだ。

化物になってしまった兄貴分・・・矢車想を救って欲しいと・・・

 

ウォズはその言葉を全く信用していない様子だが、ソウゴは信用するようだ。

どちらにしても矢車を救うことには代わりはない・・・か。

 

そんな中、またしても隕石が日本に落下するようだ。

しかも今度は巨大隕石・・・落下予想地点は首都・東京!

今までにない危機が訪れようとしていた!!

 

・・・・・

・・・

 

ソウゴは影山の言葉に乗せられ人気のない倉庫へ連れて来られた。

背後からソウゴに襲いかかろうとする影山!

 

それを助けたのは後をつけてきた加賀美だった!

 

やはり地獄兄弟の罠だったか・・・

しかし、奴等の狙いはソウゴではない。

 

そう・・・加賀美が本命だったのだ!

すぐさま戦闘になるアナザーカブト・矢車と加賀美!

 

影山も変身し、ソウゴに襲い掛かってきた!!

しかし、ソウゴに攻撃がヒットする前に、凄まじい重力波を受ける景山!

 

実はソウゴはこうなる事を予想・・・

ウォズに秘かに見張らせていたのだった。

腹黒魔王め・・・何が人を信じるだ!

 


その時だった。

突如凄まじい地響きが・・・!

外に出てみると・・・

 

巨大隕石が、今まさに落ちてきそうな瞬間を目の当たりにするソウゴたち!

ジオウはフォーゼアーマーで隕石の対処に向かう!

 

ガタックとウォズのコンビで地獄兄弟に立ち向かう!

加賀美は影山がワームである事を告げても、矢車は止まらない。

 

アナザーカブトの圧倒的スピードの前に、シノビも苦戦・・・

と、ここで仮面ライダーギンガのウォッチを使うウォズ。

 

瞬殺ッ!!

 

強すぎだろ銀河の力ww

と、思ったら・・・

 

なんと地獄の業火から、仮面ライダーキックホッパーが現れた!!?

キックホッパーのライダーキックに吹き飛ばされるウォズ・・・

その隙に敵は撤退・・・

 

加賀美の姿もいなくなっていた。

 

ファッ!!?

地獄ラーメン・・・!?

 

その頃ツクヨミと門矢士は2058年・・・

まだツクヨミが子供の頃の時代に飛んでいた。

 

「今・・・誰かオレを笑ったか?」

「矢車・・・!?」

 

やだ!イケメン・・・!

 

ジオウは巨大隕石を何とか砕くも・・・

なんとその先に・・・

 

さらに巨大な隕石が・・・!

これは流石にムリだろ・・・

 

果たして地球はどうなってしまうのか・・・!!

 

次回第38話に続く!!


 

■前回

仮面ライダージオウ ネタバレ 第36話「2019:ハツコイ、ファイナリー!」

 

■次回

仮面ライダージオウ ネタバレ 第38話「2019:カブトにえらばれしもの」

 

■仮面ライダージオウ全話

仮面ライダージオウネタバレ感想

 

■仮面ライダービルド全話

仮面ライダービルドネタバレ感想

 

■仮面ライダーエグゼイド全話

仮面ライダーエグゼイドネタバレ感想

オススメ記事

-仮面ライダージオウネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.