バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

約束のネバーランド

約束のネバーランド ネタバレ 135話 七つの壁のヒント解明できたかも

投稿日:

約束のネバーランド ネタバレ展開予想 135話 七つの壁を探すエマとレイ

約束のネバーランド 135話 ネタバレ展開予想!

 

七つの壁を求めて彷徨うエマとレイ。

ハウスを抜けた先に待ち受けていたシェルター。

 

エマたちが過ごした場所とは少し違い、『ドアの数が違う』ようだ。

この辺りも手掛かりになるのかもしれない。

 

ミネルヴァのペンの伝承にはこうあった。

 


『クヴィティダラの竜の目で昼と夜を探すべし

 まず北へ10里 つぎに東へ10里 つぎに南へ10里 つぎに西へ10里

 天へ10里 地へ10里

 

 砂の間で矢が止まり 日が東へ沈むとき

 地が哭き壁は現れる』

 

『~』は

「みつけてごらんぼくを。ななつのかべは”この”なかにある」

 

と語っていた。

つまりこの幻のようなシェルターの中にあると。

 

エマとレイは、ミネルヴァのペンの伝承を手掛かりにシェルター内を歩き回る。

部屋を行き来するたびに変化を見せる部屋や、行き先・・・

 

伝承が壁の出現の条件だとしても、普通に考えてはダメなようだな。


 


地図データを見つけるべきでは?

まず北へ10里

つぎに東へ10里

つぎに南へ10里

つぎに西へ10里

天へ10里

地へ10里

 

このヒントだが、10里ともなれば距離にして39km・・・

とてもじゃないがシェルター内にそれだけ直進できる距離はない。

 

でも、このヒント・・・普通に考えれば、”その位置”でしかないんだよね。

↑に10、→に10、↓に10、←に10では、元の位置に戻るだけ。

天へ10、地へ10も全く同じ位置に戻るだけ。

 

これが本当に、この手順を踏むことでフラグが立つにしても、

正確に東西南北10里歩くなんて事は不可能に近い。

 

だとするならば、自分は『地図データ』なんじゃないかなと思っているのだがな。

 


その地図が示す、起点となる部分から、示す通りに線を引くなりなんなりして、

天と地に関しても、地図の置いてある台座を上下させるとか・・・

そんな感じじゃないかと思うんだけど・・・

 

そのアクションを起こしたことで、次の何かが出てきて、

その先のヒント『砂の間で~』は、次のステップに対するものなんじゃないかしら?

 

もしくは10里問題をクリアした後に、ある条件を満たす時間になった時だけ七つの壁が現れるとかね。

 

クヴィティダラ竜の目ってのがサングラス的な?

VR的な?それをかけた時だけ見える何かがあり、

そこに地図があるとかかな??

 

まとめ

こんな単純な話ではないのかもしれないけど・・・

何となくそんな気がしたので(´・ω・`)

 

■追記

これ、もしかして、エマたちがこれまで旅してきたポイントを辿っていって、最後に始まりの地に戻ると、そこで七つの壁が出現するとかなのかな?

丁度今、ハウス→シェルター・・・と来てるし、どんどん巡っていくことを挿してるとかなのかなぁ?


 


しろんのアンテナ
follow us in feedly

サイト内検索

オススメ記事

-約束のネバーランド

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.