バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第129話 「匂いのふしぎ」【漫画感想】

更新日:

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ 第129話 「匂いのふしぎ」

第129話のあらすじ&感想です!

■前回の第128話 「レスリングのふしぎ」はこちら

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ 第128話 「レスリングのふしぎ」

今回も前回に引き続きことね先輩のお話!

登校時・・・目の前に和香の後姿を見つけたことね先輩・・・

最近部活に顔を出してない和香を心配してか、ちょっと声をかけてみることに!

 

(フレンドリーな感じで・・・)

 

ことね先輩は背後から近づいて、和香の両目を手で隠した。

すると・・・

 

「あ、ことね先輩」

 

声も出してないのに、速攻で言い当てたのである。

 

「えっ・・・何で声を出す前に解ったの?」

「そのくらい匂いで分りますよ。

 今日は部活参加しますのでよろしくお願いします」

 

「あ、うん。よろしく・・・」

 

和香は挨拶して先に校舎の中へ・・・

どうやら和香は別に嫌になって部活に顔を出さなくなっていなかったようだな。

 

しかし、ことね先輩はそれどころではなくなっていた。

 

私って匂うの!?

 

女子にとって、これはかなりショックな事実である。

 

ことね先輩は周りを警戒しつつ、誰もいない事を確認して自分の手元をくんかくんか。

 

(何も匂わない・・・けど、匂いって自分では解らないって言うし、

 個人を特定できるほどの匂いって・・・)

 

・・・・・

・・・

 


放課後部室にて・・・

 

「あれ?部長・・・今日は白衣着ないの?」

「汗かくかなと思って・・・」

 

どうやらかなり意識してしまっている様子だ。

今日は別段暑くも無く、むしろ涼しいくらいなのに・・・

 

「それより何か匂わないか?」

 

ビクンッ!!

千晶の一言に反応してしまうことね先輩w

 

「特に何も感じませんけど」と大祐。

 

「ちゃんと嗅いでみろって」

「今日鼻詰まってるからなー」

 

大祐が勢いよく匂いを嗅ごうとした瞬間だった!

 

「あなたは息が止まります」

「!?」

 

ちょwww


 


大祐とばっちりで死に掛けるw

ことね先輩は匂いを気にするあまり、大祐の呼吸を催眠術で止めて見せたw

あわや大祐、とばっちりで死ぬところだったw

 

「はーびっくりした・・・不意打ちは勘弁してください」

「ごめんね本当に」

 

(私の心配しすぎなのかしら・・・

 別に誰も私が匂うとは一言も言ってないよね。

 でも、もし気を遣って言わないでくれてるだけだとしたら・・・?)

 

「ことね先輩、すごい汗ですよ」

「!」

 

えっっっっっっっっっっっっっっっ!!

 

すっけすけじゃねぇかww

ブラが透けるほどの滝汗のほうがヤバイやんけw

 

(いけない・・・緊張で汗が・・・!

 匂いが出ちゃう・・・!)

 

「あ、もしかしてその匂いって・・・」

(気づかれた!?)

 

「和香さんの薬品の匂いでは?」

「うーん、そうかなぁ」

 

(大祐君・・・きっと私を庇って・・・

 これ以上迷惑かけられないわ)

 


「私の匂いをかいで大祐君」

「え?」

 

ことね先輩とんでも発言wwww

 

「正直に言ってくれていいわ。私は気にしないから」

「いや、今鼻詰まってるんで・・・」

 

「じゃあ近くで嗅いで」

「は、はい・・・」

 

急に痴女感出てきてますよことね先輩・・・

 

「これくらいですか?」

「それじゃいつもと変わらないでしょ」

 

「これくらい?」

「もっとよ」

 

おいおいww大祐どんどん接近ww

 

「こ・・・このくらいですか?」

「うん・・・」

 

何のプレイだwwww

 

絶対良い匂いしかしないだろw

 

「ストップストーップ!!何かいかがわしいことになってるぞ!」

 

それ、高浜さんのいつものセリフw

 

「そもそも何で部長が匂い気にする必要があるんだよ。

 今までそんなことなかったじゃん」

「今朝、和香ちゃんに匂いだけで私、特定されたから・・・」

 

「ああ、そのことですか。

 私、鼻がすごく利くんですよ。

 毎日あらゆる薬品をテイスティングするので、人一倍敏感なんです」

 

「よかった・・・臭いわけじゃなかったのね」

(いい匂いだった・・・)

 

「千晶さんはバラの匂い。鈴さんはお香の匂い。

 大祐さんは・・・」

「・・・」

 

「・・・わかりません」

「何の匂いしてんの!?」

 

公開処刑やめてさしあげろww

イカ臭くても許してやれ!!

 

次回第130話に続く!!


 

 

■前回

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ 第128話 「レスリングのふしぎ」

 

■次回

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ 第130話 「ダウジングのふしぎ」

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想


しろんのアンテナ
follow us in feedly

サイト内検索

オススメ記事

-あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.