バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

https://www.sirolog.com

仮面ライダージオウネタバレ感想

【ネタバレ】仮面ライダージオウ 第33話「2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!」【ドラマ感想】

更新日:

仮面ライダージオウ ネタバレ 第33話「2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!」

第33話のあらすじ&感想になります!

 

アナザーアギトを倒し、見事にアギトのライドウォッチを手に入れたソウゴ。

これで残るウォッチは5つ・・・

果たしてオーマジオウの言う通りに力を集めて問題はないのか!?

 

■前回はこちら

仮面ライダージオウ ネタバレ 第32話「2001:アンノウンなキオク」

33話あらすじ前編

ゲーセンで荒れる男・鼓屋ツトム・・・響鬼の弟子・・・らしい。

ウールきゅんは、その男に声をかける。

聞けば、男は響鬼の弟子はもうやめたそうだ。

 

「響鬼をおびき出すために協力してくれないかな?」

 

そういうと、男にウォッチを埋め込み、アナザー響鬼に変貌させた。

 

・・・・・

・・・

 

一方、クジゴジ堂では4月28日がソウゴの誕生日ということで、

ウォズが大はしゃぎしていた。

魔王の誕生日を盛大に祝おうと、サプライズで驚かせる気のようだな。

 

そんな中、順一郎がソウゴの小学生の時の卒業アルバムを持ってきた。

王様になるという夢を掲げるソウゴは、さぞ浮いていたかと思われたが、

同級生にもっとヤバい奴がいたようだ。

 

「鬼になる!」

 

鼓屋ツトム・・・だと!?

奇しくもソウゴの同級生だったのか・・・!

 

文集に記されていた師匠のヒビキさん・・・

仮面ライダー響鬼の手掛かりになるかもしれない・・・と、一同。

 

・・・・・

・・・

 

手掛かりを得るために出かけたゲイツとソウゴを、早速アナザー響鬼が襲撃する!!

二人がピンチだというのに、ウォズときたら、ソウゴの誕生日をどう祝うかで頭がいっぱいのようだ。

 

今回は使いモノになんねぇなw

 

ジオウとゲイツに変身し戦いを挑む二人。

アナザー響鬼が直接ソウゴたちを狙ったことには何か裏があると考え、

あえてジオウⅡで挑むことをせず、出方を伺うことに。

 

アナザー響鬼をけしかけたウールきゅんの狙いは、ソウゴたちではないようだ。

響鬼をおびき出すための餌に使ってるようだが・・・

 


そんな折、突然現れた謎の仮面ライダー・・・

 

ギターのような武器で、アナザー響鬼を圧倒!!

こいつ・・・強いぞ・・・!!

 

仮面ライダー轟鬼・・・戸田山登巳蔵・・・通称『トドロキ』らしい。

 

轟鬼がアナザー響鬼を倒そうとしたところ、何者かの攻撃により阻まれた。

結果、アナザー響鬼は撤退・・・轟鬼もそれを追っていった。

 

そして、代わりに登場したのが桐矢京介と名乗るイケメン。

自身を響鬼だという。

 

アナザー響鬼についての情報を知りたいという桐矢。

ソウゴも色々聞きたかったため、彼と共に一度クジゴジ堂へ向かう。

 

・・・・・

・・・

 

互いの知る情報を出し合い、響鬼のライドウォッチを手に入れたら、

ソウゴに渡す約束も取り付けた。

しかし、それには一つ条件があるという。

 

その条件は、ソウゴたちが”鬼として”相応しいかということ。

 

「お前たち二人には特訓をしてもらう。

 まずは手始めに太鼓の練習だ」

「太鼓!?」

 

何だかややこしいことになってきたぞw

 

鬼は太鼓を使って地を清め、邪気を祓い、全ての生命を祝福するそうだ。

ウォズが”祝福”の言葉に反応し・・・俄然ヤル気を見せ始めてしまったw

 

さすが祝福の鬼・・・とめらんねぇなw


 


33話あらすじ後編

こうして桐矢京介の指導のもと、太鼓の修行を始めたウォズ・ゲイツ・ソウゴの三人。

一番ヤル気を見せたのが祝福の鬼ウォズw

なんてこったい。

 

一方、ツクヨミはトドロキを無事に見つけることができたようで、彼にアナザー響鬼についての話を聞く。

アナザー響鬼になったのは”鬼”として修行中の身の上の人間であり、

本来、鬼の不始末はその師が勤めるということらしい。

 

で、その師とやらが桐矢京介らしいのだが・・・

ツクヨミが桐矢京介=響鬼というと、トドロキは「騙されるな」という。

一体どういうことなのか?

 

・・・・・

・・・

 

一方、筋トレを強いられるゲイツとソウゴ。

ソウゴはソッコーで音を上げてしまい、桐矢京介にあきれられる。

これではウォッチを手に入れても渡すことができないと。

 

桐矢京介もウォッチについて興味をもったようだが、

全部集めると王になれる・・・それが俺の夢だと語ったソウゴをバカにするかのように笑った。

 

叶えられない夢など見るなというのだ。

現実主義者か。

 

そんな折、ツクヨミがアナザーライダー出現を知らせに来た。

今はトドロキが戦っているそうだ。

この話を聞いた桐矢京介は、どう動くつもりなのか!?

 

・・・・・

・・・

 


トドロキはアナザー響鬼を圧倒するも、ウールきゅんの時間止めカウンターにより

大ダメージを受け変身が解けてしまった。

 

そこに駆けつけたソウゴとゲイツ!

変身し戦闘を開始する!

 

ウールきゅん、響鬼が出てこないことにショックを隠しきれないw

 

一方、ウォズはツクヨミの説得に応じず太鼓に夢中w

ツクヨミに「ウォズは人を祝うことを何もわかっていない」とダメ出しをされ、

メチャクチャショックを受けてしまうww

 

あんだけ毎回祝ってきた、祝いの鬼が・・・

自分よがりのただのバカだったと気付かされ、凹まない方がおかしいのである。

 

・・・・・

・・・

 

アナザー響鬼だが、別にウォズがいなくても問題なさそうだな。

トリニティになるまでもなく倒せそうだ。

 

ジオウⅡとゲイツリバイブによる処刑タイム・・・

 

アナザー響鬼は倒され・・・

その正体が明らかになり驚愕するソウゴ。

 

「え、ツトム・・・!?」

 

小学校の同級生・鼓屋ツトム・・・!

一方でツトムも敵対していたのがソウゴと解り、困惑の色を隠せない。

 

そんな中、ウールきゅんが時を止め、再びツトムにウォッチを取り出し、

ウォッチに力を与え、再び埋め込む!!

 

再び暴走を始めるアナザー響鬼。

 

そこに現れた桐矢京介が変身し、ゲイツの邪魔をする。

桐矢京介の変身した姿を見て違和感を覚えるソウゴ。

駆けつけたトドロキが言うには、桐矢京介は響鬼に襲名できなかった、ただの鬼らしい。

 

何故、桐矢京介はアナザー響鬼を守ろうとするのか!?

確かにツトムは弟子かもしれんが、師であるならば、むしろ止めるべきなのではないのか!?

 

結局、桐矢京介はアナザー響鬼の強烈な一撃を喰らい吹っ飛ばされてしまう。

一体どうなっちまうんだ!?

 

次回第34話に続く!!


 

■前回

仮面ライダージオウ ネタバレ 第32話「2001:アンノウンなキオク」

 

■次回

仮面ライダージオウ ネタバレ 第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」

 

■仮面ライダージオウ全話

仮面ライダージオウネタバレ感想

 

■仮面ライダービルド全話

仮面ライダービルドネタバレ感想

 

■仮面ライダーエグゼイド全話

仮面ライダーエグゼイドネタバレ感想

オススメ記事

カテゴリー

ランダム記事

ランキング参加

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年チャンピオンへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

follow us in feedly

-仮面ライダージオウネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.