バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

ニュース

【炎上】中学生の娘と性交した父親無罪判決!その理由が異常w司法が狂ってると話題!

投稿日:

抵抗可能な状態だったのに抵抗しなかったから無罪

f:id:sarapan2014:20190215222228j:plain

父親が実の娘(当時19歳)と”勤務先の会社””ホテル”で抵抗できない状態に乗じ、

娘と性交したとして準強制性交の罪に問われて懲役10年を求刑されていたようだ。

 

しかし、検察側は

「中学2年生のころから性的虐待を受け続け、専門学校の学費を負担させていた

 負い目から心理的に抵抗できない状態にあった」

と主張。

 

これに対し弁護側は「同意があり、抵抗可能だった」と反論。

 

名古屋地裁岡崎支部が出した結論は・・・

同意について

「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」

と娘の同意はなかったと認定!

 



しかしながら・・・

「以前に性交を拒んだ際に受けた暴力は恐怖心を抱くようなものではなく、

 暴力を恐れて拒めなかったとは認められない」

と結論に至ったようです。

 

「従わざるを得ないような強い支配、従属関係にあったとまでは言い難い。

 被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」

として、無罪判決を結論付けた。

 

この判決にネットは『司法は狂ってる』と批判的な声が高まっています。

んー・・・これは非常に難しい問題だな。



 


可能性の話

まず大前提として、やはり親子間でそういう事は普通ではなく、

それだけで罪に問われるべき内容だとは思う。

 

で、ここからは批判覚悟で言わせてもらうと

娘が病みつきになってしまった可能性。

 

あくまでも妄想であり、可能性の話。

みんな否定的な意見は出尽くしてるだろうからね。

 

娘と父が関係を持つ・・・

中二から始まり19歳になるまでも関係は続いた。

そこで、抵抗を見せなかったのは恐怖による支配等ではないという。

 

結構嫌でなかった可能性もなくはないだろう。

背徳感を抱えながらも、抵抗できないほど惹かれる部分もあった。

それが何故、娘が父親を訴えるに至ったのか?

 

父親の方が正気に戻った可能性はないだろうか?

これ以上関係を続けるのはダメだと、ようやく正しい判断が出来るようになった。

しかし、その予想外の反応に娘は落胆を隠しきれず、

ここで辞めるのであれば、今までの事も含めてお父さんを訴える・・・と言い出した。

 

父親は、今までの罪を償う上でも、それを受け入れる覚悟をして、

いざ裁判になった・・・そんな可能性はないだろうか?

まぁ・・・弁護士をつけているし、揉めた結果決裂した可能性もあるのかもだが・・・

 

「もう関係を続けないっていうならお父さんを訴えるから」

「!?なんだと・・・おまえだってノリノリだったじゃないか!」

 

「知らないわよそんなこと。訴えられたくなかったら・・・これからも」

「それはダメだ・・・これ以上は続けられない」

 

「・・・そう。じゃあ仕方ないわね」

「ま、待ってくれ!」

 

みたいな?

何度もいうけど、これは可能性の一つというだけで、

決してこういう話だったというモノを言っているわけではないです。

 

普通ではない事が起きていて、親子共々普通では考えられない状態になっていたかもしれない。

 

弁護士先生の見解



「日本の刑法では不同意のセクロスが処罰対象ではなく、暴行脅迫を用いて、

 あるいは抵抗不能の状態に乗じて性交などを行った場合に罪になる。

 被害者が同意していなかったということだけでは罪にならない」

 

ふむ。

被害者が『同意してなかった』の一言で犯罪者に出来るのは

確かに危険ですものね。

 

「家庭内の虐待ですと、それまでの積み重ねのなかで抵抗しても無駄と

 刷り込まれてしまっていたり、抵抗することで暴力を振るわれた経験があったり、

 もっと強く抵抗した場合に何をされるか分からないという恐怖があったり、

 支配と従属関係というのができてしまっていることが多い。

 さらに抵抗がしにくい状況というのがある」

 

しかし、今回はそれらが認められなかった。

専門学校に通わせてもらってる負い目こそあれ、暴力による支配はなかったと。

うーんでも、この判断も結局、第三者の客観的な見解であり、

その重要度は個人の感じ方によるんじゃないか・・・んー。

 

まとめ

結果の文面だけでは、どういう事件背景があるまでは読み取れない。

普通に親子で関係を持っただけで罪に問えるようにすべきですよね。

流石に一般的に考えれば、この裁判結果は司法の裏切りと思われても仕方ないわなぁ。

 

自分の想像とは真逆の真実であれば、勇気を出して訴えた結果、

それがこんなんじゃ、何のために声を上げたのかわかんないもんね。

この結果によって、同じように苦しんでる人も諦めてしまうかもしれないよね。

 

とはいえ、何か裏事情あっての今回の結論である可能性も否定はできないわけで。

だからこそ難しいと思うわけです。



 

オススメ記事

follow us in feedly

サイト内検索

-ニュース

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.