あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第123話 「ラブレターのふしぎ」【漫画感想】

更新日:

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ 第123話 「ラブレターのふしぎ」

第123話のあらすじ&感想です!

■前回の第122話 「ティッシュのふしぎ」はこちら

大祐が下駄箱を開けると、そこには明らかにラブレターのような手紙が入っているではないか。

 

自分の下駄箱なのを再確認し・・・

明らかに自分宛のモノかと思いつつも、今時こんな解りやすいラブレターなんてあるのか・・・と疑念は消えない。

いたずらの可能性も無くはないからな。

 

そんな折だった。

下駄箱を挟んで向こう側から声が聞こえてきた。

 

「いやー騙されたわ。今日エイプリルフールなんだよなー」

 

この一言で大祐はイタズラを確信。

 

「ちょっとでも期待してしまった自分が恥ずかしい・・・

 しかしこんないたずらするのはやっぱり・・・」

 

・・・・・

・・・

 

大祐はふしぎ研究部の部室に出向き、ラブレターの一件をみんなに尋ねた。

 

「他に思い当たらなくて」

 

「それはちょっと考えが飛躍しすぎじゃないかしら?」

「正気?」

「おいおい己惚れるなよ大祐」

 

と、辛辣すぎるコメントが返ってくるだけだったw

 



「違いますよ!今日エイプリルフールだから、いたずらで出したんじゃないかって

 思っただけです」

「あーそういうこと」

 

何となく誤解は解けたが・・・

 

「それ本当にラブレターなのか?」

「まあ多分・・・こんな感じで」

 

大祐が中身を取り出し皆に見せる。

 

『放課後、屋上で待ってます』

 

と一言。

宛名も差出人も書かれてはいない。

 

「一応いってみたら?」

「うーん怖いなぁ」

 

「仕方ないな。アタシたちがついてってやるよ」

 

結局気になる千晶とことね先輩。



 


ということで屋上にやって来た大祐。

屋上の入り口で、三人は大祐を見守るが・・・

そもそも、相手がまだ来てなかったら、入り口で屋上の様子を伺う三人を見て

差出人も出て行けないじゃねぇかw

 

誰も来ない様子を見て、鈴は千晶に「よかったね」と一言w

 

「何がだよ」って筒抜けだよ!

 

「あれ?大祐君?何してるのこんな所で」

「高浜さん」

 

入り口は・・・一つだよな?

ってことは元々屋上にいたのか。

 

「実は手紙で屋上に呼び出されて・・・」

「手紙?それって・・・」

 

その時、高浜さんは気付いてしまった。

大祐越しに入り口に見える特徴的な髪・・・

千晶で間違いない。

 



高浜さんは察した。

エイプリルフールにかこつけて大祐をハメて、

物陰に隠れてほくそ笑んでいる・・・と。

 

完全に誤解ではあるが、状況からその結論に達するのも致し方ないか。

高浜さんは、そういうことならば千晶の思い通りにしてなるものかと考える。

 

「大祐君・・・その手紙出したの私だったわ」

 

想定外の状況を作り出し、計画をぶっ潰す!

実在しないはずの差出人が現れたことできっと慌てふためいていると想像する高浜さん。

 

「なるほど高浜さんだったんですか・・・それで用件は何ですか?」

「え?」

 

「あーやっぱりいたずらだったんですよね?

 おかしいと思ったんですよ。高浜さんも人が悪いなぁ」

 

高浜さんにとっての想定外。

自分自身がいつの間にかイタズラを仕掛けた張本人になってしまっているw

 

「いや、私別に大祐君を騙すつもりなんて・・・」

「えっ!じゃあこの手紙本当にラブレター・・・!?」

 

ラブレター!?

 

動揺する高浜さんw

 

「ち、違うの!そうじゃなくて・・・!

(このままだと私が本気で大祐君にラブレター出したことになっちゃう・・・!)

 ちょっと千晶!そこにいるんでしょ!」

 

「すまん・・・まさか本当にラブレターとは思わなくて・・・」

 

ここでようやく千晶が犯人ではないことに気付く高浜さん。

 

「勝手に覗いてすまん・・・」

 

しおらしい千晶・・・おかしな雰囲気になってきたぞw

高浜さんの脳裏に、いっそのことこのまま、この状況を利用して告白を真実にしてしまおうと過ぎったようだが・・・

 

「大祐君・・・

 まんまと私の嘘に騙されたみたいね!

 今日はエイプリルフールなのよ!」

 

私のバカー!!

 

これは切ないわw

 

次回第124話に続く!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

オススメ記事

-あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.