弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 536話 「最後の300m」【漫画感想】

更新日:

弱虫ペダルネタバレ RIDE.536話 「最後の300m」

第536話のあらすじ&感想です!

 

ゴールまで残り300m!!

最も信頼し、尊敬する巻島を追い続け、そして今・・・

その憧れの背中を抜いた坂道!!

 

あとは真波を抜いて、ゴールするだけだ!!

 

■前回第534話 「先輩からのエール」はこちら

自分だけの力じゃない!

『オレを抜け』

 

坂道のイメージの巻島に追いついた坂道は、

巻島にそう言われているような気がした。

 

 

「ありがとうございます巻島さん!!」

 

坂道は強くペダルを踏み込んだ!!

 

真波が・・・箱根学園が優勝する・・・

その観客の予想を裏切るように、猛烈な加速を見せる坂道!!

 

『強くなれ』

 

巻島のこの言葉が、坂道をまた一つ上のステージへ導いてくれたようだ。

なんと残り350m地点で、坂道は真波に追いついた!!

 

この展開には観客もより一層盛り上がりを見せる!!

 

坂道の鬼気迫る表情を見た真波は笑った。

驚きと衝撃と・・・喜び!!

 



「まいったね・・・!!さっきので”決まった”と思った」

「・・・」

 

「正直”いける”って思った。

 キミはもう全部出しきったと思ったのに・・・

 どこにそんな力を隠し持ってたのさ!!」

 

この問いに坂道は答える。

 

「これは・・・この力は・・・もらったもの・・・だ。

 友達から、後輩くんから、先輩から・・・いろんな人から・・・

 これまでの道のりの中で、思いと一緒にみんなからもらったものだ!!」

 

いつになく真剣な表情で語る坂道!

 

「へぇ・・・なるほどね。

 そうやっていろんな人からの助けをもらって、常に成長し続けるってこと?

 限界なくステップアップし続けるってこと?

 キミらしいね!!おもしろいよ!!坂道くん」

 

「真波くん」

「じゃあ、始めようか。

 最後の勝負を。あの黄色いゴールゲートまでの闘いを



 


クライマックス!!

「のこり300mだよ」

 

ハンドルを強く握り締める真波・・・

空気が変わる・・・これは・・・本気・・・!!

 

「出しきろうよ」

 

そうポツリと漏らすと・・・真波の表情から笑みが消えた。

 

「全開でいくよ!オレ!!」

「ボクも全力でいく!!」

 

両者出し惜しみ無しの全力!!

これが・・・最後の・・・

 

全て出し切る勝負(オールアウトクライム)!!

 

両者同時に加速!!

ほぼ互角!!

 



真波はインギリギリを攻める!!

その結果、ハンドルが壁に激突しているぞ!!

 

一歩リードした真波!!

しかし、坂道もその真後ろに引っ付いている!!

 

(どんどん強くなっていくねキミは。

 オレ正直・・・さっきも言ったけど、あれで決まりだと思った。

 けど一方で、少し寂しいとも思ってた。

 あっけない終わり方だな・・・と。

 

 よかったよキミが追いついてきてくれて。

 もったいないでしょ!!

 こんな限界の勝負、二度はできないんだから!!

 

確かに。

結果的に去年と同じ展開にはなったが、ロードレースはチーム戦・・・

狙ってこんな状況を生み出すことは不可能に近い。

 

今のこの瞬間、運命とも言えるこの闘いは、二度はないかもしれない!!

だからこそ、悔いの残らぬよう、全力を出し切る!!

 

そして、ゴールまで300mを切り・・・

いよいよ二人の姿がゴール前で応援している仲間達にも見えようとしていた!!

 

次号・・・ついに決着か!!?

 

次回537話に続く!!



 

第536話感想

いやぁ、実に熱い展開ですね。

坂道と真波・・・実力的にはほぼ互角に思えたが、

ここにきて坂道が一つ壁を乗り越えて、強さを増してる感じがあるからなぁ。

 

でも、ここで坂道が追いついた事で、真波のハートにも火がついた。

こういうギリギリの展開に燃えないはずがない。

真波も底力を発揮し・・・これは本当に互角・・・!!

 

果たしてどちらが勝つのか・・・!!

どちらが勝っても不思議ではないほどに、両者の力は五分!!

 

次回決着か・・・もう1話つなげるのか・・・

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.