https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ REVENGE TOKYO No.2「スペック」

更新日:

バキ REVENGE TOKYOネタバレ感想 No.2「スペック」

バキに登場した最凶死刑囚のその後を描く『REVENGE TOKYO』

第2回はスペックエピソード!!

 

■前回 No.1「ドリアン」はこちら

【ネタバレ】バキ REVENGE TOKYO No.1「ドリアン」

バキ REVENGE TOKYOネタバレ感想 No.1「ドリアン」 バキに登場した最凶死刑囚のその後を描く『REVENGE TOKYO』 初回はドリアンエピソード!!   ドリアンの今 精神崩壊したド ...

続きを見る

 

スペックの今

花山薫との死闘の末・・・重傷を負った最凶死刑囚が一人スペック。

無呼吸連打という異能と、手段を選ばぬ凶悪さ・・・

刃牙に範馬勇次郎と似ていると言わしめる程の漢・・・

 

その男も、今は日本のとある医療施設に入っている。

花山薫との戦いの後、急激な老化現象に襲われたスペックは、97歳の肉体に変貌した。

 

今回は、そんな再起のきかなくなったであろうスペックのお話。

とある医療施設にて、医療に携わる野本功と、警視総監である内海旬三がパソコンのモリターの前に座っている。

 

「スペックの『サーモグラフィー』です」

 

モニターに映し出されていたのは、スペックの全身・・・

サーモグラフィーとは、体温変化などを視覚化するアレである。

 

現在もスペックは寝たきりのようだが・・・

サーモグラフィーからわかる体の形・・・とても97歳とは思えないほど

筋肉は衰えを見せてはいないようだな・・・

 

寝たきりで運動をしなければ、当然だが筋肉は痩せ細り、ガリガリになっていくものだ。

だが、スペックはそうは見えないが・・・うーん。

 

今回、医師である野本が見せたかったのはスペックの、”ある変化”についてのようだ。


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.