【ネタバレ】バキ道 第25話「なおざり」【漫画感想】

リンクユニット

バキ道ネタバレ 第25話「なおざり」

第25話!あらすじ&感想ですッッ!!

 

修行僧・小池から語られた野見宿禰の修行の一部始終・・・

それは、あまりにも想像をかけ離れたものであったが・・・

やや半信半疑ではあるものの、信じる事にした御老公。

 

■前回第24話「宿禰の修行」はこちら

初代宿禰の墓

1000段にもなろうかという果てしない階段を

息を切らし上って行く修行僧・小池と御老公・・・

 

小池はともかく、御老公死ぬぞwww

 

「お強いですね徳川さん、後押しましょうか」

「いらぬ世話じゃ・・・あとどんだけじゃ・・・」

 

間もなくとのこと。

二人は一体何を目指しているのか・・・

この山頂に一体何が待っているのか・・・?

 

手入れのされていない傾斜した階段に足をとられながら・・・

手すりを頼りに一歩ずつ上って行く・・・

 

小池いわく明治36年に建造され、かなりの年月そのままにされているそうだ。

 

そしてようやく山頂に辿り着いた二人・・・

 

「これ・・・?」

「これです。初代野見宿禰の墓です」

 

墓・・・

今のような墓石とは違う・・・祠・・・?

それにしても・・・手入れの一つもされていない荒れ果てた感が凄いな・・・

 

とても相撲の『元祖』の墓とは思えないほどに・・・

 

「随分とまァ・・・『なおざり』な印象じゃのォ」

「誰もが思うことでしょうね。

 あの・・・あの豪壮な『国技館』を知る者なら、誰もに生じる違和感でしょう。

 

 子孫は繁栄を極め、原点は蔑ろのまま。

 この不条理を、出雲は容赦してはいなかった。

 だからこそ『神』自らが降り立った。

 

 古の『チカラ』をそのままに」

 

ソレ即ち二代目・野見宿禰・・・そういうわけか。

守護神・・・神・・・ね。

 

相撲界が初代を蔑ろにしている事に対しての鉄槌という意味なのか・・・


 


地下戦争開幕か

「なるほど、鉄槌を・・・」

 

御老公から一部始終を聞いた加納。

その加納は天下の大相撲を世界最大の力の集団と評価し、

野見宿禰といえど、それに太刀打ちなど出来るのか?と心配をしているようだ。

 

だが御老公は全く別の心配をしていた。

 

「強敵も強敵・・・

 『実戦派』を標榜するかの武術家、格闘家どもが、

 あのブ厚い怒涛を凌ぎきれるかどうか・・・」

 

これってつまりバキたちが野見宿禰に対して何処までやれるのか・・・?

って心配だよなぁ?

 

野見宿禰のチカラを目の当たりにしているだけに・・・

いかに御老公の知る”地球防衛軍”の面々でもどこまで通用するか心配か。

 

・・・・・

・・・

 

国技館・・・

その理事長室に”あの男”はいた。

 

元横綱・金竜山・・・その人である。

葉巻を吹かし、完全にマフィアのドンと化した貴乃花w

 

「あんた・・・葉巻吸うのかい」

 

理事長・嵐川将平との対談・・・

ふてぶてしい金竜山の態度に、若干あきれている様子・・・

 

「いいものですよ。どうですか理事長も」

「禁欲で鳴る金竜山と葉巻・・・意外というか・・・」

 

てかメッチャ煙たがってるやんw

部屋中煙ってるしw

少しは遠慮したまえよ・・・

 

「『いいもの』とワカれば受け入れる。多少の犠牲を払おうがね」

 

いいもの・・・ねぇ。

 

「・・・・アンタだな」

「・・・・ん?」

 

やめろwwwwwwww

金流山で遊ぶのやめろwww

板垣先生絶対貴乃花いじってんだろww

 

くっそww

 

こんな顔許されネェwww

 

「何かありましたか」

 

大量の煙を理事長に吹きかける金竜山www

理事長メチャクチャくるしんどるがなw

 

「大関が喧嘩に敗けでもしましたか」

 

この一言で確信する理事長。

ニュースはすでに流れている・・・とはいえ、このふてぶてしさ・・・

確実に一枚噛んでいる・・・

 

「天下の大関が満天下で『逆さ吊り』」

 

やめろwww

先生、金竜山で顔芸はまずいですよww

 

「あんな”恥晒し”は、なかなか見られたものではない」

「どこのどいつだ。あの若い衆」

 

再び勢いよく葉巻を吸い・・・

勢いよく煙を吐き出す金竜山ww

 

もうその顔ほんとやめてくれww

 

「会いたければ、会わせますよ。

 ただし、場所はこちらが指定したい」

 

本当によく貴乃花を観察してるな・・・

もう完全に貴乃花にしか見えないww

ドヤ顔とかwww

 

「どこだ」

「八角形の土俵です」

 

八角形・・・ね。

つまり地下格闘技場か・・・。

 

・・・・・

・・・

 

野見宿禰と御老公は、すでにその場にいた。

地下闘技場に敷き詰められた砂を手ですくえば、その中には人の爪や歯が無数に出てくる・・・

 

まるで絶叫や呻き声が聞こえてくるような・・・

 

野見宿禰は掬い取った、その歯や爪の入り混じった砂を握り締める。

するとどうだ・・・爪や歯が粉々に・・・

砂ほどにとは言わないが、細かく握りつぶされてしまった。

 

「いい相撲が取れそうだ」

 

ついに始まるわけか・・・

 

次回第26話に続く!!


 

第25話感想

野見宿禰×相撲界×戦士たち

相撲界もこのまま黙ってはいられないってんで、現役力士を戦わせるのかねぇ。

だけど、正直今更力士が出てきたところで宿禰の相手になるとは思えんがなぁ。

 

やはり本命はバキたちって事になるだろうなぁ。

何処までやってくれるか見ものではあるな。

 

■前回

 

■次回 

 

 

■バキ道

 

■刃牙道

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

しろログカテゴリー一覧

  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ