【ネタバレ】バキ道 第24話「宿禰の修行」【漫画感想】

リンクユニット

バキ道ネタバレ 第24話「宿禰の修行」

第24話!あらすじ&感想ですッッ!!

 

宿禰の修行・・・

修行僧の小池が言うには最新にして最古の筋トレだという”それ”・・・

果たしてどんな内容のモノなのか?

 

■前回第23話「破邪」はこちら

不可思議な筋トレ

宿禰が長時間静止した姿勢・・・

両足を開き、そのまま腰を落とす。

上半身は、やや前傾・・・両腕を手前に自然におろし・・・

 

確かに下半身にかかる負荷はとんでもなく大きいのは間違いないだろう。

そこは御老公も素直に認めるところ。

だが・・・やはり腑に落ちない。

 

御老公は小池に問う。

近代トレーニングを軽んじてはいないか?と。

 

小池は、野見宿禰の”これ”が、最新の筋トレと言うが、

御老公の知る限り今の最新のトレーニングとは・・・

日々、鉄の塊を相手に”動的”なものが広く知れ渡っている。

 

宿禰のそれとは、まさに真逆・・・

筋肉の細部に渡り、どれも動的なトレーニングが用いられ、

果ては食やサプリに到るまで・・・

 

中にはジャックのように薬物による強化に到る者もいる。

 

「事の是非はともかく、その徹底ぶりはある意味見上げたもの。

 最新のアスリート・・・最新のトレーニングとはそういうもの。

 

 その一方、いかに肉体的苦痛は拷問の域に達していようが、

 あの動きの無さは最新トレーニングには見られんものじゃ」

 

まったくもって反論の余地はないかに思われたが・・・

小池は瞬間的にそれを否定した。

 

「動いてます。それもこの上なく激しく動いてます」

 

御老公はもはや呆れ顔w

小池の言葉に疑いしかない様子。


 


宿禰の相手

小池は語る。

今まさに守護神・宿禰は『立ち合い』中だと。

 

どう見ても動いてないのに動いてるという。

どう見ても一人で構えているのに立ち合い中だという。

全くもってこの男の言葉に信憑性を感じない御老公。

 

それでも、一応聞いてみよう。

宿禰は何と立ち合っているのかと。

 

「強敵とです」

 

その返事にさらに頭を抱える御老公。

 

「あのさァ、なんで『エア力士』なの?

 ホンモノの力士とやりゃいいじゃろ。

 どこかの部屋に入門するとか、大学の相撲部に行くとか」

 

御老公の意見も御尤も。

しかし小池は言うのだ。

 

『彼』ほどの強敵はいないのだと。

首をかしげる御老公。

 

宿禰本人から、その話を聞いた当初は、小池も御老公と同じ反応を見せたそうだ。

実戦の立ち合いに勝るものはない・・・誰しもがそう思うだろう。

 

しかし、確かによくよく考えてみると、宿禰クラスを満足させる力士が、

果たしているのか・・・?

宿禰とて、もし本当に自身の実になる相手がいるならば、その相手との立ち合いを望むだろう。

 

だが、それをしないということは・・・つまりはそういう事なのだろう。

それにしても気になるのは、宿禰が相手にしている”仮想力士”だ。

 

小池が語った、その力士像・・・

身長2m・・・体重は250kg。

 

「デカ過ぎじゃ。動けるサイズじゃないわ」

「その通り。だからこの『力士』は地球上には存在し得ません」

 

「いやいやいや・・・そこまでじゃない。

 欧米の巨漢にはあり得るサイズじゃよ」

「いえ・・・絶対にいません。全方向への250キロなのです

 

全方向・・・とは?

 

小池が言うには、250キロでのしかかり、250キロで浮き上がる・・・

250キロで横へ斜めへ・・・縦横無尽・・・

 

下に落ちるしかない現実の物体のように”貧しく”ない・・・

 

野見宿禰の造り上げた力士は、全方向へ”落下”するそうだ。

 

さらに小池は続ける。

その超常力士は、重量感をそのままに

回転するという。

 

縦に、横に、斜めに回転ろうとすると。

つまり宿禰は250キロの巨大な螺旋丸を受け止め続けていると・・・

そういいたいのか?

 

「さらには押してくる、引いてくる、投げてくる、突いてくる、吊ってくる。

 身長2メートル、体重250キロのままです」

「ふふ・・・言いたい放題とはまさにこのこと。腑に落ちん」

 

「はい?腑に落ちないとは・・・?」

「『守護神』と呼ぶには、不自然にハード過ぎておる」

 

「仏教的ではありませんが」

 

そういうと、小池は自ら開いた左の掌に、右の拳をパンッ!とあてがい、

こう言い放った。

 

「大相撲に鉄槌をくだす」

 

その真意とは!?

 

次回第25話に続く!!


 

第24話感想

結局、野見宿禰の修行はエアシャドーか。

しかも、相手は人間離れした力士・・・

 

そんなモノと日常的に立ち会っているのでは、

並みの人間ではお話にならないのも頷ける。

 

オリバがまるで相手にならなかったのも、この話を聞けば納得か・・・

 

■前回

 

■次回 

 

■バキ道

 

■刃牙道

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

しろログカテゴリー一覧

  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ