バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第115話 「節分のふしぎ」【漫画感想】

更新日:

あつまれ!ふしぎ研究部 第115話ネタバレ 「節分のふしぎ」

第115話のあらすじ&感想です!

■前回の第114話 「ギャルのふしぎ」はこちら

ふしぎ研究部の部室にて・・・

机の上に置かれた枡に入った豆・・・

 

部員全員心当たりがないことから、どうやら誰かが部室においていったものらしい。

今日は節分・・・豆まき用の豆という結論にたどり着くのは、そう難しくはなかった。

 

とそこへ・・・

 

「ちょっとあなたたち・・・」

 

風紀委員の高浜さん登場!

毎度ながら暇すぎるな!

 

「鬼はー外!」

「わっ!!」

 

千晶の豆まきの洗礼を受ける高浜さんw

 

「福はー内ー!」

「何するのよ急に!」

 

「鬼はー!外ー!」

 



明らかに鬼は外の一撃が強いww

 

「まぁこんなもんか」

 

完全に高浜さんを追い出す形になったw

 

「何なのよ一体!!」

 

当然怒鳴り込んでくる高浜さん!

今回はキレていいw

 

さて、怒り狂う高浜さんは置いておいて・・・

豆まきの次は、年の分だけ、豆を食べる・・・だったな。

 

大祐たちはみんなで豆をつまむ。

意外と美味しいよな、あの豆。

 

「悪い子はいねが~~~~~!!」

 

突如部室に鬼の面をかぶった旭先生登場・・・

が、全員豆むさぼってるww

 

「何で食べちゃうの!?先に鬼を払ってからでしょ!?」

「鬼はもうさっき払ったんですよ」

 

どうやら豆を用意したのは旭先生だったようだ。

それを豆まきを楽しむ前にほとんど食べられてしまい、

落ち込み方がハンパではないw

 

「だ、大丈夫ですよ。

 まだ残ってるんで。いきますよー。

 鬼はー外ー!」

 

たった三粒の豆を旭先生目掛けて投げる千晶ww



 


「・・・終わり?」

「・・・はい」

 

「豆3粒で鬼が逃げて行くとでも・・・?」

 

鬼の面をつけてるだけあって、いつもより迫力が3割増しくらいだなw

 

「本当にすみません!!」

 

「ふしぎ研究部はもう終わりよ・・・

 鬼を外に出せなかったから福はもう来ないのよ」

 

だんだん面倒くさい人になってくる旭先生w

 

「でも、もう一度だけチャンスをあげる」

 

そういうと、人数分の恵方巻を取り出した旭先生。

なんて準備のいい鬼なんだ。・゚・(ノД`)・゚・。

 

これを食べて部の福を補えればいいのだが・・・

 

「高浜さんは食べないの?」

「わ、私は遠慮します。

 そんな太巻き大口で頬張るの・・・

 なんかいやらしいし」

 

高浜さん、相変わらず思考がドベスケすぎるぞ!!

しかし、この一言で、女性陣も意識せずにはいられなくなってしまった・・・

 

く・・・なんて卑猥なんだ!太巻き!!

 



恥らって喰うから余計にいやらしく見える!!

 

女性陣が太巻きをむさぼる様子は、大祐も当然見たいと思った。

しかし、恵方巻のルールに則り、みなが同じ方向を向いて食べる以上、

その姿を確認する事は出来ない・・・

 

そこで大祐の考えた手法は、いち早く恵方巻を食べ終え、

さりげなく振り返る作戦!!

 

これだ!!と言わんばかりにガッツクのだが・・・

 

そのせいで・・・

 

「!!」

 

案の定喉に詰まらせてしまった。

 

「み、水・・・」

「・・・」

 

ことね先輩たちは黙って見つめてくる。

どうやら、”黙って食べろ”と目で訴えているようだ。

 

恵方巻きを食べるときは喋っちゃいけないのか?w

全然ルールしらなんだw

 

結局全員が食べ終わり、会話が可能に・・・

 

「いやーおいしかった。

 さっき何言おうとしてたんだ大祐」

 

振り返った時には、すでに遅かった。

大祐は泡を吹いて卒倒してたww

 

ドベスケに福は来ず・・・

トンでもない代償を払う結果になったとさ・・・めでたしめでたし。

 

次回第116話に続く!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

オススメ記事

follow us in feedly

サイト内検索

-あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.