弱虫ペダルネタバレ感想 524話 「真波、飛ぶ」

リンクユニット
  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ

弱虫ペダル RIDE.524「真波、飛ぶ」ネタバレ感想

524話のネタバレ感想です!

 

残り1400mを切り、いよいよ真波が本気になろうとしていた!

終盤において、仕掛けるタイミングは勝敗に関わる・・・!!

見極めを間違えると取り返しがつかない。

 

真波の嗅覚が、”ここ”が勝負の仕掛け時といっているのだろうか!?

 

■前回第523話「スイッチ!!」はこちら

敵は”自分自身”!?

先頭を走るのはいまだ総北のゼッケン1番・”山王”小野田坂道。

真波との差は2、30m・・・!!

安定したペースで先行している。

 

このまま先頭をキープできる・・・そう思った矢先だった。

坂道に異変が・・・!?

 

自身が先頭を走り、ゴールを意識した直後だった。

心拍の上昇・・・強張る足・・・

 

緊張・・・!!

 

先頭や、ゴールを意識したことで、緊張が体を強張らせる。

足の動きが鈍くなり、動揺し、呼吸も乱れる。

 

坂道は、すぐに頭から余計な意識を払拭し、震える手でハンドルを殴りつけ、

冷静さを取り戻す・・・!!

 

(鎮まれ・・・!!鎮まれ・・・!!自分!!)

 

坂道は、そう自分に言い聞かせ、ダンシングすることで見事に持ち直した。

 

これを後ろから見ていた真波は、坂道を賞賛した。

 

確かに見て取れた心の揺らぎ・・・先頭を走るものが襲われるプレッシャー・・・!!

先頭は必ずしも敵がいないわけではないようだ。

 

優勝を意識し、絶対にミスできないと思えば思う程、人間は普段やらないようなミスをしてしまう。

 

それはタイトルが大きければ大きいほどに顕著になる。

勝たなければならないという気持ちが、より強くなるためだ。

 

こういうプレッシャーは、体を硬直させ、普段のパフォーマンスを殺してしまう。

 

”敵は自分自身”

 

動かない体を無理矢理動かそうとして、普段の動きが出来なくなる・・・

”勝利の前の沼”・・・人はそう呼ぶそうだ。

 

どんな選手にも訪れる”それ”を、坂道は見事に打ち破った。

プレッシャーに打ち勝ち、走りを持ち直し、力強くゴールを目指している。

 

敵ながら流石だ・・・!

真波はそう思っただろう。

 

一人では何も出来ないと謙遜していた坂道だが、

使命感というヤツかな・・・任されると異常に強い・・・!!


 


天空の羽根王子・・・!!

先行されているにも関わらず、真波に焦りなどはない。

 

「風がでてきた」

 

真波の表情が変わった。

それは勝機を掴む顔だ・・・!!

 

真波は語る・・・君は強いが、その快進撃もここまでだ・・・と。

 

真波には揺るぎない確信があった。

自身が先頭に踊り出る確信が・・・!!

 

その根拠となるのが、この”風”だ。

天空の羽根王子・・・スカイプリンス・・・!!

その名は伊達ではないということだ。

 

風を読み、風を力に変え加速する。

 

真波は高原を駆け抜ける風に・・・乗る!!

 

「!!・・・」

 

背後から感じる凄まじいプレッシャー!!

思わず後ろを振り返る坂道。

 

真波が、すぐそばに・・・それにあれは・・・!?

 

”羽根”・・・!!

 

追い風を味方につけ、ベストタイミングでギアを上げた。

異常なまでの加速を可能にしているのはこれが原因!!

 

そして、その姿に人々は”羽根”を見るそうだ。

 

驚愕する坂道!!

すぐさま加速しようとする!!

 

「遅い」

 

今更加速しても、もう遅い!?

 

「そ!!れぇぇぇ!!」

 

真波は一瞬にして坂道の横についた。

 

「ま・・・なみくん」

「気付いたのはよかったけど、ちょっと遅かったね」

 

笑みを浮かべながら、そう語る真波は天使のように見えた。

 

「今度はオレが”先にいくよ”坂道くん」

 

真波は坂道を置き去りにし、猛スピードで駆け抜けていく。

その後姿に、確かに羽根をみた坂道。

 

天空の羽根王子の二つ名は伊達ではない・・・

うなだれる坂道・・・

 

流石に心が折れてしまったのか!?

 

「ダメだ・・・」

 

弱音を吐く坂道・・・終わってしまうのか!?

 

「強い・・・すごい真波くん・・・」

 

のこり1200m・・・

まだ諦めるには早いぞ・・・!!

 

「ぬかれたのに・・・ダメだ・・・

 なんでだろう真波くんのすごい走りを見たら・・・

 頭の中で”恋のヒメヒメぺったんこ”が鳴りはじめた」

 

ファーーーーwwwwww

 

落ち込んで弱音を吐いたかに思えたが、その実、全然落ち込んでなかったw

それどころか満面の笑みww

 

そして姫ナノダーーーーwww

忘れてたぜ・・・そういえば、まだ歌ってなかったな・・・

 

こっからの坂道は強いぞ・・・!!

真波に羽根があるなら、坂道には歌がある・・・!!

 

マクロスかよおめぇ!!

勝負はまだまだわからない!!

 

今の坂道なら、余裕で追いつく気がするw

見せてやれ!!山王の真髄を・・・!!

 

次回525話に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

更新

■2019年1月22日(火)更新

■2019年1月21日(月)更新

しろログカテゴリー一覧

  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ