チェンソーマンネタバレ感想 第3話「東京到着」

リンクユニット
  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ

チェンソーマン第3話「東京到着」ネタバレ感想

f:id:sarapan2014:20181203095020p:plain

週刊少年ジャンプ『2019年3号掲載』のチェンソーマン第3話のネタバレ感想になります!

 

■前回/第2話はこちら

 

マキマさんでいっぱい

マキマの好きな男のタイプが、自分みたいな人と聞いて、

すっかり舞い上がるデンジ。

 

「俺も・・・マキマさんが好きです・・・」

 

と、時間差の告白を試みるも、すでに、そこにマキマの姿はなく。

告白は空振りに終わってしまった。

 

そんなこんなで、デビルハンター東京本部に到着。

東京には民間も含めて1000人以上のデビルハンターがいるそうだ。

 

マキマさんの丁寧な解説中、デンジの頭の中はマキマさんでいっぱいだ!

こいつ話なんも聞いてねぇ(((( ;゚д゚)))

 

(してぇ!!そういう行為してー!!)

 

やりたくてやりたくて仕方ないって!

人生で初めて優しくしてくれた女が目の前にいると、こういう感情になるものなのだろうか・・・

 

禁欲生活が染み付いているからな・・・

いざ手の届く所にあると欲し方もハンパではないのか。

 

ともかく、マキマの説明を右から左へ聞き流しながら、制服を受け取り、着替えるデンジ。

同僚に会わせてくれるそうだ。

 

やばい・・・

さっそく同僚と顔合わせ。

ツンケンした美青年・・・!?

スーツ姿に似合わぬ日本刀を背中に差している。

 

名前は早川アキ・・・デンジより3年先輩だそうだ。

今日は、この男に同行して仕事するようだ。

 

「・・・俺、マキマさんと一緒に仕事すんじゃないんすか?」

「そんなわけないだろ。お前とマキマさんとでは格が違う。

 見回りいくぞ」

 

と、襟を掴まれ、引きずられていくデンジ。

 

相当嫌そうだが、デンジの働きぶり次第では一緒に仕事できる・・・と、

ニンジンをぶら下げられてしまった。

 

「なぁ先輩よぉ、マキマさんって男いんの?」

 

人混みの中を掻き分けながら、何気ない質問。

 

無視。

 

「なあよぉ」

 

無視。

 

「なあ」

「ちょっとこい」

 

路地裏に連れ込まれたデンジ。

 

ドゴォッ!!

顔面へ鉄拳制裁ww

 

ダメージよwwwアヘ顔じゃねぇかw

 

続いて腹に膝蹴り。

アキから理不尽な暴行を受けるデンジ。

 

煙草に火をつけながら

「お前、仕事やめろ。明日も来たら、またボコるからな」

 

と、一言。

ヤベェ奴やん!!


 


怒っていい

デンジは何故辞めなければならない?と質問を投げかける。

 

早川アキは、これは優しさだという。

軽い気持ちでデビルハンターをやれば死ぬ・・・

今まで給料だけ見てデビルハンターになった同僚は、みんな悪魔に殺されたそうだ。

 

生き残っているのは、皆、根っこに信念があるヤツだけ・・・!

 

「お前さ・・・マキマさん目当てでデビルハンターなったろ」

「ピンポーン」

 

「じゃあ殴って正解だったな」

 

アキは吸っていた煙草の吸殻を倒れたデンジの胸に弾いて捨てた。

そして、そこにツバを吐きやがった。

 

デンジの胸にはポチタの尻尾が・・・

 

「マキマさんには俺から言っといてやるよ。

 お前は悪魔にビビって逃げたってな」

 

去ろうとする早川アキ。

 

キン!!

 

悪魔的攻撃

突如走る、鈍い痛みにアキは悶絶した。

背後からデンジの鋭い膝蹴りが、アキのタマタマを突き上げた。

 

しかもご丁寧に、手で股を開いた上で、クリーンヒットさせている。

アキがどれほどの達人かは知らないが、男である以上、この痛みからは逃れられない。

 

「先輩は優しい人なんだなぁオイ・・・

 俺は!男と!喧嘩する!時ゃ!股間!しか!狙わねぇ!」

 

まじで悪魔すぎるんだがww

 

デンジはひたすらにアキの股間を蹴りまくった。

一発でも地獄だというのに、それを何度も何度も、タマタマだけをけり続けた。

こんな悪魔みたいなヤツがいるのか!

 

「ふぅ・・・!俺ぁ今日はじめてウドン食ったぜ・・・

 フランクフルトもな・・・

 はじめて人並みの扱いされたし、はじめてメシ食わせてもらった。

 俺にとっちゃ夢みてえな生活だ。

 

 俺は軽~い気持ちでデビルハンターになったけどよぉ、

 この生活続ける為だったら、死んでもいいぜ」

 

自分で言ったセリフだったが、すぐに訂正。

死んでも・・・というのはナシだ。

ポチタの命も一緒だからな・・・

 

デンジの長台詞にすっかり回復したアキは、デンジに反撃!!

腹への肩当から顔面へ一発!!

しかし、逆に股間への一撃を貰ってしまった。

 

釣銭がでかすぎるww

 

「マキマさんはなぁ・・・

 お前みたいなチンピラが好きになっていい人間じゃねえんだよ!」

 

アキもマキマさん大好きなのか!?

ファイティングポーズを取るアキだったが、金的ダメージ蓄積により気絶。

勝負あった・・・

 

「やべぇ・・・」

 

・・・・

・・

 

本部帰還。

 

「・・・」

「先輩が金玉の悪魔に玉を襲われました」

「ウソです・・・コイツの嘘です・・・」

 

「ふーん。で、どう?仲良くできそう?」

「全っ然」

「こいつクズですよ・・・」

 

「仲良くできそうでよかった」

 

ワロタw

デンジは早川の部隊に編入が決定した。

 

早川の部隊は面倒くさい連中が多いようだ。

それもまたマキマの狙いなのか?

 

デンジの説明がまだだったため、そちらの説明もしつつ。

とにかくデンジが特別ゆえに特別待遇ということで部隊入りも押し通した。

 

ただし、公安を辞職したり、違反行動があった場合は、デンジは悪魔として処分するようだ。

 

「死ぬまで一緒に働こうって事」

 

もはやデンジに選択肢はなかった。

公安としてやっていく以外に生きる道はない。

 

・・・・

・・・

 

デンジの見張りもかね、アキと共同生活を送ることになった。

逃げ出せば殺していい命令も受けているそうな。

 

「・・・なあ、マキマさんって悪い人なの?」

「そう思うならマキマさんは諦めろ」

 

本来悪魔であるデンジはデビルハンターに狩られる身。

それを見逃してもらっている時点でマキマさんはいい人だとアキは語る。

どうやら彼にとってマキマは命の恩人らしい。

 

アキがマキマに固執する理由は単なる恋愛感情じゃないってことか。

 

「マキマさん・・・もう一回抱きてえなあ」

「はあああああああ!?」

 

挑発すなww

 

次回第4話に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■チェンソーマン一覧

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

更新

■2019年1月22日(火)更新

■2019年1月21日(月)更新

しろログカテゴリー一覧

  • アニメ感想
  • ドラマ感想
  • バキ道
  • 刃牙道
  • 弱虫ペダル
  • ハリガネサービスACE
  • ハリガネサービス
  • あつまれ!ふしぎ研究部
  • 足芸少女こむらさん
  • チェンソーマン
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • HUNTER×HUNTER
  • 仮面ライダーエグゼイド
  • 仮面ライダービルド
  • 仮面ライダージオウ
  • ゴブリンスレイヤー
  • ドラゴンボール超
  • 水曜日のダウンタウン
  • 勇者ヨシヒコと導かれし七人
  • ニュース
  • 日記
  • プライバシーポリシー
  • プロフィール
  • 最新情報
  • お問い合わせ