【呪術廻戦35話】東京校VS京都校全面戦争!戦力分析!!【ネタバレ】

リンクユニット

f:id:sarapan2014:20181117112012p:plain

今週号(50号)の週刊少年ジャンプの呪術廻戦35話にて、

ついに全面戦争勃発!!

京都校メンバーによる虎杖悠仁集中攻撃に、露骨なまでの殺害意図を感じた東京校のメンバー。

 

当然、阻止すべく各自相対するわけだが、

東京校VS京都校・・・果たして初っ端から削りあいになるのか!?

 

東堂葵(三年)VS虎杖悠仁(一年)

f:id:sarapan2014:20181107101401p:plain

まさかの女のタイプが一致し、勝手に悠仁を親友認定した東堂だが、

決して矛を収めるつもりはなく、他の仲間に手出しはさせないかわりに、

「親友に手は抜かない」として、より一層危険度が増してしまった。

 

このガチムチの術式の詳細は不明だが、”相手の位置を入れ替える”能力を見せている。

乱戦には有効な能力だが、こと一対一においては別段強力には思えないが、

例えば”物”と”人”など、対象範囲が広いのであれば厄介極まりないだろう。


 


禪院真希(二年)VS三輪霞(二年)

f:id:sarapan2014:20181117113336p:plain

二年同士の闘いになりそうだ。

槍の真希と刀の霞か。

リーチだけで見れば真希の方が優勢のようにも思えるけど、霞は呪力を使って闘う可能性も。

 

f:id:sarapan2014:20181117114047p:plain

先の悠仁襲撃の際に、シン・陰流 簡易領域『抜刀』を使う。

恐らくだが、自身を中心に円形の領域を張り、その領域に踏み込んだものを察知し、切り込む技のようだ。

 

抜刀術が勝つか、呪力を持たない真希が呪具による戦術で勝つのか!?

 

加茂憲紀(三年)VS伏黒恵(一年)

f:id:sarapan2014:20181117114638p:plain

禪院家の血筋で、2級呪術師の天才・伏黒・・・

一方も細目強キャラ臭の三年加茂憲紀。

弓矢使いみたいだし、距離を詰めれば勝てない相手ではなさそうだけどな。

 

式神を使い、多数で攻めるなど、攻撃のバリエーションも多そうだ。

しかしながら、敵もまた未知数。

 

当然ただの弓使い程度じゃないはずだ。

ただ、伏黒もとっておきを持ってる臭いよな・・・

 

VS東堂戦で、ボコボコにされながらも一瞬東堂をビビらせてたしなぁ。

まぁ楽しみだね!!


 

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

新着
リンクユニット