バキ道外伝 メシ道 第1話「カツ丼」

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

f:id:sarapan2014:20160827022227j:plain

(二代目野見宿禰・・・想像以上だったな・・・)

クライミング会場で二代目野見宿禰の実力の一端を目の当たりにし、胸が高鳴るまま帰路につく刃牙。

 

「!」

 

通りすがり・・・丁度店のドアが開き、店内からとてつもなく食欲をそそる飯の香りが鼻をつく。

 

(なか卯・・・か。

 たまにはいいかな・・・)

 

刃牙は匂いに誘われるままに店内に足を向ける。

 

「いらっしゃいませー」

 

時間は18時すぎ・・・結構な賑わいをみせる店内。

券売機でカツ丼大盛りを購入。

カウンター席へ向かう。

 

と、ここで、カウンターの奥に一際巨躯(でか)い男がいる。

 

「~~~~~~~~ッッ!(末堂さんだ)」

 

刃牙には気付いていないようだ。

声をかけるべきか悩んだが、末堂は一番奥の席に座り、その右隣も他の客が座っている。

 

(・・・まぁいいか。知らないフリでもしてよう)

 

刃牙は末堂と同じカウンター席の中盤あたりに腰をかけた。

 

「いらっしゃいませー!」

 

すぐに店員がやってきて、水の注がれたグラスを出してくれる。

 

カツ丼大盛りの券を回収し「カツ丼大盛り入りましたー!」と掛け声。

カツ丼到着までしばし待つ。

 

「お待たせしました!

 カツ丼大盛り3つと、牛丼大盛り1つ・・・それと唐揚げ1つです」

 

(~~~~ッ!?・・・一体誰だよ・・・そんな注文して)

 

店員の声がした方・・・左に目を向ける。

注文主は言わずもがな末堂厚だ。

 

(~~~~~~~~~ッッ!!食い過ぎだろ・・・末堂さんッ!)


 


(てかなんだよ、カツ丼大盛り3つに牛丼大盛り!?

 親子丼とか、うどんとか・・・もっとバリエーションあるでしょうに・・・

 まぁ・・・よっぽどカツ丼が好きなんだな・・・)

 

「いただきますッッ!!」

 

(声がデケェよ末堂さんッ・・・!格闘技じゃあるまいし・・・)

 

「フガッ・・・!クチャ・・・モグ・・・カッカッカッ・・・」

 

(ゴクリ・・・腹が減る・・・カツ丼まだかな)

 

ガタンッ!

 

「ふぅ~~~・・・」

「なッ・・・!?(もう一杯完食したっての!?早すぎだろ末堂さんッッ)」

 

「ゴクッ・・・ゴキュッ・・・ゴクッ・・・くはぁ~!!

 ハッグゥ!!

 もぐ・・・くちゃ・・・もぐ・・・」

 

水を一気に流し込み、二杯目のカツ丼に取りかかる。

 

(出来立てのカツ丼、よくそんなに早くかっこめるな・・・

 熱くないのかよ・・・ちょっと関心しちゃうな・・・末堂さんッ)

 

「お待ちどう様です!カツ丼大盛りです!ごゆっくりどうぞ!」

 

(ようやくやってきた俺のカツ丼ッ・・・!

 七味をふりかけて・・・と。

 いただきますッ・・・!!)

 

「はぐ・・・」

 

カツを一口・・・

 

(ンまぁ~・・・ッ・・・!!やっぱなか卯のカツ丼は最高だぜ!!)

 

「はふはふ・・・サクッ・・・くちゃ・・・もぐ・・・」

 

(やべぇ・・・カツのサクサクに卵のとろみ・・・

 そして、割り下(タレ)のしみ込んだ白米・・・ッ!

 文句なし・・・!!)

 

箸が止まらない・・・

最初は熱かったけど、徐々に気にならなくなり、かっこむ箸が加速していく。

 

(末堂さんが一瞬にして平らげたのも解る美味さだ・・・

 こりゃ病みつきになるぜ・・・!!)

 

f:id:sarapan2014:20160827022253j:plain

「ふぅ~・・・」

 

ものの五分たらずでカツ丼大盛りを平らげてしまった刃牙。

 

「お、刃牙・・・ッ!?」

(ゲッ・・・しまった!完全に油断してた・・・!!)

 

刃牙が一杯を食べ終わる間に、末堂はカツ丼大盛り三杯に牛丼大盛り一杯、

そして、唐揚げを平らげたというのか!?

 

「す、末堂さん・・・どうも・・・こんばんわ」

「・・・!ほう・・・丼モノ一杯だけ・・・ねぇ・・・(ニヤニヤ」

 

(なんだろう・・・なんか負けた気分がするな・・・)

 

「末堂さん・・・ちょっと食べ過ぎなんじゃないですか?」

「こんくらい朝飯前よ!」

 

(ちょっと何言ってるかわかんないけど・・・なんか誇らしげだな)

 

「稽古終わりはいつもこんなもんよ!」

「そうなんだ」

 

「どうよこれからもう一軒!」

「(え~・・・)いや、俺は・・・」

 

「まさかチャンピオンが丼一杯って・・・そんなわけねぇよなぁ!?」

「・・・わかりました。お供しましょう」

 

(いやいやいや、何言ってんだオレ~~~~~~!?)

 

次回に続くッッ!!

 

バキ道もよろしくね!

■バキ道


 

リンクユニット
関連記事

オススメ記事

購読ボタン