【ワールドトリガー】B級ランク戦ラウンド7の四つ巴!玉狛第2は勝てるのか!?

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

f:id:sarapan2014:20181107105715p:plain

今週号(49号)の週刊少年ジャンプのワールドトリガー166話にて、

ついにB級ランク戦ラウンド7が開幕!!

 

玉狛第2・影浦隊・東隊・鈴鳴第一による四つ巴!

Aランクを目指す玉狛第2にとって、負けられない戦い!!

 

果たして勝機はあるのか!?

ヒュースのデビュー戦でもあるし、なんとか勝って欲しいものだ!

 

玉狛第2の戦力

f:id:sarapan2014:20181107105443p:plain

三雲 修(15)/射手(シューター)
空閑遊真(15)/攻撃手(アタッカー)
雨取千佳(14)/狙撃手(スナイパー)
ヒュース(16)/万能手(オールラウンダー)
宇佐美栞(17)/オペレーター

 

玉狛第2は今回ヒュースも加入し、4つの隊の中でも唯一4人編成だ。

その強みはデカイだろうな。

 

今回のMAPが市街地D。

狙撃の的になる事を避け、大型ショッピングモールが戦いの舞台になりやすいようだ。

 

となれば接近戦に強い隊が有利かもしれない。

 

ヒュースはこれまで『弧月使いのアタッカー』を演じてきているので、

隠し玉の変化弾(バイパー)で奇襲攻撃を予定。

 

とにもかくにも点を取りに行かなければならない玉狛第2は攻めの姿勢で臨まなければならない。

基本的に遊真とヒュースのダブルエースで点を取りに行く!


 


影浦隊の戦力

f:id:sarapan2014:20181107104555p:plain

影浦 雅人(18)/攻撃手(アタッカー)
北添 尋 (18)/銃手(ガンナー)
絵馬ユズル(14)/狙撃手(スナイパー)
仁礼 光 (17)/オペレーター

 

影浦隊にとっても接近戦は臨む所だろう。

ユズルも今回は狙撃手というより、ガンナーとしてモール内で援護に回るようだ。

北添はメテオラぶっぱの使い手だったっけ・・・

 

果たしてどうなることやら。

 

鈴鳴第一の戦力は?

f:id:sarapan2014:20181107104948p:plain

来馬辰也(20)/銃手(ガンナー)
村上 鋼(18)/攻撃手(アタッカー)
別役太一(16)/狙撃手(スナイパー)
今 結花(18)/オペレーター

 

鈴鳴第一が今回MAPの選択をしたわけだが、

スナイパーがいるにも関わらず、スナイパーに不利になるマップを選んだ理由が、

どこかにありそうだなぁ。

 

単純に東隊の東を警戒してのことかもしれないが、油断は出来ない。

接近戦では村上鋼が相当な強みになるだろうし、乱戦になった場合、他のメンバーがどれだけサポートできるかだよなー。

 

鈴鳴第一の戦力は?

f:id:sarapan2014:20181107103959p:plain

東 春秋(25)/狙撃手(スナイパー)
奥寺常幸(16)/攻撃手(アタッカー)
小荒井登(16)/攻撃手(アタッカー)
人見摩子(18)/オペレーター

 

東隊は奥寺と小荒井のコンビネーションで撹乱して、

東が仕留める・・・という戦法でいくのかしらね。

 

奥寺と小荒井・・・弱くはないんだろうけど、まだ一対一で脅威に感じる程ではないので、単体なら余裕だろう。

 

二人のコンビネーション+東の適切な援護が若干怖いところではある。

 

結局、何処が勝つのか、まだ何ともいえないけども、やはり数的有利な玉狛第2が勝つんじゃないかな。

 

今回がデビュー戦のヒュースのデータはどこも持ってないわけだし、

バイパー奇襲もあるからな。

 

果たしてどんな勝負になるのか楽しみです!


 

リンクユニット
関連記事

オススメ記事

購読ボタン