【悲報】伊方原発3号機再稼働!破滅へのフラグか

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

f:id:sarapan2014:20181027072257p:plain

本日未明、四国電力が伊方原発3号機の原子炉を起動!

1年ぶり再稼働をさせたようだ。

安全第一に取り組むのは当然の事として、本当に大丈夫なのだろうか?

 

四国の愛媛県の端っこ・・・とはいえ、巨大地震が来て津波が発生したら・・・

福島の二の舞にならない?

 

特に最近地震が増えてきてる気がするんですが、本当にええのか?

愛媛は心配ないって思ってそうだなぁ・・・

 

四国電力は、何処までの危機を想定し、何処まで対処できるかをちゃんと発表してほしい。

その見通しが本当に正しいのか、ちゃんと専門家の意見を聞いて欲しい。

 

原子力規制委員会って奴の審査をクリアしてるってのは、あくまでも伊方原発3号機の機能的な部分の事をいってるんじゃないの?

あらゆる外的要因を含め、安全だっていってるの??


 


そりゃ原発に頼りたくなるのはわかるし、遊ばせておくのも、もったいないのかもしれん。

しかしながら福島の一件とかもあったり、不安はあるんだよなぁ。

ましてこんな地震大国、いつ大きな地震が来ても不思議じゃないのに、あまりにリスキーなんじゃないのかねぇ。

 

万が一が起きた際も、責任の押し付け合いが始まるだけで、

もう起きてからでは遅いよなぁ事故。

 

地元住民とかは皆賛成なのかねぇ再稼働。

一番身近な問題だし、反対も多そうなんだけどなー。

 

まぁ国は、いつくるかもわからん大地震など気にしない方針なんだろうな。

そんな事を言ってたら何も進められないってのは・・・まぁわからんではないけどさ。

 

とにかく、なにも起きない事を祈るしかないね。


 

リンクユニット
関連記事

オススメ記事

購読ボタン