【巨大地震予兆】栃木県北部でM3.7最大震度4の地震発生!関東大震災が近いのか?

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

f:id:sarapan2014:20181015161608p:plain

2018年10月15日(月)16時10分ごろ、栃木県北部を震源とするM3.7

最大震度4の地震が発生しました。

 

何だか最近関東を中心に地震が増加傾向にある気がするのだが、気のせいだろうか?

北は北海道、南は熊本まで、色んな所で地震が起きてはいるけど、

何か嫌な予感がするのは千葉や茨城、群馬、栃木・・・

 

そういえばネットでは南海トラフ地震が来るんじゃないか?って噂になってる。

その原因が、海洋研究開発機構の地球深部探査船『ちきゅう』だ。

 

今月10日、紀伊半島沖の南海トラフ掘削調査に出航したそうだけど、

恐ろしいことに巨大地震が起こるとされるプレート境界にあたる

地下約5200メートル付近まで海底を掘り下げる初の調査で、

境界付近の岩石などを採取し、地震や津波の発生メカニズムの解明に生かす・・・らしい。


 


こんな自ら刺激を与えて、影響はないのだろうか?

もしこの掘削調査が引き金で南海トラフ地震が引き起こされたりしたら、

どう責任をとるつもりなのだろうか?

 

この調査で、地震が起きても100%関連性はない・・・と、断言できる根拠はなんなんだろう?

調査して、それでメカニズムを解き明かして・・・

実際地震を未然に防ぐことが出来なければ意味がないのでは?

 

まさか、ピンポイントで、何月何日何時何分まで正確に地震を把握できるようになるとか?

しかも一週間くらい前に。

それくらいの成果が望めるなら、やる価値はあるかもしれんが、

そうでないなら今このタイミングで調査するのは、余計な不安や言いがかりを招くだけだと思うんだがな・・・

 

これでホントにどえらいの来たら、ちきゅうのせいってのも可能性の一つにあげられてしまうんだろうなぁ。

 

まぁなんにせよ、最近の地震増加傾向は警戒したほうがいいかもですね。


 

リンクユニット
関連記事

オススメ記事

購読ボタン