【注意】Airdrop痴漢は逮捕されるそうだぞ!【iPhone】

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

f:id:sarapan2014:20181014074750p:plain

iPhoneには『Airdrop』なる機能があるらしいぞ!

近くにいる人間に画像を送り付けることができるんだって!

 

結構便利な機能だが、見ず知らずの他人から画像が送られてくるのは、不気味っちゃぁ不気味。

しかも、その機能を悪用した『Airdrop痴漢』なるものが流行っているらしい。

 

Airdrop痴漢とは、Airdropの機能を使い、卑猥な画像を送り付ける行為を言うそうだ。

このAirdrop痴漢だけど、悪質なものは逮捕までされるそうなので、軽いイタズラの気持ちでも行わないほうがいい。

 

だけど、これ・・・

故意かどうかを判定するのってどうするの?

 

実際に使ったことがないので何とも言えないけど、

操作間違いでうっかり、えっろい画像を送ってしまう事はないんだろうか?


 


「うっかりミスだったんです!送り付けるなんて、そんな気全然なかったんです」

と、訴えた所で、故意かどうかの判断はどうつけるんだろう?

 

これが同じ人に数回にわたり送っていたら、そりゃもう故意だとハッキリするが、

一回コッキリで訴えられた場合、果たして言い訳は通じるのか?

 

まぁ・・・

こういう機能には大抵「送りますか?」という確認がワンステップ入ってるので、

誤送信はないように思う。

 

だけど、画像間違いや、送る相手を間違えた・・・ってのはあるかもだなぁ。

恋人にえっろ画像を送ったつもりが知らない女性に贈っちゃった・・・とかね。

 

いやはや恐ろしい。

 

Airdrop痴漢に遭いたくない人は受け取り拒否設定もできるそうなんで、

機能を使わないように設定するのもありかもね。

 

トラウマのグロ画像やら、ビックリ系GIFとか送られた日にゃトラウマになりかねないのでな。


 

リンクユニット
関連記事

オススメ記事

購読ボタン