バキ道ネタバレ 第4話「巨大きい挑戦者」あらすじ&感想

リンクユニット
新着

■バキ道
第4話「巨大きい挑戦者」

f:id:sarapan2014:20181004055058j:plain

バキ道ネタバレ第4話!あらすじ&感想ですッッ!!

 

■前回のレビュー

■バキ道

■刃牙道

新たに名乗りを挙げたチャレンジャー・・・

2mを越える巨躯・・・全身筋肉の鎧に身を包み・・・異様なオーラを放つが、

その表情は仏のようである。

 

「意外と気が早いのォ」

 

ご老公は、刃牙が勝つのを想定し、すでに二代目野見宿禰を呼んでいたわけだ。

 

ステージに上がる巨大な挑戦者。

 

「どうも」

 

刃牙を完全に見下ろしている。

言葉を失い、呆気にとられる刃牙。

 

「あの・・・巨大きいですねェ~~・・・何センチあるんですか?」

 

実況が思わずマイクを向け質問する。

 

「2メートルを・・・・・・越えてます・・・・・」

 

会場からは驚愕のため息・・・

ステージの刃牙とチャンピオンも驚いている様子だ。

 

「ガタイスッゴいすね。何キロあんの?」

「あまり量ったことないですが、けっこう重いです」

 

「なんか・・・クライミングに不向きな感じもしますが」

 

そういわれながら、そり立つ壁を見上げる巨躯のチャレンジャー。

そこにアシスタントがハーネスをもってきたのだが・・・

 

「大丈夫です」

「はい・・・?」

 

クライミングするうえで命綱・・・ハーネスは当然つけるもの。

チャンピオンだって、刃牙だってしてる。

 

まぁ・・・刃牙に関してはしてなくても問題はないんだろうけど・・・

 

ハーネスをしなければチャレンジは出来ないとアシスタントは言うが、

頑なに拒む男。

 

すると、無言で壁の前で腰を沈めた。

両足のふくらはぎの血管が浮き出る・・・

やべぇぞ・・・こいつぁ・・・


 


男はそのままホールドに手をかけた。

その腕の太い事・・・”豪腕”とは、まさにこの事だ。

 

「いや、ホント、アブないッスから・・・」

 

ハーネスをつけてほしいとアシスタントはせがむが、聞く耳もたずw

 

刃牙はその様子を静観。

チャンピオンは”ヤレヤレ・・・”みたいな表情。

 

「ダメですって」

 

すると、男は振り返り、刃牙を一瞥。

 

瞬間!!

 

巨躯が舞った・・・

刃牙を遥かに越える大ジャンプ・・・

2m・・・3m近くジャンプした・・・!!

 

ホールドに手をかけ、力を入れたとはいえ、これはヤベェ!!

 

その場にいた全員が言葉を失う・・・

 

男はホールドを掴み・・・腕の力だけで、再び数mも浮き上がる。

 

3つ目のホールドに手をかけ、勢いをつけ・・・飛んだ!

すると、そり立つ壁の天井に、思い切り頭をぶつけてしまうw

 

「いてッ」

 

そのまま男は地上に向け、足を下にして落下を始める。

姿勢にして直立ッッ!!

 

ちょっと待て・・・20m近くあるんだぞ!?

そのまま落下ってヤバくね・・・!?

 

ふわっ・・・

 

!!?

 

2mを越える巨躯が20m近くの高さから落下したのに、

その着地音は・・・ドン!!でもドシン!!でもない・・・

 

ふわっ・・・と・・・

まるで猫のように着地して見せた。

 

観客は再び声を失う・・・

 

「”二歩”・・・で、行けると思ったんだが・・・」

「やれやれ・・・・・完全に野見さんだ」

 

「なにが起こってるンだァーーーーーー!!?」

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回 

 

■バキ道

 

■刃牙道

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

新着
リンクユニット