バキ道ネタバレ 第2話「両者相踏み」あらすじ&感想

リンクユニット

■バキ道
第2話「両者相踏み」

f:id:sarapan2014:20181004055058j:plain

バキ道ネタバレ第2話!あらすじ&感想ですッッ!!

 

■前回のレビュー

■バキ道

■刃牙道

蹶速VS宿禰・・・

人を超えた怪力無双による戦いが、今幕を開けようとしていた。

 

この一戦は、今日の『大相撲』へと連らなる『角力』の源流とされる大一番だが・・・

時代が時代・・・

まだ今の相撲とは程遠いルールの下、その戦いは行われたのである。

 

まず、相撲には当たり前のようにある『土俵』がない。

当然だが行司もおらず、その決着の仕方も決まってなどいない。

 

これは試合ではなく死合・・・!!

どちらかが戦闘不能・・・それ以外の決着などないのだ。

 

当然ながら、拳での殴打、蹴り、首絞めや、馬乗りからの打突、

さらには目潰しまでもがOK・・・もはや我々の知る相撲とはかけ離れている。

 

當麻蹶速・・・宿禰・・・

両者にらみ合い・・・ほぼ同時に、はじけ飛ぶが如く相手に向かって踏み出す!!

 

奇しくも、両者の一打目は同じだった。

 

文献によれば『両者相踏み』

相踏み・・・・!?

 

互いに放った蹴りが、互いの腹をえぐる・・・!!

 

普通であれば、鳩尾などに蹴りを食らえば、身を屈め、悶えようものなのだが、

この二人に至ってた、全く動じる事はなかった。

 

両雄、しばしの蹴り合いが続く・・・

一撃、一撃が、想像を絶する力によるものなのだろうが、この両雄の肉体は特別なのだろう・・・まるで砕ける事無く、戦いは続く。

 

蹴り飽きれば、殴り、掴み、頭突きもする。

いずれにおいても狙いは顔面だ。

 

二人の壮絶な殴り合い、蹴り合いに、限られた上級階級のギャラリーたちは興奮を抑えられない様子。


 


しかしながら、その勝負も長くは続かなかった。

 

皮肉にも、蹴りの速さを誇っていた蹶速が、よもやの肋骨を蹴り砕かれてしまった。

人である以上、いかに超人・蹶速といえど、これには悶絶の色を隠せない。

 

そこを黙ってみているほど、宿禰は甘くはない。

頬を全力ではたいた。

 

肋骨のダメージもあってか、蹶速・・・起き上がれず・・・

 

どうやら決着は近い。

 

「・・・」

 

ギャラリーは言葉を失う。

宿禰が放とうとする一撃・・・

 

”それ”が・・・果たして・・・

相撲における『四股』の起源がこの一撃にあるのか否かはわからない・・・

 

宿禰は力を溜め、片足を天高く舞い上がらせると・・・

 

それを一気に振り下ろした。

その振り下ろした先にあるものは・・・言うまでもなく、横たわる蹶速だった。

 

腰骨粉砕骨折・・・

 

蹶速の『絶命』にて、この一戦の幕は閉じられた。

 

野見宿禰(のみのすくね)初代・・・

堂々の勝ち名乗り。

 

二代目宿禰は、この日からX年後・・・らしい。

マジか!!?

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回 

 

■バキ道

 

■刃牙道

サイト内検索はこちら

サイト内検索
関連記事

オススメ記事

新着
リンクユニット