https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 1話「相撲の神」

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 1話「相撲の神」

バキ道 1話 ネタバレ感想!

2018年10月4日(木)発売の週刊少年チャンピオン45号掲載!

 

刃牙第5シリーズは相撲がテーマッッ!!

刃牙道から続く”バキ”道で一体何を見せてくれるのか!?

今こそ相撲の・・・力士の実力を知ることとなるのか!?

 

■前回 刃牙道 第198話(最終話)「野見宿禰」はこちら

【ネタバレ】刃牙道 第198話(最終話)「野見宿禰」第5シリーズに続くッッ!【漫画感想】

■刃牙道第198話(最終話)「野見宿禰」 刃牙道ネタバレ&感想ですッッ!!   「こんな酷い最終話はないwww打ち切り漫画より酷い終わり方w誰も喋らず終わりとかwww」   ■前回のレビュー ■刃牙道 ...

続きを見る

 

始まりは遥か昔

はるか古代(むかし)・・・

大和の国(今の奈良県)に當麻蹶速(たいまのけはや)なる、たいそうな『力持ち』がいた。

その男が、どれほどの力持ちか・・・

 

現代では、牛の角を折った空手家がいたとするならば、すでに驚愕の域かもしれない。

だが、この時代に生きた當麻蹶速は、もはやそのレベルを遥かに越えていた。

 

牛の角を掴んでは、強引にむしり取ったのである。

さらには金属製の『鉤』を容易く真っ直ぐにしてしまうほどの怪力無双・・・

 

だが、彼の真骨頂はそこにあらず。

 

気付いただろうか?

蹶速(けはや)・・・という名前である。

素早く蹴とばす・・・から来ている蹶速。

 

現代スポーツのサッカー、空手、キックボクシング・・・果ては拳法に至るまで、

足を代表的に使う者の中でも、蹶速なる名を冠する者はいない。

 

まぁ・・・昔は、その者の持つ特性から名を後からつけられたから

このような結果になってるのであって、現代は生まれてすぐに名がつけられるため、

その様な名を持つ者がいないのは当然ではある。

 

ではこの蹶速・・・

一体どれほど速いのか?

 

宙を舞う蝿を粉砕く・・・?

離れたロウソクを蹴りの風圧で消す・・・?

はたまた、巨大な石燈籠を蹴り砕く・・・?

 

常識的には不可能に思われるこれらの芸当も、バキ世界においては割と多くの人間がこなせそうではある。

 

蹶速に至っては今更語るまでもなく、いずれにおいても朝飯前なのだろう。


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.