【ネタバレ】仮面ライダージオウ 第2話「ベストマッチ2017」【ドラマ感想】

リンクユニット

サイト内検索はこちら

サイト内検索

■仮面ライダージオウ

第2話「ベストマッチ2017」

f:id:sarapan2014:20180909114650p:plain

最高の魔王を目指す事を決意し、仮面ライダージオウに変身したソウゴだったが、

最悪の歴史を覆すためゲイツが立ちはだかる!!

果たして勝負の行方は!?

 

■前回はこちら

2話あらすじ前編

f:id:sarapan2014:20180909114415p:plain

仮面ライダーゴーストの力でジオウに襲い掛かるゲイツ!

圧倒的な力の前に、成す術のないソウゴ!

 

そんな中、ゲイツの猛攻からジオウを救ったのはツクヨミだった。

タイムマシンのロボ形態でゲイツの攻撃を防ぎ、逃げる時間を稼ぐ。

 

その間に、ソウゴは付属のバイクを取り出し、何とかその場から逃げ出す!

だが、そう簡単に逃げ切れない・・・!!

ゲイツもまたバイクを使い、ソウゴを追い回す!!

 

軽く追いつかれ、あわやという事態に陥るが、それでも何とか逃げ切る事に成功した。

 

f:id:sarapan2014:20180909115346p:plain

ツクヨミとゲイツの目的は同じ・・・

最悪の未来を避けるためにも、今の時代のソウゴを葬り去るしかない。

だが、ツクヨミはゲイツからソウゴを守った。

 

彼女自身、自分の行動に戸惑いを見せている。

出来る事なら、話し合いで解決したいと考えているのかもしれない。

 

なんせ、50年前のこの時代では、ソウゴに何の罪もない訳だからな・・・

躊躇うのも無理はない。

 

それにしても、ウォズと、クレイジーサイコモホ野郎のウールは、どっち側の人間なんだ・・・?

ウールは人間を怪人にしてジオウにけしかけたことからもゲイツ側の意思を感じる。

 

だが、ウォズは魔王覚醒を願っている節があるな・・・

これからどう動く!?

 

・・・・・

・・・

 

何とか逃げ切ったソウゴの前に、再び現れたウォズ。

やはりこの男は魔王信者か。

逢魔降臨暦なる書物を片手に、ソウゴが立派な魔王になるためアドバイスをしてくれるようだな。

 

ウォズの話によれば、あのウールって奴は、タイムジャッカーと呼ばれる存在らしい。

もっとも、ソウゴはまだ面識がないが・・・。

 

タイムジャッカーは、ゲイツたちとは別の思惑で、ソウゴの邪魔をするみたいな感じか。

 

f:id:sarapan2014:20180909120504p:plain

その頃、ソウゴを探すツクヨミとゲイツは、人々が襲われている現場に遭遇していた。

ウールが復活させたアナザービルドが、またスポーツマンをボトルに変えているようだ。

 

最初は見て見ぬフリをしようとするゲイツだったが、見かねたのか変身し、アナザービルドに立ち向かう。

 

・・・・

・・

 

その頃、帰宅したソウゴは、三度ウォズと遭遇!

不法侵入やぞ(((( ;゚д゚)))

 

事情通のウォズの話では、アナザービルドが、この時代の仮面ライダービルドの扱いになるそうで、戦兎の存在については知らないとのこと。

そして、ジオウは絶対にビルドには勝てないとか・・・

 

ウォズは今現在、ゲイツとアナザービルドが戦闘中の事も把握していた。

一体コイツは何者なんだ・・・

 

つうか、ゲイツよええええええ(((( ;゚д゚)))

 

アナザービルドにボコボコにされてんじゃん。

 

f:id:sarapan2014:20180909121144p:plain

そんなピンチの中、ジオウが助けに入る。

ゲイツに代わり、アナザービルドと戦うが、必殺技を用いてもアナザービルドは倒せなかった。

 

これがウォズの言ってた言葉の意味なのか?

ソウゴは、本物のビルドなら倒せるかもしれない・・・と、アナザービルドそっちのけで戦兎の元へ向かうw

 

f:id:sarapan2014:20180909121441p:plain

だが、喫茶店にビルドのアジトはなくなっていた。

おまけに戦兎も龍我も、おかしな事になってるww

これもタイムジャッカーの介入した影響なのだろうか?

 

その頃、現場に残されたゲイツがアナザービルドを撃破。

するとどうだ・・・

 

f:id:sarapan2014:20180909121759p:plain

突然、戦兎と龍我の記憶が戻り、ウォッチが姿を現した。

そして、戦兎は「過去の俺によろしくな」とソウゴに伝え、ウォッチを託した。

 

一体どういうことなのか・・・?

ソウゴは何かに気づき、ゲイツのもとへ急ぐ!!


 

2話あらすじ後編

f:id:sarapan2014:20180909122214p:plain

アナザービルドは確かに倒されたはずだった・・・

しかし、倒したそばから新しいアナザービルドが出現し、キリがない状況に。

さすがのゲイツも消耗戦は辛そうだ。

 

そこに駆けつけたソウゴは、ゲイツにクローズのウォッチを渡す。

 

「きっと俺たちは、過去に行って戦ってるんだ。ビルドと一緒に!」

「2017年に行けば、アナザービルドを倒せるかもしれないということか?」

 

ソウゴとゲイツは2017年にワープ。

 

そこには、人々を襲うアナザービルドの姿があった。

そして、戦兎と龍我の姿も!!

 

アナザービルドに変身し、立ち向かう二人!

 

f:id:sarapan2014:20180909122751p:plain

しかし、アナザービルドを前に、二人は力が安定せず大苦戦!

そんな中、未来から過去にやってきたソウゴとゲイツ!

 

戦兎たちと再会を喜ぼうと、近づこうとした時だった。

 

f:id:sarapan2014:20180909123039p:plain

ウールがその姿を現した。

 

「ジオウ・・・邪魔しないでくれるかな?」

 

ウールはビルドとクローズの動きを止めた・・・!

まるでビデオの停止ボタンを押すが如く・・・!

 

これがタイムジャッカーの力・・・!!

 

新たな王の擁立が目的と語るウール。

やはりゲイツたちとは、また違った目的でソウゴを狙うわけだな。

 

アナザービルドになった人間は、本来の歴史では交通事故に遭い、本来ならば男の時間はここで止まっていた。

その止まった時間をウールは、自分が動かしてやったと自慢げに語る。

 

だが、その言葉を否定するソウゴ。

自分の歩む未来は自分で選ぶしかない・・・

自分で動かさない時間は動かない・・・と。

 

ウールはソウゴの選ぶ未来を楽しみにしていると言い残し、消えた。

 

f:id:sarapan2014:20180909124113p:plain

4人で戦うかに思われたが、直後、ビルドとクローズの力は失われ、完全に変身が解けてしまう。

 

戦兎と龍我に全てを託され、ゲイツと共にアナザービルドに挑む。

だが、こいつが中々強敵。

地面を水のように泳いだり潜ったり、引きこまれたりする。

 

そんな中で、ソウゴはビルドのウォッチに気づく。

だが、それを使おうとした矢先、ウォズが警告に現れた。

 

ウォッチの力を使うということは、ビルドの力を引き受けると言う事。

勝利には相応の責任が伴うというのだ。

 

ソウゴはその覚悟をもって変身する!!

 

f:id:sarapan2014:20180909124634p:plain

ビルドの力を受け取り、決め台詞も伝授されるも

グダグダwww

 

呆れる戦兎w

 

f:id:sarapan2014:20180909124811p:plain

決めワザも、『むずかしい数式』と締まらないものにw

 

何とかアナザービルドを倒すことには成功し、バスケ選手も解放された。

2018年の戦兎と龍我がウォッチを持っていた意味を瞬時に理解したソウゴは、

2017年の二人にビルドとクローズのウォッチを託した。

 

だが、ここで奇妙なことに、戦兎が葛城巧になっていた。

龍我も戦兎を『巧』と呼んでいた・・・これは一体・・・?

また別のパラレルワールドなのか・・・?

 

f:id:sarapan2014:20180909125254p:plain

2018年・・・

ゲイツと話をするツクヨミ・・・

ジオウが二人を助けてくれた事に驚いているようだ。

 

2068年のオーマジオウからは考えられない行動ってことだろうな。

揺らぐツクヨミ・・・

ゲイツも意思は固いようで、少し変化しつつあるような・・・

 

f:id:sarapan2014:20180909125616p:plain

んでもって、ゲイツとツクヨミもクジゴジ堂に住むことにw

空き部屋を貸すんだとw

 

って・・・相部屋なのか?ゲイツとツクヨミw

 

f:id:sarapan2014:20180909125729p:plain

「俺はお前を消したくてウズウズしてんぞw」

 

クレイジーサイコモホ野郎がまた一人・・・

たまげたなぁ・・・

 

次回はエグゼイド!!

宝生永夢再び!!

 

次回に続く!!


 

■前回

 

■次回

 

■仮面ライダージオウ全話

 

■仮面ライダービルド全話

 

■仮面ライダーエグゼイド全話

オススメ
リンクユニット
関連記事

オススメ記事

購読ボタン