バキ道や弱虫ペダル、ハリガネサービスのネタバレを中心に、様々な作品を紹介するブログになります!

しろログ~ネタバレブログ~

ハリガネサービスネタバレ感想

【ネタバレ】ハリガネサービス 第206話「不退転」【漫画感想】

更新日:

■ハリガネサービス
第206話「不退転」

ハリガネサービスネタバレ感想!第206話です!

■前回はこちら

■ハリガネサービス

インターハイ 東京予選決勝 駿天堂学院VS豊瀬高校

絶対王者である駿天堂は第1・2セットを圧勝。

このままストレートに優勝を決めるかに思われた。

 

だが、第3・4セットと、豊瀬が思わぬ連取で、勝負は第5セットまでもつれ込んだ。

泣いても笑っても、このセットが最後・・・!!

東京No.1が決定する!!

 

第5セット開始までのわずかな暇・・・

キャプテンである野々原が山縣監督にテーピングを申し出る。

 

これには一同驚きを隠せない。

野々原の右手は、まだ回復段階・・・

医者から1セットのみの出場が許され、第4セットですでにその機会を使っている。

 

これ以上の参加は、右手の悪化に繋がる・・・!!

ただでさえ、さっきのセットでも途中で下がるべき状態だったのに、これ以上無理したら、最悪の結果になりかねない・・・!

 

「今のセットは、下平が頑張ってくれたから、俺の打数は、たいして増えてないよ」

 

さっきのゲーム・・・

羽座川が覚醒した終盤は、押されっぱなしだった豊瀬。

しかも、リベロのルールが解っていない状態の羽座川相手にだ。

 

さっきの試合中、そして、このインターバルで羽座川はさらに完成されていくだろう。

つまり次のセットは更なる苦戦が予想されるわけだ。

だからこそ、チームの主柱である野々原は出ると判断したのだろう。

 

「おれはまだ大丈夫ですから、出れない久場の分まで頑張らせてください!」

「・・・」

 

悩む山縣先生・・・

確かに気持ちは解るが、ここで無理をして、野々原のバレー人生を失ってしまっては、

元も子もない・・・

 



そんな中、突然のタブレットに着信!

どうやら病院の久場からのようだ。

 

第4セットを勝ち取った事を聞いて、連絡してきたようだな。

仲間を鼓舞し、そして同じ3年の野々原に代わる様に伝えた。

 

『手、大丈夫か?』

 

手を負傷して運ばれた久場が、その台詞を言うのかと、ちょっと呆れるメンバー達w

 

『俺はこれからレントゲンを撮るんだ。

 もしかしたら夏の本大会に間に合わないかもしれない。

 約束してくれ。絶対ケガだけはしないって』

「約束する」

 

『それと・・・勝てよ!!! 

 お前らならきっとやれる!!ケガせず全力で楽しんで勝てよ!!』

「任されよう!!」

 

タブレットの向こうの久場のグータッチに、タブレット越しに思い切りグータッチする野々原!

 

「・・・右手を出しなさい。

 ほとんど動かないくらい固めるぞ」

「!・・・お願いします!!」



 


一方・・・駿天堂陣営は雰囲気が悪いぞ!

 

「前のセット間で言ったことを覚えているな?」

「何の話だ?」

 

そうか、羽座川は記憶が戻ったと同時に、記憶を失ってた間の記憶は失ってしまったんだったな・・・

駿天堂は、監督から

 

『第4セットを落とした場合、インターハイ本選を辞退する』

 

・・・と、言われていたのだ。

 

「俺の指示を無視し、そして敗れた。

 俺抜きで勝てるとでも思ったのか?」

 

「なぁ・・・アンタ先生なんだよな?

 それが頑張ってる生徒に言うことか!!!

 

!!!

 

駿天堂陣内に衝撃が走った。

このチームについて、何も知らない羽座川だからこそ言えたことかもしれないが・・・

 

駿天堂にとって、監督は神であり、絶対・・・

それに逆らった・・・恐らく異例中の異例。

というか、そういえば先ほど監督に異を唱えたエース梧塔が下げられたばっかだっけか。

 

「試合に入ってすぐわかったぜ!

 あんたのチーム、全然まとまってねぇぞ!」

「羽座川・・・?」

 

羽座川の豹変振りに驚く川藤コーチ。

 

「インターハイってのは高校生の大会だろ?

 ってこたあ子供(ガキ)の祭りだっ!

 大人(アンタ)にそれを取り上げる権利は無ぇ!!

 つまんねー茶々入れんな!!」

 

「・・・(はねのけるのか、負担(オレ)を)

 好きにしろ」

 

「先生の決定をひっくり返した!!」

「行けるのか・・・本戦!!」

 

「好きにしていいのなら・・・梧塔先輩ッ!!」

「戻ってきてください!!」

「先輩の力が必要です!!」

 

梧塔は監督の顔色を伺う。

よくはわからないが、何もいわないのでOKということなのだろうか。

 

「ありがとう・・・ただ・・・もう1人いいか?」

 

うわ!うわ!!あの男も帰ってくるのかよww

大丈夫なのか・・・壊れちまったんじゃねぇのか・・・鴛淵・・・

 



「だーっ!疲れた!!」

 

疲労感を滲ませる羽座川に、ドリンクを渡すマネージャー。

確かアレクセイの姉ちゃんか妹・・・だっけ?

 

「おっ、マネージャーさん?

 おっぱぃデカイねー

 

羽座川そんなキャラだったのかよwwww

ちょっと嫌だなww

てかコイツの頭小学生で止まってるんだよな・・・

 

すげぇな・・・小学生からセクハラオヤジかよ・・・

それにしても、気になるのは羽座川の異常な発汗・・・

かなりの消耗をしてるってことなのか・・・?

 

スローの世界にいた時は、無駄な動きを一切しなかったから、省エネだったけど、

覚醒したことにより、無駄な動きが増えた分、消耗が激しいわけか・・・

多分だけど、羽座川は、特に体力強化の特訓などしてこなかったんじゃなかろうか。

 

最低限の動きで最大限の効果を発揮していたわけだしな・・・

こりゃ羽座川攻略の鍵はそこにあるかもしれねぇな。

長期戦に持ち込めば勝ち目はあるかもしれない!

 

・・・・

・・・

 

「いいんですか!?あいつら全くわかってないですよ。

 先生の意図を・・・」

「俺が負担をかけるのは、従わせるためじゃない。

 はね返す力を養うためだ。先のセット、梧塔が翻意し、1年生も意志を示した。

 中心になる存在も生まれた。

 チームは成った。これで全国どこにでも勝てる」

 

ニヤリと笑みを浮かべる監督!

 

・・・

・・・・・

 

「っしゃ行こうっ!!」

 

「勝つぞ!!」

 

豊瀬と駿天堂、両選手がコートに向かう!!

いよいよ最後の戦いが幕を開ける!!

 

勝った方が東京最強!!

 

豊瀬に勝って欲しい気もするけど、駿天堂も魅力的なチームなんだよなぁ。

戻ってきた鴛淵の心持に変化はあるのかも気になるところだ。

 

「おーぎ君!今日は負けないよ!」

「ナマイキな(ニッ」

 

試合開始ッ!!

 

次回に続く・・・!!



 

 

■前回

 

■次回

 

■ハリガネサービス

サイト内検索

オススメ記事

-ハリガネサービスネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.