【ネタバレ】ゲゲゲの鬼太郎 第20話 「妖花の記憶」【アニメ感想】

リンクユニット
注目

■ゲゲゲの鬼太郎
第20話 「妖花の記憶」

f:id:sarapan2014:20180805113305p:plain

今回もまなちゃんのぐへへ回かよー!

毎回妖怪に襲われすぎやろ!

 

■前回はこちら

 

20話あらすじ前編

f:id:sarapan2014:20180812124830p:plain

まなちゃんのママんのおばさんが入院したらしく、お見舞いにやってきたまなちゃん。

90歳のばあちゃんにしては美人だな!

まなちゃんの家系は美人揃いの予感(((( ;゚д゚)))

 

何処となく漂う幻海師範感w

そんな元気そうな婆ちゃんからの頼まれごと。

花を見てきてほしいとのこと。

 

花・・・ねぇ・・・

 

・・・・・

・・・

 

一方その頃・・・

鬼太郎たちは、例の”ナナシ”について調べていた。

しかし、その名が示す通り、名が無いのであれば調べようがない・・・

 

そんな折、ねこ姉さんが差し入れを持ってやってきた。

相変わらずのツンデレっぷりw

 

目玉のオヤジ殿は、ねこ娘にまなちゃんと連絡はとってるのか?と訪ねる。

彼女はこれまで、度々ナナシの事件に巻き込まれているゆえ・・・

気にかけておくべきだという。

 

すると、噂をすれば何とやら。

まなちゃんから、ねこ娘にLINEが・・・

どうやら婆ちゃんの家の”花”の写メを送ってきたようだ。

 

f:id:sarapan2014:20180812124815p:plain

家のいたるところに生えている赤い花・・・

ネットでいくら調べても何の花か解らないという・・・

 

ママンも図鑑で調べたことがあるようだが、解らなかったそうだ。

お盆の時期になると、咲くんだってさ(((( ;゚д゚)))

 

f:id:sarapan2014:20180812124802p:plain

そんな話をしていると・・・

部屋の隅に古い写真を見つけた。

 

やはり若い時の婆ちゃんは、かなりの美人だな。

隣に映っているのは婆ちゃんの恋人だった人みたいだ。

結婚の約束もしていたのに、ある日姿を消してしまったそうだ。

 

婆ちゃんは、”すぐ戻る”と言って行方知れずになったその男性を、

ずっと待ち続けたようだが、ついに戻って来る事はなかったそうだ。

 

以来ずっとひとりぼっちで今に至るそうだ。

若干可哀想だな・・・

 

勝手にいなくなった男も悪いとは思うが、戦時中だし、何かあったのかもしれないね・・・

 

ママンから話を聞いていると、ねこ姉さんから連絡が・・・

 

・・・・・

・・・

 

まなちゃんが外に出ると、ねこ娘と鬼太郎の姿があった。

どうやら、彼女が送った花の写真を見て、鬼太郎が気になったそうだ。

 

花の正体は妖花・・・妖気や霊力を受けて咲く花・・・

鬼太郎いわく、邪悪な気配は感じないそうだが・・・

南の方から来てるそうだ。しかもかなり遠方の・・・

 

鬼太郎たちは真相を突き止めるために南に旅することに。

その旅にまなちゃんも同行を決めた。

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20180812124745p:plain

翌朝・・・

どうやら、このハマグリの船で向かうようだぞ(((( ;゚д゚)))

 

鬼太郎たちは日本を飛び出し、ひたすら南下!

赤道を越えた辺りの島に上陸した。

 

その島の崖の上に、日本語で慰霊碑と刻まれた石碑が・・・


 


20話あらすじ後編

f:id:sarapan2014:20180812124729p:plain

太平洋戦争の戦没者の慰霊碑・・・

この島で戦い・・・亡くなった人々の名が刻まれているのか。

 

70年以上前の戦争の歴史を目の当たりにするまなちゃん。

鬼太郎たちはその時代も見て来ているようだな・・・

 

森を突き進むと、開けた場所に出た。

どうやら日本の企業が森の木々を伐採しているようだ。

 

f:id:sarapan2014:20180812124711p:plain

鬼太郎は現場監督らしき男に、花の情報を聞こうと、写真を見せた。

すると男は血相を変えて、怯え始めた。

 

僕のせいじゃない。僕のせいじゃない・・・と繰り返し、ガタガタ震えている。

こりゃ何か知ってそうだな・・・

 

ここぞとばかり商売をはじめるねずみ男。

心霊相談ってw

 

まぁ・・・手っ取り早く話を聞き出せたのはよかったが・・・

男の話によれば、あの花を見つけて以来、毎晩ずっと”とても恐ろしい音”がするそうだ。

 

・・・・・

・・・

 

夜・・・

まなちゃんは一人トイレのために森の中へ・・・

すると、さっそく変な音が聞こえてきた・・・

 

草木をわける音・・・

地面には足跡がくっきり・・・

だが、人の気配はない・・・

 

ざわめきはじめる木々に、プロペラ音・・・

こりゃ・・・戦争の記憶が残ってるのかな・・・

 

同じ頃、異変は鬼太郎たちにも起こっていた。

人々の悲鳴・・・銃声・・・戦争の音だけが辺り一面から聞こえてくる。

 

現場作業員の話によると、ご神木に手を出した結果、こうなったそうだ。

 

・・・・・・

・・・

 

一方、パニック状態のまなちゃんは、森の奥深くまで橋って逃げているようだ。

どうも見えない何かに追いかけられているようだ。

足跡だけがくっきりついてくる・・・

 

最初は怯えていたまなちゃんだったが、足跡は別に何もしないと解ると、

その得体の知れない何かとコミュニケーションを試み始めた。

さすが妖怪で免疫ついてるだけあるわぁ・・・

 

f:id:sarapan2014:20180812124646p:plain

まなちゃんは足跡にいざなわれるように森を進むと・・・

巨大な一本の木へと辿り着いた。

これがご神木なんだろうな・・・

 

木の周りには例の赤い花も無数に咲いている。

 

f:id:sarapan2014:20180812124632p:plain

鬼太郎たちも合流・・・

御神木の根本には、日本兵の亡骸がごっそり・・・

 

現場監督は、この事を本社に報告したそうだが、本社は神木を切るようにと命令。

亡骸も捨ててしまえと命じたそうだ。

なんてヤツだ。

 

f:id:sarapan2014:20180812124617p:plain

この島の精霊たちは、亡骸を哀れみ、音を出してこの木を守っていたようだ。

まなちゃんは精霊にお礼を言うと、精霊たちは姿を消した。

 

鬼太郎は、根元に眠る亡骸の中に、妖花を生み出したものを発見した。

 

それは手紙・・・

まなちゃんの婆ちゃん宛てのものだった。

 

なるほどな・・・

つまり、婆ちゃんの恋人は、ここで亡くなったんだな。

さっきまなちゃんをここにいざなったのも、婆ちゃんの恋人・・・

 

まなちゃんに恋人の面影を見たのかもしれないね。

伝えられなかった想いが妖花を咲かせ、遠い日本まで届いていたのか。

 

ここにきて、初めて戦争を実感したまなちゃん。

 

・・・・・・

・・・

 

その後、手紙を持ち帰り、婆ちゃんへ届けた。

手紙には彼が消えた理由が書かれていた。

どうやら彼の両親に結婚を反対されていたようだ・・・

 

反発した結果、親に無理矢理入隊させられ、戦地へ送られてしまったという。

切ないなぁ・・・

でも、この事実を知る事が出来て、婆ちゃんはよかったかもな・・・

 

ちなみに、まなちゃんの夏休みの自由研究の題材は、

戦争と平和についてになったのは言うまでもない。

 

次回に続く!

 

次回予告

f:id:sarapan2014:20180812124552p:plain

次回は、ねずみ男回ですか・・・反省しねぇなあぁ

楽しみだぜぇ!!

 

楽しみだねw

 

次回 第21話 「炎上!たくろう火の孤独」お楽しみに!


 

 

■前回

 

■次回

 

■ゲゲゲの鬼太郎感想まとめ

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。