【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第93話 「海水浴のふしぎ」【漫画感想】

リンクユニット
更新

2018年8月19日新着記事リンク一覧

■あつまれ!ふしぎ研究部
第93話 「海水浴のふしぎ」

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想!第93話です!

■前回の感想

■あつまれ!ふしぎ研究部

水着回キターーーーーーー!!

夏といえば海!

 

ということで、ふしぎ研究部一同は海水浴にやってきたのだが・・・

はしゃいでいるのは千晶だけであるw

 

ことね先輩・和香・鈴は、ビーチパラソルの下で、はしゃぐ千晶を遠くから見ているだけw

 

「私泳げないし・・・」

「海水に入るのはちょっと・・・」

「松子濡れるとまずいし・・・」

「松子は置けばいいだろ!?」

 

それにしても全員ビキニとはな・・・

ことね先輩相変わらずデカすぎだろww

 

白ビキニやべぇ!

 

「なんだよもう・・・せっかく海に来たってのに、水着着て来た意味ないじゃん!

 もう二人で遊んでようぜ大・・・」

 

千晶が大祐に視線を向けると・・・

 

「大祐君、背中にオイル塗ってくれる?」

「本当に俺でいいんですか?」

「旭先生まで!」

 

旭先生も来てたのかw

てかえっろすぎだろこの先生ww

生徒にナニやらせとんのやww

 

ち、乳がああああああ(((( ;゚д゚)))

 

「四の五の言わずにさっさと入れ!」

 

と、千晶に強引に海に突き飛ばされる面々w

 

「口の中に海水が・・・!」

 

海を相当嫌がっていた和香だが、どうやら、海中に含まれる微生物を気にしているようだw

いくら何でも気にしすぎやろww

 

「せっかく浮き輪とかビーチボールとか買ったんだし、

 もっと素直に海水浴楽しもうよ」

 

せやで!!


 


「あ、部長、ビーチボール持ってるじゃん。パース!」

 

千晶がパスを求めるものの・・・

何故か無反応なことね先輩w

 

「・・・部長?」

「今、信じられるのはこのボールだけだから・・・」

「そんな物に命預けないでください!」

 

そんなにギュッと抱きしめちゃって・・・

ビーチボールになりたい!

 

「大丈夫だよ。

 部長の場合は溺れても、すぐその辺の誰かが助けてくれるから」

 

周りの男共が一斉にこっちみたぞww

スケベどもが( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

「万が一の時は・・・よろしくね、大祐君」

「こ、心がけます」

 

鈴と旭先生を除く4人でビーチバレーを楽しんでいると、

千晶が遠くにいる旭先生に気づいて声をかけた。

 

「水着流されちゃった・・・」

「ええ!?」

 

かわええwww

まぁ・・・サンオイル塗るのに上の水着外してた所を突き飛ばされたからな・・・

 

ということで、全員で水着を探す事になったのだが・・・

1時間経っても見つかる事はなかった・・・

 

責任を感じている千晶は、自分の水着を外し、旭先生に渡した。

 

「もとはといえばアタシのせいだし・・・」

「でも・・・サイズの問題が・・・」

 

えっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっろww

 

でけぇ・・・

 

ことね先輩 > 旭先生 > 和香 > 千晶 > 鈴

 

って感じか・・・

陽も沈みかけ・・・ことね先輩と鈴はさっさと陸にあがってしまったようで、

若干薄情さを感じる千晶だった。

 

手ブラにて陸に上がる千晶と、キツブラの旭先生。

 

「あれ?旭先生、なんで千晶さんの水着着てるの?

 隠せるようにタオル取りに行ってたのに」

「Σ!先に言って!?」

 

ことね先輩やっさすぃ!

 

「とりあえず今はタオルで隠して、向こうで着替えよう」

「助かるわ」

「大祐も、もう上がろうぜ」

 

「・・・俺はもう少し探していきます」

 

クールダウンが必要だったwwwww

 

そりゃまぁ、あんなもの見せられたら息子もそうなるわな。

 

次回に続く!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部

関連記事

オススメ記事

更新

2018年8月19日新着記事リンク一覧

こんな記事も読まれています

Random Posts

サイト内検索はこちら

サイト内検索
購読ボタン