【ネタバレ】ハリガネサービス 第202話「競り合い」【漫画感想】

リンクユニット
注目

■ハリガネサービス
第202話「競り合い」

ハリガネサービスネタバレ感想!第202話です!

■前回はこちら

■ハリガネサービス

覚醒を続ける下平!

駿天堂の速攻にブロックが間に合わないと解るや否や、周辺視野を広げ、

味方の位置を一瞬で把握し、敵のスパイクを打つ位置を予測!

 

その位置に滑り込み、腕を伸ばし、誰も拾えなかったボールを拾う!!

 

(なんで!?)

 

相手スパイカーは確実に決まったと思ったようだが、見事下平によって阻止された!

さらに、上がったボールを間白がスパイク!

これを決めて豊瀬は13点!!駿天堂に2点リードだ!

 

敵も驚いているが、味方も下平の活躍に驚きを隠せない・・・!!

 

続いて、松方のサーブ!

これを難なく羽座川がレシーブ!

すると、珍しくセッターの伊集院がそのままスパイクに動き始めた!

 

しかし、見え見えのツーアタック・・・

伊集院といえど、そう簡単には決まらないのでは!?

 

と、思った矢先!

なんと空中でスパイクからトスに切り替えた!?

なんて体幹をしてるんだ!

 

完全に意表を突かれた豊瀬!

榊のスパイクが放たれる!!

 

だが、唯一これを読んでいた下平がブロック!!

弾け跳んだボールは、駿天堂コートに落ちていく!

誰もボールに届かない!

 

追加点・・・!!と、誰もが思った時だった!

 

豊瀬に下平がいるように、駿天堂にも羽座川というスペシャルがいる!!

なんと、滑り込んで、これを拾い上げた!

 

敵ながら見事としか言いようが無い・・・!!

 

再び攻撃を立て直す駿天堂は、今度はしっかりと決め、13-12に追い上げる。

やはり、守りの要である羽座川を攻略しなければ、駿天堂を倒すことは難しいか。


 


「昔から・・・おーぎ君は、どんなプレーでも上手くて、

 僕が勝とうなんて思いもしなかったけど、今日この豊瀬(チーム)で勝てなかったら

 きっと悔しい。

 勝ちたいな、おーぎ君に」

 

「あったり前だろ。今日勝たなきゃ、いつ勝つんだよ」

 

「そっか、そうだよね。

 松方君、ちょっと試したいことがあるんだけど・・・

 移動攻撃(ブロード)のトスをもらえないかな?」

 

下平に奇策ありか?

 

ゲーム再開!!

松方のトスが下平に上がる!

 

先程言っていた通り、移動攻撃をするつもりのようだ。

しかし、ハッキリいって、下平はスパイカーとしては並以下の凡人。

たとえ攻撃が成功しても、あっさり拾われるだけだ!

 

下平ジャンプ!!

駿天堂ブロックは2枚!すかさず空いたスペースに羽座川がカバーに入る!

 

下平に壁を打ち破る攻撃力はないだろう。

だからといって、壁を避ければ、羽座川が待ち受けている!

一体どうするつもりなのか!?

 

!!?

 

下平は、コートに背を向けて手を伸ばした・・・!?

スパイクの背面打ちなど、聞いたことがないぞ!?

 

下平は一つの推測をしていた。

羽座川が本当にスローモーションの世界に生きているとしても、

打たれたボールを見てから動いていては、あれほど完璧には拾えないはず・・・と。

 

つまり、羽座川は相手の身体の動きや視線からコースを判断し、最短距離で移動しているというのだ。

 

だからこそ、この背面打ちには意味がある!

背を向ければ視線も読めない!

 

ちなみに、一見無謀に思える背面打ちだが、下平は背面になる前のわずか一瞬で、

駿天堂のメンバー全ての位置を把握している。

それゆえに、見る必要がない!

 

背面で打つ・・・というより、手を当てる・・・に近い攻撃。

当然、そんなスパイクに威力などはない。

だが、威力などそもそも必要がない。

 

ただ、駿天堂のコートにボールを落とせばいいのだから!

下平は、ブロックの横の、絶妙な位置にボールを落とした!

 

いくら羽座川といえど、事前に行動していなかった故に、初めて後手に回ることに!!

 

下平が落としたボールは、駿天堂コートに見事に突き刺さった!

だが、この攻撃も、そう何度も使えない気がするけどな・・・

 

次回に続く・・・!!


 

 

■前回

 

■次回

 

■ハリガネサービス

関連記事

オススメ記事

サイト内検索はこちら

サイト内検索
Random Posts
購読ボタン

【お知らせ】

購読者様が増えすぎた結果、無料での新着配信が困難になっております。

もし、しろログ等、運営ブログの最新情報をいち早く受け取りたい方は、以下のツイッターをフォローしていただくと、更新情報が解ると思います。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。